マリオカート64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マリオカート64
Mario Kart 64
ジャンル レースゲーム
対応機種 NINTENDO64
WiiWii Uバーチャルコンソール
発売元 任天堂
プロデューサー 宮本茂
ディレクター 紺野秀樹
音楽 永田権太
人数 1 - 4人
メディア 96Mbitロムカセット
発売日 NINTENDO64
日本の旗 1996年12月14日
アメリカ合衆国の旗 1997年2月10日
欧州連合の旗 1997年6月24日
iQue Player
中華人民共和国の旗 2005年
Wiiバーチャルコンソール
欧州連合の旗オーストラリアの旗 2007年1月26日
アメリカ合衆国の旗 2007年1月29日
日本の旗 2007年1月30日
大韓民国の旗 2008年4月26日
Wii Uバーチャルコンソール
日本の旗 2016年1月6日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス コントローラパック対応
売上本数 日本の旗 約224万本(出荷本数[1]
テンプレートを表示

マリオカート64』(マリオカートろくじゅうよん、MARIO KART 64)は、任天堂が発売したマリオカートシリーズ2作目。国内で最も出荷本数の多いNINTENDO64ゲームソフトである。発売当初の定価はツートンカラーのコントローラーブロスとセットで9,800円(税別)であった。2007年1月30日からはWiiバーチャルコンソールで、2016年1月6日からはWii Uのバーチャルコンソールによる配信が開始された。仮称は『スーパーマリオカートR』。

概要[編集]

前作の『スーパーマリオカート』と同じく、マリオシリーズのキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルを行う。コースが3Dになり、立体的で迫力のあるレースが出来るようになった。また、対戦人数の上限が2人から4人へと増加した。

本作ではスピードアップの効果のあるコインが廃止された。コインは次回作の『マリオカートアドバンス』で再登場する。

日本国外版では大半の声優が変更されており、アナウンサーもマリオの声に差し替えられている。また、看板の文字も変更されている。

ゲームモード[編集]

マリオGP(マリオグランプリ)[編集]

前作の「マリオカートGP」に相当。8台のカートで競争を行い、コースごとの結果を積み重ねて総合優勝を目指す、1-2人用のモード。

本作から150ccが最初から選択可能になった。150ccクラスを制覇するとタイトル画面などの背景が変わり、さらにコースが左右逆転する「おまけ」が追加される。『ダブルダッシュ!!』以降の「ミラー」に相当するが、本作のみ排気量は100ccとなっている。

常に上位に入ってくるライバルキャラクターが、ランダムで2名選ばれる。前作と同様、アイテムボックスの通過に関係なくアイテムを使うが、COM専用のアイテムは廃止され、全キャラ共通でバナナ・にせものアイテム・スター・サンダー・テレサ[2]のいずれかをランダムで使用する。プレイヤーの前後以外でもアイテムを使用することがあり、周回するといつの間にかバナナ・にせものアイテムが置かれていることもある。

COMの追い上げやコースアウトの復帰が異常に早い。特に1位になっているライバルキャラクター以外のCOMとの距離が離れた場合、アイテムを駆使しても距離が縮まらない事がある。また、プレイヤーの視点内では正しくアイテム攻撃の効果を受けるが、プレイヤーの視点外では、一部アイテム攻撃や障害物の効果を正しく受けないことが多い(例:アカのこうらやにせものアイテムでクラッシュせず一旦停止するだけ、カラカラさばくの蒸気機関車、キノピオハイウェイの車をすり抜けたりする、等)。視点内でも遠くで攻撃を受けている場合は、アカのこうら等の攻撃を受けても先述の一旦停止だけになっているのを遠目で確認出来る。

ゴールした時の順位が4位以内なら次のコースへ進めるが、5位以下だと失格となり、そのコースをやり直し(リトライ)になる。2人プレイの場合は、片方が4位以内であれば次のコースへ進める。本作ではリトライの回数制限が廃止された代わりに、完走前のリトライは出来なくなっている。

プレイヤーが次のコースへ進むたびに、上位4人のドライバーへ「ドライバーズポイント」が加算[3]され、プレイヤーが最終コースを4位以内でゴールした時点で、最終コースのドライバーズポイントを加算した総合成績を競う。総合成績発表は表彰式となり、総合成績3位以内であればトロフィーも贈呈されてデータに記録される[4]

タイムアタック[編集]

コースを1台のみで走行し、いかに速くゴールできるかを目指す1人用のモード。本作から排気量が150ccに変更され、トリプルキノコを所持している状態でレースが開始するようになった。

