マリル (ポケモン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
マリル
全国
キレイハナ - マリル(#183) - マリルリ
ジョウト
オドシシ - マリル(#132) - マリルリ
ホウエン
ルリリ - マリル(#055) - マリルリ
シンオウ
ルリリ - マリル(#125) - マリルリ
基礎データ
英語名 Marill
進化体系 たねポケモン
進化前 ルリリ
進化後 マリルリ
世代 第2世代
ポケモン学
分類 みずねずみポケモン
タイプ みず / フェアリー
高さ 0.4m
重さ 8.5kg
特性 あついしぼう / ちからもち
かくれ特性 そうしょく
テンプレートを表示

マリルは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

特徴[編集]

分類は「みずねずみポケモン」だが、ネズミに似ているのは耳の形ぐらいである。尻尾の先に水より軽い油が詰まっており、それが浮き袋の役割を果たすため溺れることなく泳げる。水草を主食とする草食

体毛は水を弾くため水中で素早い動きが可能であり、また水から上がるとすぐに乾く。聴力にも優れている。

ゲームでのマリル[編集]

金・銀』で初登場。同作ではめったに見つからない希少なポケモンであった。ポケギアの電話機能を用い、やまおとこ・タロウの電話番号を登録する事で大量発生イベントが起きる事のある救済措置が存在していた。『クリスタル』では出現率が大きく上昇。

ルビー・サファイア・エメラルド』では淡水ならどこにでもいるポケモンとなり、『ダイヤモンド・パール・プラチナ』でも希少度は低い。『ファイアレッド』には出現しない(代わりにウパーが出現)。

『金・銀』のリメイク版である『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではスリバチ山での希少性が残っているものの、スリバチ山で大量発生する事があるだけでなく、サファリゾーンにもそれなりに出現するため、遭遇は難しくない。

また、同作では主人公の幼馴染が連れているポケモンとしても登場。主人公が男の場合の幼馴染・コトネによると、雑巾のような匂いがする事があり、少し太ったと感じる場面もある。主人公が女の場合の幼馴染・ヒビキからは、嫌な事があるとすぐに水の中に飛び込んで周りをビショビショにする癖があると言われる。

『ブラック2・ホワイト2』では6番道路やビレッジブリッジにヤグルマの森など様々な場所に出現するが、出現率がやや低い。草むらにも出現する所もあれば、水上に出現することもある。

レベル18でマリルリへ進化する。『ルビー・サファイア』からは進化前のポケモン・ルリリも登場。

HPが高いが、それ以外の能力は高くない。しかし特性の「ちからもち」により、実際よりも高い攻撃力で戦うことができる。

外伝作品でのマリル[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではモンスターボールから出現するポケモンの1匹として登場。「たいあたり」で敵プレイヤーを攻撃するが、攻撃力は低く、各プレイヤーキャラ(自分含む)の攻撃を受けると吹っ飛んでしまう。

アニメでのマリル[編集]

オレンジ諸島編にて、ケンジのポケモンとしてテレビシリーズ初登場。ケンジ (アニメポケットモンスター)#ケンジのポケモンを参照。

他にも無印206話では、耳の左下にピアスしたマリルが登場。性別はメス。

ダイヤモンド&パール』では、ジョウト地方出身のトレーナー・コトネや、果樹園の娘ルル(声 - 早見沙織)の手持ちポケモンとしても登場。

ANA機内放映された『ピカチュウたんけんクラブ』、『ピカチュウ氷の大冒険』、『ピカチュウのキラキラだいそうさく!』『ピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険』では、野生のマリルが登場。「うたう」(ゲームではルリリのタマゴ技でのみ覚えられる)で主にニャース達を眠らせ、眠っているのを見て膨れて怒り、足や尻尾でニャース達を叩くなど八つ当たりをしてどこかへ去るという、無印編で登場したプリンとやり口が似ている(声優もプリンやケンジのマリル同様、かないみかが担当)。『ピカチュウのふしぎなふしぎな大冒険』では、巨大化したこともあった。

映画でのマリル[編集]

ピカチュウのなつやすみ』でブルー同様、『金・銀』に先駆けて初登場。ゼニガメとの水泳競争に勝利。声優はかないみか。

ピカチュウたんけんたい』ではケンジのマリルが登場。

ポケモンカードでのマリル[編集]

ADV第2弾で出たマリルの技「ダブルバブル」はダメージも与えられる上、コインを2回投げて1回でも表が出れば敵をマヒさせることができるというかなりの強さだった。

漫画でのマリル[編集]

ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャー』では、くの一少女の小梅のポケモンとして登場した。ニックネームは『マリ丸』で、性別は♀。「バブルこうせん」を使った小梅の連携忍術が得意とする。見掛けによらず、忍者であるためか素早さはずば抜けるほど早く、運動会にも徹底的に一位を取るほどの物である。恋愛には全く無知であったが、後にゼニガメに惚れる。小梅の師匠であるマリルリは母親である。『ポケットモンスター チャモチャモ☆ぷりてぃ♪』にも同一人物として、ほんの一部のシーンのみに登場する。

関連項目[編集]