マリオ・ルチアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリオ・ルチアーノ
Mario Luciano
誕生 1964年12月24日
イタリアシチリア島 カターニア
職業 ノンフィクション作家コラムニストレストランオーナーライセンス事業者
言語 英語日本語
国籍 日本の旗 日本東京都
公式サイト Mario Luciano オンラインサロン
テンプレートを表示

マリオ・ルチアーノ(Mario Luciano、1964年12月24日 - )は、イタリアシチリア島カターニア出身、在日イタリア共和国ギリシャシチリア人。 ノンフィクション作家コラムニストレストランオーナーライセンス事業者

略歴・人物[編集]

イタリアシチリア島カターニア出身。シチリアで生まれ、父親と共に5歳でアメリカに渡りニューヨークで過ごした。 9歳で、映画「ゴッドファーザー」で知られるルチアーノファミリーに加入。 母方の親族である伝説のマフィア、ラッキー・ルチアーノの末裔である。 9歳からマフィアの一員として、コロンビア・メキシコ・パキスタン・フィリピン・香港・シンガポールなど世界各地を転々とする。 23歳のときに来日、五代目山口組三代目山健組に所属し経済ヤクザとして活動していた。 現在は、東京茅場町のレストラン「ウ・パドリーノ」をファミリーに任せ、相談役として活動している。 また、オリジナルブランドを立ち上げ、時計・ドレスシャツ・ネクタイ・アクセサリー・ワインなどの新事業を拡大している。 若い頃からの経験を活かし、雑誌などで国際経済や世界事情なども論じている。 自伝である著書は、幼少期からマフィアのファミリービジネスに関わってきた彼の過酷な生い立ちの数々が綴ってある。[1][2][3]

ライセンス事業[編集]

「マリオブランド」時計、ドレスシャツ、ネクタイ、アクセサリー、ワインなどのオリジナルブランドのライセンス事業の展開。[4]

オンラインサロン[編集]

「Mario Lucianoオンラインサロン」を開設してファミリーを募っている。裏社会で生きて来た経験を活かし困っている方達の相談役として、また事業主の方達とのアイデアによる新しい仕事展開などにも 繋がればと、皆が幸せになれるようなコミュニティの場を提供したいという思いで友人と共に開設した。活動内容は、Facebookグループを使っての交流。不定期のオフ会開催(マリオお手製イタリアン料理披露)。2カ月に一度のSPゲストを呼んだ異業種交流会etc...。 【信用(Trust) 忠誠(Loyalty) 敬意(Respect) 愛(Love)】を一番に重んじ、「支えあい助け合える」】コミュニティを切望している。[5]

レストラン[編集]

東京茅場町でイタリアンレストランを経営している。「ウ・パドリーノ」東京都中央区新川1丁目1-6 電話 03-3555-5707。 本場シチリア出身のオーナーが作る伝統と家庭の味で、旬な食材や新鮮なシーフードを使ってパスタや1品料理などの地中海料理を ランチ・ディナー共に提供している。 内観も手作りでシチリアの雰囲気で、お店のコンセプトである「愛・家族」であるように、お客様には「自分の家のように落ち着いてお時間を過ごして頂きたい」との想いから、 アンティークや壁にかかる写真などにも手作りで味わいのある雰囲気づくりを大切にしている。[6]

著書・電子書籍[編集]

  • 『ゴッドファーザーの血』( 2018年4月 双葉社 )
  • 『破界』(2018年6月 徳間書店)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]週プレニュースを参照
  2. ^ [2]Mario Luciano オンラインサロンを参照
  3. ^ [3]食べログを参照
  4. ^ [4]Mario Luciano オンラインサロンを参照
  5. ^ [5]Mario Luciano オンラインサロンを参照
  6. ^ [6]食べログを参照

Mario Lucianoオンラインサロン”. 2019年4月29日閲覧。