完走すると直前の走行の様子をビデオ再生する「リプレイ」コマンドが現れる。また、コースアウトや障害物への衝突などミスをせずに完走した場合は、その走り方をそっくり再現する「ゴースト」が次回のタイムアタックから出現する。

コントローラパックを利用すると、ゴーストのデータを1つだけ保存することが可能。ただし、バーチャルコンソール版はコントローラパックの機能に対応していないため、ゴーストを保存することが出来ない。

VS[編集]

前作の「VSマッチレース」に相当。1つのコースを走り、一番先にゴールすることを目指す2-4人用のモード。本作から「マリオGP」と同様に排気量を選択できるようになった。

レース中は妨害キャラクターの「爆弾ミニカー」がコース内に停止もしくは狭い範囲を往来しており、激突するとクラッシュする。

3人もしくは4人で対戦する場合、処理上の問題でコースのBGMや一部効果音がカットされる。これは「バトル」も同様。

バトル[編集]

前作の「バトルゲーム」に相当。アイテムを使用した攻撃そのもので勝敗を競う2-4人用のモード。コースも専用のものを使用し、4種類から選択する。

前作と同様、自分のカートについている3個の風船がなくなったら脱落。風船はアイテム攻撃を受けた場合だけでなく、カート同士の衝突によるスピンや、コースアウトでも失われる。

3-4人でプレイした際、風船を全て失ったプレイヤーは、残りプレイヤーが2人以上いる場合であれば、カートが「爆弾ミニカー」に変化する(風船がなくなった段階で脱落扱いにはなっている)。爆弾ミニカーは、残っているプレイヤーに体当たりすることで一度だけ妨害できる。

キャラクター[編集]

前作と同様に8人の中から選択するが、ノコノコドンキーコングJr.は登場せず、代わりにワリオ2代目ドンキーコングが追加されている。

本作からドライバータイプが、重さごとに3種類に大別されるようになった。『アドバンス』以降とは性能配分が異なり、加速・最高速共に軽量級が最も高くなっている。

同じグループに属するキャラクターの性能は基本的に同じだが、重さのみ個人差がある(重い方から順にクッパ>ドンキーコング>ワリオ>マリオ>ルイージ>ピーチ=ヨッシー>キノピオ)。また、本作では他カートや障害物に衝突しただけでスピンしてしまうことがある。

軽量級 - ピーチキノピオヨッシー
最高速度が唯一他のグループよりも速く、加速も最高ランクで、ダートを走行した際の減速が少ない。一方で安定性が低いため、ドリフトを使わずにカーブを曲がったときの減速が大きい。
また、体重の軽さゆえに他のカートと衝突すると当たり負けしてスピンしやすい。キノピオは特に軽く、ピーチやヨッシー相手でも一方的にスピンしてしまうことさえあるほど。
中量級 - マリオルイージ
最高速は重量級と同じだが、後期加速は全クラス中最低で、最高速に達するまでの時間が最も長い。
他のグループよりも重さの差が大きい。特にルイージはピーチやヨッシーに迫るほど軽く、他カートとの衝突に弱い。
重量級 - ドンキーコングワリオクッパ
安定性がとても高く、ドリフト無しのカーブでもほとんど減速しない。初期加速は最低だが、後期加速と最高速に達するまでの時間は中量級よりは短い。
また、他のクラスより当たりが強く、体当たりだけで相手をスピンさせるケースが多い。ただし重量があるため、ダートを走ると大きく減速する。

コース[編集]

本作からカップごとのコース数が4つになり、総コース数も20から16に減った。また、周回数が5から3に減った代わりに、前作と比べてコースが長くなった。

一部のコースには谷底や水中が存在する。転落してもジュゲムに吊り上げられて復帰できるが、タイムロスが発生しやすい。コースアウトの各種判定が曖昧で、大半のコースで大幅なショートカットが可能なほか、コースアウトの場所によっては別の場所から復帰する事がある。

( ) 内は和製英語/英名:北米版の名称、<>内はそのコースが再収録された作品。

キノコカップ[編集]

