マリオのスーパーピクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マリオシリーズ > マリオのスーパーピクロス
ピクロス (ゲームソフト) > マリオのスーパーピクロス
マリオのスーパーピクロス
ジャンル 思考型パズルゲーム
対応機種 スーパーファミコン (SFC)
開発元 エイプ
ジュピター
発売元 任天堂
プロデューサー 川口孝司
中山誠
ディレクター 石原恒和
プログラマー 寺本憲明
緒方旗生
音楽 上野利幸
美術 目黒徳親
石原恒和
黒岩誠司
シリーズ ピクロスシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 8メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199509141995年9月14日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス スーパーファミコンマウス対応
その他 型式:SHVC-ACXJ-JPN
テンプレートを表示

マリオのスーパーピクロス』は、1995年9月14日に日本の任天堂から発売されたスーパーファミコンパズルゲーム

縦横の数字に当てはまるマスを埋めて絵を完成させる「ピクロス」を題材とした作品。ミスによってタイムが削減されるモードとタイムは変化しないがノーヒントになっているモードが存在する。

開発はエイプおよびジュピターが行い、プロデューサーは後にゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 緑』(1996年)を手掛けた川口孝司およびニンテンドウパワー対応ソフト『ピクロスNP Vol.1』(1999年)を手掛けた中山誠、ディレクターは石原恒和、音楽はスーパーファミコン用ソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』(1994年)を手掛けた上野利幸が担当している。

2006年12月19日にはWii向けに、2013年4月27日にはWii U向けに、2016年11月28日にはNewニンテンドー3DS向けにバーチャルコンソールが配信されている。

スーパーファミコン版はゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にてシルバー殿堂を獲得した。

ゲーム内容[編集]

ピクロスシリーズ初のスーパーファミコン対応ソフト。前作『マリオのピクロス』からフィールドが最大25×20マスに、総問題数が300問に拡張された。後述の各モードにはレベルが10段階で存在し、各レベルごとにA〜Lの12問が用意されており、次のレベルへ進むには現段階のレベルで提示されている12問を全て解く必要がある。絵が完成するとカラー表示になり、絵によってはアニメーションの演出が加わる。ただし、中にはミスで答えが複数あるような数字配列になっている問題が存在する。2人協力プレイ可能。

マリオのスーパーピクロス[編集]

マリオが出題する初級・中級問題。制限時間は30分。このモードには次のような特徴がある。

  • ヒント機能があり、これを使うとルーレット形式で縦横各1列の完全な解答が導き出される。ただし1回あたり制限時間が5分マイナスとなる(制限時間が5分以下になると使用不可能)。問題開始時に1回だけペナルティなしでヒントを使うことも可能(拒否することもできる)。
  • 削る箇所を間違えると、ペナルティとして制限時間が大幅に減少する[2]。制限時間が無くなる、またはギブアップの選択でゲームオーバーとなる。
  • レベル1をクリアすると、別モード「ワリオのスーパーピクロス」が出現する。
  • レベル10をクリアすると、高難易度ステージ「スペシャル」が出現する。
  • ワリオのピクロスを進めていくと、真の最終ステージである「エクストラ」が出現する。タイトル画面と同じ画面でカーソルを動かし、両脇の12か所にあるマークを指定するとそれぞれ問題にチャレンジ出来る。解いた場所は通常のタイトル画面でも変化し、全てクリアするとさらにマリオの左目部分を指定する事でマリオ側の最終問題に挑戦出来る(計13問)。難易度はレベル10の終盤や「スペシャル」より低め。プレイ方法の詳細はワリオのピクロスの項目にて。

ワリオのスーパーピクロス[編集]

