マリアーノ・アンドゥハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリアーノ・アンドゥハル Football pictogram.svg
Dinamo-Napoli (8).jpg
ナポリ時代のアンドゥハル (2015年)
名前
本名 マリアーノ・ゴンサロ・アンドゥハル
Mariano Gonzalo Andújar
ラテン文字 Mariano ANDÚJAR
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1983-07-30) 1983年7月30日(34歳)
出身地 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス
身長 194cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ
ポジション GK
背番号 21
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2006 アルゼンチンの旗 ウラカン 60 (0)
2005-2006 イタリアの旗 パレルモ (loan) 11 (0)
2006-2009 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 105 (0)
2009-2014 イタリアの旗 カターニア 135 (0)
2012 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス (loan) 18 (0)
2014-2016 イタリアの旗 ナポリ 12 (0)
2014 イタリアの旗 カターニア (loan) 11 (0)
2015 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス (loan) 0 (0)
2016- アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス 0 (0)
代表歴2
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月19日現在。
2. 2015年3月18日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリアーノ・アンドゥハル(Mariano Gonzalo Andújar, 1983年7月30日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手アルゼンチン代表エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ所属。ポジションはゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

アルゼンチン時代[編集]

CAウラカンからデビューした。その2年後にクラブはプリメーラB・ナシオナル(2部)に降格してしまったが、アンドゥハルはクラブに残った。2005年イタリアUSチッタ・ディ・パレルモレンタル移籍し、主にマッテオ・グアルダルベンイタリア語版ニコラ・サントーニイタリア語版の控えとして、リーグ戦11試合、UEFAカップ7試合、コッパ・イタリア3試合に出場したが、結局レギュラー獲得には至らなかった。

2006年ディエゴ・シメオネ監督が率いるエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタに移籍した。アペルトゥーラ2006では16試合で9失点に抑え、リーグ優勝を果たした。エストゥディアンテスでは3シーズンの間レギュラーとして108試合に出場した。2009年コパ・リベルタドーレスでは優勝の立役者となった。同大会ではグループリーグ第4節から準決勝のナシオナル・モンテビデオ戦ファーストレグまで8試合連続で無失点に抑え、1977年ボカ・ジュニアーズウーゴ・ガッティが樹立した767分連続無失点の記録を破る800分連続無失点の記録を達成した[1]

イタリア時代[編集]

2009年6月24日アルバノ・ビサーリの後釜としてかつて所属したパレルモのライバルカルチョ・カターニアへ4年契約で移籍。4年ぶりにシチリアに復帰することとなった[2]。カターニアでは2009-10シーズンから2011-12シーズン前半まで正守護神として90試合以上出場したが、クラブ最高経営責任者であるピエトロ・ロ・モナコイタリア語版との衝突により、2012年1月19日に古巣エストゥディアンテスにレンタルで復帰していた。

ロ・モナコ氏がジェノアCFCへ転出したことを機に2012-13シーズンよりカターニアに復帰。再び正GKの座を取り戻し、クラブ史上最高勝点56を獲得して最高順位タイとなる8位でシーズンを終えた。ただ、2013年4月21日に行われた古巣パレルモとのシチリア・ダービーでは後半ロスタイムにヨシップ・イリチッチに同点ゴールを決められた際に、相手選手に暴力行為を行い、後に3試合の出場停止処分を受けるなど、メンタル面の弱さが目立った。

2014年1月28日、SSCナポリへ移籍[3]。なお2013-14シーズン終了まではレンタル移籍という形でカターニアに残留することとなった。2014-15シーズンにはチームの目論見どおりラファエウとポジションを争ったが、11試合の出場に留まった。シーズン終了後にはクラブがペペ・レイナガブリエウを獲得したため、移籍先を探すこととなり、2015年9月8日に2度目となるエストゥディアンテス復帰が決定した[4]

代表歴[編集]

アルゼンチン代表では2009年3月13日に初招集を受けたものの、しばらく出場機会を得られないでいた。

6月6日2010 FIFAワールドカップ南米予選コロンビア戦で代表デビューを果たす。しかし、9月5日ブラジル戦で3失点を喫し、さらにはセルヒオ・ロメロの台頭も重なって再び控えに降格した。2010年5月19日、本大会に出場するメンバー23人に選ばれた[5]

タイトル[編集]

エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ
SSCナポリ

脚注[編集]

  1. ^ 「リベルタドーレス2009に輝いた4つの新星」 footballista、ソルメディア、2009年7月29日・8月5日合併号、8頁
  2. ^ カターニア、アルゼンチン代表GKアンドゥーハルを獲得 - msnスポーツ 2009年6月25日
  3. ^ ナポリ、アンドゥハル獲得を正式発表 - Goal.com 2014年1月29日
  4. ^ ナポリ、アンドゥハルが退団 エストゥディアンテス移籍が決定 - Goal.com 2015年9月9日
  5. ^ アルゼンチン代表、W杯に臨む23人を発表 - Goal.com 2010年5月20日