ルイージサーキット(Luigi Circuit /英名:Luigi Raceway)-(任天堂公式記録 1'43"35)<7>
シンプルなサーキットコース。全長は717m。
道幅が広く、コーナーも緩やかで走りやすいため、難易度は低い。1位のカートが2周目に入ると、アイテムボックスをぶら下げた気球が現れるが、このアイテムボックスを取ると、必ずトゲゾーのこうらが出る。
タイムアタックモードで1分50秒以内を記録すると、開発スタッフによるゴーストが出現する。
モ〜モ〜ファーム(Moh Moh Farm/英名:Moo Moo Farm)-(任天堂公式記録 1'18"70)<DS>
のどかな牧場の中を走り抜けるコース。全長は527mで、本作の全16コースの中では最も短い。
路面が凸凹している。インコースにはところどころチョロプーが出現し、ぶつかるとクラッシュする。
ノコノコビーチ(Nokonoko Beach / 英名:Koopa Troopa Beach)-(任天堂公式記録 1'28"27)<7、ツアー>
無人島海岸を舞台とする系コース。全長は691m。
潮の満ち引きがあり、干潮時にしか通れない道が出現する。また、洞窟を走り抜けるショートカットがある(50ccではキノコが必要)。にはお邪魔キャラとしてカニがおり、ぶつかるとスピンしてしまう。大きな岩の上に置かれたアイテムボックスを取ると、必ずトゲゾーのこうらが出る。
海に入っても走行できるが、深いところまで進むとコースアウトになる。しかし、前述の洞窟あたりののような海には、最深部まで水没しても救出されず沈み続けることがあり、放っておいてもキャラクターがブクブクと水没していくだけのため、その際は自力で脱出するしかないが、大幅なタイムロスとなってしまう。また、一部の岩場をジャンプし続けて登ると水没する。
カラカラさばく(Kara Kara Desert /英名:Kalimari Desert)-(任天堂公式記録 1'52"89)<7、ツアー>
ぶつかるとクラッシュする2台の蒸気機関車が走る荒野のコース。全長は753m。
道幅が狭い上に路面が少し滑りやすく、踏切で機関車が来れば通過するまで待たなければならない。線路内を走行する事も出来るが、速度が次第に落ちる。

フラワーカップ[編集]

キノピオハイウェイ(Kinopio Highway / 英名:Toad's Turnpike)-(任天堂公式記録 2'38"88)<8>
交通量の多い高速道路道路系コース。全長は1036m。
ぶつかるとクラッシュする車が走行を妨害する。コース前半は3車線だが、後半は2車線に縮小される。アイテムは待避所に集中していて本線上に無い(前述の通り、COMは待避所を通らずにアイテムを使う)。スタート位置は本線上ではなく、ゴール横の側道からスタートする。通常は車はカートと同じ方向に走行するが、「おまけ」では逆走してくる。
スターなどで遮音壁の外に吹き飛ばされると水没する。
フラッペスノーランド(Frappe Snowland)-(任天堂公式記録 1'49"14)<DS、ツアー>
の深いコース。全長は734m。
道が凍っており、ぶつかるとクラッシュする雪だるまが至る所に置いてある。コースアウトからの復帰関連で不具合が多く、一部に復帰不能になる箇所もある。
チョコマウンテン(Choco Mountain)-(任天堂公式記録 1'46"84)<DS、ツアー>
曲がりくねった山道の凸凹コース。全長は687m。
道が細く途中のカーブでは落石があり、落下防止用の柵も50ccクラスにしか備え付けられておらず、転落すると大幅なタイムロスとなる。
マリオサーキット(Mario Circuit / 英名:Mario Raceway)-(任天堂公式記録 1'17"57)<Wii>
本作の基本となるサーキットコース。全長は567m。
大小さまざまなコーナーが控えており、アイテムよりドライビングテクニックを重視した作りになっている。
タイトル画面でRボタンを押すと、タイムアタックで記録された本コースの最高記録が表示され、1分30秒を切ると数字が点滅する他、開発スタッフによるゴーストが出現する。本ゲーム発売当時、この条件を満たして一部のゲームショップで見せる事で任天堂の公式ライセンスカードが貰えるイベントが開催されていたほか、テレビ東京64マリオスタジアム」において、このコースをキノピオで走破しタイムを競うという企画があった。また、TBSしあわせ家族計画」でも同様の企画が行われたが、こちらは1分30秒以内にゴールすれば成功という物だった(キャラクターの選択は自由)。

スターカップ[編集]

