マリオ・ボラッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオ・ボラッティ Football pictogram.svg
Mario Bolatti.jpg
アルゼンチン代表時代(2009年)
名前
本名 マリオ・アリエル・ボラッティ
Mario Ariel Bolatti
ラテン文字 Mario BOLATTI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1985-02-17) 1985年2月17日(32歳)
出身地 ラ・パラスペイン語版
身長 190cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 CAボカ・ウニドス英語版
ポジション MF (DMF)
背番号 5
利き足 右足
ユース
1996-2003 アルゼンチンの旗 ベルグラーノ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2007 アルゼンチンの旗 ベルグラーノ 86 (1)
2007-2009 ポルトガルの旗 ポルト 15 (0)
2009 アルゼンチンの旗 ウラカン (loan) 36 (5)
2010-2011 イタリアの旗 フィオレンティーナ 22 (0)
2011-2015 ブラジルの旗 インテルナシオナウ 30 (1)
2013 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ (loan) 16 (0)
2014-2015 ブラジルの旗 ボタフォゴ (loan) 8 (1)
2015-2017 アルゼンチンの旗 ベルグラーノ 31 (5)
2017- アルゼンチンの旗 ボカ・ウニドス 0 (0)
代表歴2
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 12 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月1日現在。
2. 2014年6月10日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・アリエル・ボラッティMario Ariel Bolatti, 1985年2月17日 - )は、アルゼンチンコルドバ州ラ・パラ出身の同国代表サッカー選手。CAボカ・ウニドス所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

CAベルグラーノ[編集]

CAベルグラーノの下部組織に入団しキャリアを始める。トップチームデビューは2006年8月に行われた対AAアルヘンティノス・ジュニアーズ戦であった。2007年にチームが1部リーグであるプリメーラ・ディビシオンに昇格を果たす。チームは低迷したが、初のトップリーグでボラッティは最高の選手の1人であり[1]、実際にアルゼンチンの強豪クラブであるCAインデペンディエンテ[2]や、イタリアセリエAユヴェントスFCが獲得に興味を示していた。

FCポルト[編集]

2008年にポルトガルのビッグクラブであるFCポルトへステップアップを果たす。出場機会は限られていたがポルトにてスーペル・リーガを制し、初のタイトルを得る。

CAウラカン[編集]

2009年1月に、出場機会を求めたボラッティは買取オプションのつかないローンにてCAウラカンに移籍する。故郷のリーグに戻り、ボラッティはCAウラカンの中盤の舵取り役として再び輝きを取り戻す。チームをリーグ2位に導き、リーグ屈指のセンターハーフと認知されるようになった。2010年1月1日にローンの期間を終え、再びポルト所属の選手となる。

フィオレンティーナ[編集]

2010年1月14日に650万ユーロの移籍金でACFフィオレンティーナと契約すると報道され[3]、同年1月18日にフィオレンティーナが公式に獲得を発表した[4]

ボカ・ウニドス[編集]

2016-17シーズン後半はクラブでの出場機会を失い、翌シーズンよりプリメーラB・ナシオナルのCAボカ・ウニドスに加入することが発表された[5]

代表[編集]

2009年8月12日に行われた国際親善試合のロシア戦に招集され、代表戦初出場を果たす。同年10月14日には2010 FIFAワールドカップ・南米予選の最終戦である対ウルグアイ戦に招集される。勝ち点1差(アルゼンチン25、ウルグアイ24)で迎えたこの試合は負ければ本戦出場を逃すという大一番であった。敵地エスタディオ・センテナリオで行われた同試合でボラッティは後半79分にゴンサロ・イグアインと交代し出場すると、わずか5分後である後半84分に引導をわたす試合唯一の決勝点を上げた[6]。この得点によりアルゼンチン代表の本戦出場を決定的なものにした。

人物[編集]

大柄なセンターハーフであり、成績不振で本戦出場が危ぶまれた2010 FIFAワールドカップの南米予選において、本戦出場を決定付ける印象的な得点をあげた。FCポルトからローンで移籍していたCAウラカンにおける成功からアルゼンチンのサッカー1部リーグプリメーラ・ディビシオンで2009シーズンのベストプレーヤーの1人とされ[7]FCバルセロナ等のヨーロッパ中のクラブが注目したとされる[8]。展開力に優れ、高身長であることとボールタッチの優雅さからフェルナンド・レドンドに例えられる[9]。またボール奪取にも優れることや、フィオレンティーナのスポーツディレクターであるパンタレオ・コルヴィーノが獲得した経緯から、イタリアのメディアは「新たなフェリペ・メロ」と呼んだ[9]

個人成績[編集]

代表[編集]

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 時間 結果 試合概要
1. 2009年10月14日 ウルグアイの旗 モンテビデオ ウルグアイの旗 ウルグアイ 0-1 84分 0-1 2010 FIFAワールドカップ・南米予選

タイトル[編集]

ポルト
インテルナシオナウ

脚注[編集]

  1. ^ El 5 que la rompe”. Ole (2006年9月13日). 2010年1月15日閲覧。(スペイン語)
  2. ^ Esa rubia debilidad”. Ole (2006年12月28日). 2010年1月15日閲覧。(スペイン語)
  3. ^ BOLATTI IN VIOLA PER 6,5 MLN.”. firenzeviola.it (2010年1月14日). 2010年1月15日閲覧。(イタリア語)
  4. ^ Definito l'accordo per Bolatti”. フィオレンティーナ公式 (2010年1月18日). 2010年1月18日閲覧。(イタリア語)
  5. ^ Mario Bolatti firmó su llegada a Boca Unidos”. TyC Sports (2017年8月21日). 2017年10月1日閲覧。
  6. ^ Uruguay - Argentina”. fifa.com (2009年10月14日). 2010年1月15日閲覧。(イタリア語)
  7. ^ Mario Bolatti Joins Fiorentina From Porto Pending Medical”. goal.com (2010年1月18日). 2010年1月18日閲覧。(英語)
  8. ^ Porto's Mario Bolatti On The Verge Of Joining Fiorentina”. goal.com (2010年1月14日). 2010年1月15日閲覧。(英語)
  9. ^ a b Altro che 'Nuovo Melo', con Bolatti la Fiorentina punta ancora più su! "Somiglia a REDONDO"”. goal.com (2010年1月18日). 2010年1月18日閲覧。(イタリア語)