マリオン・L・スターキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マリオン・レナ・スターキーMarion Lena Starkey1901年4月13日 - 1991年12月18日)は、アメリカ合衆国の作家で、セイラム魔女裁判の近代的な調査を主題とした『少女たちの魔女狩り The Devil in Massachusetts』を含む多くの歴史書を著した。

概要[編集]

『ソーガス・ヘラルド』の編集長を経て、ハンプトン大学英語版コネチカット大学で教鞭を執った後、専業作家となった[1]。セイラム魔女裁判の研究に着手した彼女は、裁判所の記録の確認から始め、子供の空想から社会的なヒステリーへと至るまでの心理を描き出した。本『少女たちの魔女狩り The Devil in Massachusetts』は1949年に出版された。アーサー・ミラーは『るつぼ』を書く際、この研究書を参考とした[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Marion L. Starkey”. Penguin Random House. 2018年4月22日閲覧。
  2. ^ Kate Bolick (2015年10月27日). “Salem’s Reign of Terror”. The New republic. https://newrepublic.com/article/123235/salems-reign-terror 2018年4月22日閲覧。