ワリオスタジアム(Wario Stadium)-(任天堂公式記録 3'55"90)
広大なスタジアムの中に大量の土砂が敷かれたモトクロスのようなコース。全長は1591mで、シリーズを通してみても『7』以降のセクション制コースを除くと2番目に長いコースである。さらに他のコースと同様に3周でゴールとなるため、実際の走行時間と走行距離もシリーズの全コース中で2番目に長い。
凹凸の多い路面があり、走りにくい。大幅なショートカットが可能な箇所がある反面、ジャンプ台から転落したときのタイムロスが大きい。
シリーズのスタジアム系コースの中で唯一、サーキット系コースのBGMが使われている。また、現時点では本作のグランプリコースで唯一、再収録されたことがないコースでもある。
シャーベットランド(Sherbet Land)- (任天堂公式記録 1'49"28)<Wii>
南極地方のコース。全長は756m。
海沿いのコーナーには割れ目があり、海に転落すると凍るため復帰まで時間がかかり、大幅なタイムロスとなる。コース上や途中の洞窟内にはぶつかるとスピンするペンギンがたくさんいる。
ピーチサーキット(Peach Circuit / 英名:Royal Raceway)-(任天堂公式記録 2'36"59)<8、ツアー>
難易度の高いサーキットコース。全長は1025m。
湖を飛び越える大ジャンプが爽快。湖沿いのコーナーはつづら折れになっており、フェンスが無いので転落しやすい。コースの一角には『スーパーマリオ64』の舞台であるピーチ城があり、城の周りも走行可能(本作中の表彰式もここで行われる)。
タイムアタックモードで2分40秒以内を記録すると、開発スタッフによるゴーストが出現する。
クッパキャッスル(Koopa Castle / 英名:Bowser's Castle)-(任天堂公式記録 2'04"02)<Wii>
クッパ城をモチーフとしたコース。全長は777m。
建物なのでほとんどのコーナーが直角であり、ドッスンマグマ階段などの仕掛けが満載で、ドライビングテクニックを使いこなさないと難しい。城に入って2つ目の部屋の出口にいるドッスンの数は排気量によって変化し、50ccでは1体、100ccと「おまけ」では2体、150ccでは3体登場する。
コースの終盤にマグマを飛び越える場所が2か所続くが、そのうち急カーブの後にある1つ目をバナナで滑るなどしてコースアウトした場合、マグマの穴から非常に近い場所で復帰するため、そのまま走り出してしまうと十分に加速できないまま飛び込んでしまい、また落下してしまう。そのため、復度バックして十分な加速を得るための距離を取るか、ドリフト直前に発生するミニジャンプを飛び越える寸前にタイミングよく行えば飛び越えられるが、それらの対処法を思いつけなければいつまでも前に進めなくなる。

スペシャルカップ[編集]

前作とは違い最初から選択可能。また、本作から50ccでもプレイできるようになった。

ドンキージャングルパーク(Donkey Jungle Park / 英名:D.K.'s Jungle Parkway)-(任天堂公式記録 1'58"34)<Wii>
ジャングルを貫いて造られた自然系コース。全長は893m。
路肩に乗ると、住民から抗議の石つぶてが飛んでくる(サンダーで小さくなっていると潰れ、タイムアタックのゴーストセーブも不可能。軽量級に至ってはスリップする可能性がある)。ではスター・テレサ状態でも激突するとクラッシュする遊覧船が走っている。
ヨッシーバレー(Yoshi Valley)-(任天堂公式記録 1'38"44)<8>
岩肌が荒々しい峡谷のコース。全長は772m。
道が蜘蛛の巣のように無数に分岐しているため正確な順位が判定出来ず、順位表記が「?」マークになっている。構造上逆走しやすく、がほとんど無い上に崖が非常に高いため、転落は大幅なタイムロスになる。峡谷の出口には巨大なヨッシーのがあり、スターで無敵の状態以外で接触すると潰される。
ヒュ〜ドロいけ(Hyuudoro Lake / 英名:Banshee Boardwalk)-(任天堂公式記録 1'52"49)<DS>
テレサのすみかになっているのコース。全長は747m。
フェンスがほとんど無いので池に転落しやすい。途中の古びた洋館では、コウモリが大量発生している。また、ドリフト時の音が他のコースと異なる。BGMには前作『スーパーマリオカート』に登場した「おばけ沼」のフレーズが含まれているが、よく聞かないととても分かりづらい。
レインボーロード(Rainbow Road) -(任天堂公式記録 4'05"88)<8>
虹色に輝く美しいコース。全長は2000mで、シリーズを通してみても『7』以降のセクション制コースを除くと最長のコースである。さらに本作では1周でゴールではない為に、実際の走行時間と走行距離がシリーズの全コース中最も長い。
コースそのものは簡単な作りで、最初から最後までフェンスが配置されているのでコースアウトの心配が少ない。そのため最終コースの割には難易度もそこまで高くはないが、3匹のワンワンがコースを逆走しており、ぶつかるとクラッシュする。
同じく任天堂のレーシングゲームである『F-ZERO X』では、このコースをモチーフにした同名のコースが存在する。さらに『EXPANSION KIT』を使用すると、BGMも本作のもののアレンジになる。

