マリアーン・マスニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリアーン・マスニー Football pictogram.svg
名前
スロバキア語 Marián Masný
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
生年月日 (1950-08-13) 1950年8月13日(68歳)
出身地 リバニ
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1969-1971 チェコスロバキアの旗 デュクラ・バンスカー・ビストリツァ
1971-1983 チェコスロバキアの旗 スロヴァン・ブラチスラヴァ
1983 オーストリアの旗 イジードル・アム・ゼー
1984-1985 チェコスロバキアの旗 ZTSペトルジャルカ
代表歴
1974-1982 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア [1] 75 (18)
監督歴
1995-1998 オーストリアの旗 メンホフ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリアーン・マスニー(Marián Masný、1950年8月13日 - )は、スロバキア(旧チェコスロバキア)の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはFW(ウインガー)。

経歴[編集]

マスニーはスロバキア西部のRybanyで生まれ、地元のサッカークラブでサッカーを始めた。1969年にFKデュクラ・バンスカー・ビストリツァへ入団すると、1971年にŠKスロヴァン・ブラチスラヴァへ移籍。ブラチスラヴァでは選手生活の大半を過ごし、2度のチェコスロバキアリーグ優勝(1974年、1975年)と2度のカップ優勝(1974年、1982年)に貢献した。

1983年にオーストリア・ブンデスリーガのSCイジードル・アム・ゼー1919へ移籍するが膝の負傷もあり、1984年に帰国しブラチスラヴァの小さなクラブ、TJ ZTSペトルジャルカへ移籍し、1985年に現役を引退した。

チェコスロバキア代表としては、1974年9月25日の東ドイツ戦で代表デビューを飾った。UEFA欧州選手権1976では優勝、UEFA欧州選手権1980では3位入賞に貢献。1982年6月24日のFIFAワールドカップ・スペイン大会1次リーグ、イングランド戦を最後に代表から退くまで、国際Aマッチ75試合に出場し18得点を記録した。

引退後は1995年から1998年までオーストリア・ブルゲンラント州のFCメンホフ(FC Monchhof)で監督を務めた[2]

彼の兄弟のヴォイチェフ・マスニーも元サッカー選手。息子のマリアーン・マスニー・ジュニアも元サッカー選手で、父親と同じスロヴァン・ブラチスラヴァやアルトメディア・ペトルジャルカなどに在籍した[3]

脚注[編集]