ワリオが出題する中級・上級問題。制限時間は無制限。このモードには次のような特徴がある。

  • 「ヒントルーレット」が無い代わりに、削る箇所を仮定して試し置きをする「?スタート」がある。この状態では削った場所は黄色、削らない場所は白で表示され、試し置きを終える「?エンド」を決定すると、試し置きをしていた箇所を確定したものと見なされる。なお、試し置き中に絵が完成した場合は、通常時と同じくその場でクリアとなる。
  • 削る箇所を間違えてもペナルティは発生しないが、間違えたこと自体を教えてくれない。ギブアップの選択でのみゲームオーバーとなる。
  • 問題の答えの中に、ワリオランドからのキャラクター抜粋があるほか、一部に奇抜な問題も含まれている。
  • レベル10をクリアすると、高難易度ステージ「スペシャル」が出現する。
  • 両モードの「スペシャル」をクリアすると、さらに高い難易度のステージ「ウルトラ」がワリオ側に出現する(マリオ側にはない)。この「ウルトラ」のみ、提示問題数は8問。
  • 「ウルトラ」をクリアすると、問題選択項目に混じってタイトル画面を縮小したアイコンが出現。これを選択すると、マリオ側の真の最終ステージ「エクストラ」13問(前述)に挑戦可能。これをクリアすると、さらにワリオ側にも「エクストラ」が出現する。同じ手順でタイトル風の画面から12問を選択してチャレンジし、クリア後はさらにワリオの両目と鼻部分の3か所にある最高難易度の問題にチャレンジ出来る(計15問)。これが事実上の最終問題となる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 出典
1 マリオのスーパーピクロス 日本 199709301997年9月30日
スーパーファミコン エイプ
ジュピター
任天堂 フラッシュロムカセット
ニンテンドウパワー
- 書き換え専用
2 マリオのスーパーピクロス 日本 200612192006年12月19日
ヨーロッパ 200709142007年9月14日
Wii エイプ
ジュピター
任天堂 ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- [3][4]
3 マリオのスーパーピクロス 日本 201304272013年4月27日
Wii U エイプ
ジュピター
任天堂 ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- [5][6]
4 マリオのスーパーピクロス ヨーロッパ 201611032016年11月3日
日本 201611282016年11月28日
Newニンテンドー3DS エイプ
ジュピター
任天堂 ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- [7][8][9]
5 Super Nintendo Entertainment System
Nintendo Switch Online
アメリカ合衆国 202009232020年9月23日
Nintendo Switch 任天堂 任天堂 ダウンロード - 日本国内版を配信 [10]

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:山内溥
  • スーパーバイザー:宮本茂、菱田達也
  • プロデューサー:川口孝司、中山誠
  • ディレクター:石原恒和
  • メイン・プログラマー:寺本憲明、緒方旗生
  • プログラミング・アシスタント:河原林洋行
  • スクリーン・グラフィック・デザイナー:目黒徳親、石原恒和、黒岩誠司
  • サウンド・プログラマー、音楽:上野利幸
  • パズル・コーディネーター:かさいかずや
  • パッケージ、マニュアル・デザイナー:ジョン・ティムキュー、さかたたかこ
  • マニュアル・エディター:陣内弘之、河原敦子
  • コーディネーター:山本和行、入江勝義、ながいたかひろ、赤間淳一、さかもとたくや、橋詰正樹

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Eurogamer8/10点 (Wii)[11]
ファミ通31/40点 (SFC)[12]
(シルバー殿堂)
NintendoLife9/10stars (Wii)[11]
8/10stars (Wii U)[13]
ファミリーコンピュータMagazine22.9/30点 (SFC)[14]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、8・7・8・8の合計31点(満40点)でシルバー殿堂を獲得[12]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り、22.9点(満30点)となっている[14]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.6 3.6 3.9 3.8 4.2 3.8 22.9

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 前田尋之「Chapter 2 スーパーファミコンソフトオールカタログ 1995年」『G-MOOK176 スーパーファミコンパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2019年9月28日、184頁。ISBN 9784862979131。
  2. ^ 1回目のペナルティでは2分マイナス。2回目は4分。3回目以降は8分のマイナスとなる。
  3. ^ 石田賀津男 (2006年12月2日). “バーチャルコンソール 配信タイトル一覧” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年8月30日閲覧。
  4. ^ バーチャルコンソール配信ソフト2タイトル追加!(12/19)” (日本語). iNSIDE. イード (2006年12月19日). 2020年8月30日閲覧。
  5. ^ Wii Uバーチャルコンソール、日本は4月27日より展開” (日本語). iNSIDE. イード (2013年4月26日). 2020年8月30日閲覧。
  6. ^ 木原卓 (2013年5月8日). “週刊 ダウンロードソフトウェアカタログ 2013年9月第5週分、10月第1週分” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年8月30日閲覧。
  7. ^ 『ライブ・ア・ライブ』、『マリオのスーパーピクロス』などNew3DS専用バーチャルコンソールタイトルが追加配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2016年11月28日). 2020年8月30日閲覧。
  8. ^ 「ライブ・ア・ライブ」がNews3DS向けバーチャルコンソールに登場” (日本語). ITmedia NEWS. アイティメディア (2016年11月28日). 2020年8月30日閲覧。
  9. ^ すしし (2016年11月28日). “『ライブ・ア・ライブ』『FEトラキア776』など、New3DS専用VCタイトル6作品配信開始” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年8月30日閲覧。
  10. ^ Nintendo of America [@NintendoAmerica] (16 September 2020). "More classic games are headed to #NES & #SNES – #NintendoSwitchOnline on 9/23!" (ツイート). Twitterより2020年9月16日閲覧
  11. ^ a b Mario's Super Picross for Wii (2006)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年8月30日閲覧。
  12. ^ a b マリオのスーパーピクロス まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年8月30日閲覧。
  13. ^ Mario's Super Picross for Wii U (2013)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年8月30日閲覧。
  14. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 400頁、 ASIN B00J16900U

関連項目[編集]