バトルコース[編集]

本作のパトルコースのBGMは「ビッグドーナッツ」と「まてんろう」はバトル専用のもの、「ブロックとりで」と「ダブルデッキ」は「チョコマウンテン」と同じものが使用されている。

ビッグドーナッツ(Big Donut)<7>
大きなドーナツの形をしたシンプルなコース。内側はマグマだがフェンスが無いので、マグマの中に転落しやすい。
ブロックとりで(Block Fort)<DS>
3段階の高さのが4つある。砦はに色分けされている。
ダブルデッキ(Double Deck)
4段階の高さがある「ロ」の字型のフロアーを、斜面でつないで行き来する。
4コースの中で最も広く、他のカートと遭いにくい上に、同じ配置の階が2つずつあるため、レーダーでは分かりづらい。
現時点では本作のバトルコースで唯一、再収録されたことがないコースである。
まてんろう(Skyscraper)<Wii>
高層ビル屋上に作られたコース。コースにフェンスが無いので、ビルから転落しやすい。また、ビルから落ちた後の復帰時間が長い。

アイテム[編集]

前作にあった「コイン」と「羽根」の代わりに、「にせものアイテム」「パワフルキノコ」「トゲゾーのこうら」が初登場。1度に複数使えるアイテムも追加された(キノコ、ミドリのコウラ、アカのコウラは3個セット、バナナは5本セット)。

本作からコース上に置いてある虹色の箱「アイテムボックス」から手に入れる仕様に変更された。前作の「アイテムプレート」が地面に埋まっていて原則的に1枚につき1回しか使えなかったのに対し、本作からは取得しても直後に新しいボックスが追加される為、同じ場所で何度でもアイテムを取れるようになっている。ただし、今回からはCOMもボックスを破壊するようになり、デッドヒートなどでボックスを取れないケースが発生しやすい。

コース自体が長くなった事と、アイテムボックスが1周の間にいくつも配置されている為、アイテム入手のチャンスが増えて逆転しやすくなった。下位ほど良いアイテムが手に入るのも前作と同様だが、その傾向はさらに強くなっている。

  • キノコ(シングル・トリプル)[5] 前作より引き続き登場。使うと一定時間高速で走ることができ、ダート上を走行してもキノコの効果時間内はダートの影響を無視できる。トリプルでは、キノコを3回使うことができる。
  • パワフルキノコ[5] 今作初登場のアイテム。キノコの上位互換のアイテム。 一定時間アイテムボタンを押す度にキノコを使用することができる。回数制限はなく、押せば押すほど加速するようになっている。
  • スーパースター 前作より引き続き登場。一定時間無敵となり、すべてのアイテムの効果を無視して走行できる上、ダートの影響も無視できる。また、スピードも少しだけ上昇する。
  • サンダー[5]

名前は今作初登場だが、前作におけるカミナリとほぼ同一の効果をもつアイテム。

  • テレサ
  • ミドリのこうら(シングル・トリプル)
  • アカのこうら(シングル・トリプル[5]
  • トゲゾーのこうら[5]
  • バナナ(シングル・セット)
  • にせものアイテム

開発[編集]

前作に引き続き、本作のディレクターは紺野秀樹が務めた[6]。 一方で、宮本茂ら前作の開発チームの大半は本作と並行して開発されていた『スーパーマリオ64』に流れてしまったため、別の部署が応援という形で参加したと紺野は「社長が訊く」で振り返っている[6]

また、本作で初めて3Dが取り入れられたものの、紺野はあまり3Dに詳しくなかったため苦労したと前述の対談の中で振り返っている[6]

64というハードにおいて、キャラクターを3Dで表現すると処理が重くなるため、同時に8人の3Dキャラクターを画面上に表示させるということはできず、その代わりに様々なアングルから描いた絵を事前に用意し、それをアニメーションのように平面で表現するビルボードという手法が取られた[6]

当初はドンキーコングではなく、カメックがプレイヤーキャラクターとして登場する予定だった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、(2016年11月1日時点のアーカイブ)。
  2. ^ テレサでプレイヤーのアイテムを奪うことは無い。
  3. ^ 1位が9ポイント、2位が6ポイント、3位が3ポイント、4位が1ポイント。
  4. ^ 同じ順位の場合はプレイヤー、最終コースの順位の高かった者の順に優先される。
  5. ^ a b c d e 「バトル」では登場しない。
  6. ^ a b c d 社長が訊く『マリオカートWii』”. 任天堂 (2008年4月3日). 2020年6月15日閲覧。

関連項目[編集]