マリンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯55度46分32秒 東経12度27分53秒 / 北緯55.77556度 東経12.46472度 / 55.77556; 12.46472

マリンボー
マリンボーの庭にて記者会見する、米国ジョージ・W・ブッシュ大統領とデンマーク首相(2005年7月)

マリンボー(Marienborg)とはデンマークの首相官邸である。位地はシェラン島のコンイェンスレンビュであり、コペンハーゲンから15km北に離れた場所にある。

1962年より使用され、政府の会議、サミット、その他公式行事(首相の新年の演説)などに用いられている。[1][2]。他国の官邸(たとえばホワイトハウスダウニング街10番地、モンクロア宮殿、エリゼ宮)と違い、マリンボーは政府本部や首相の執務室としての役目を担っておらず、代わりにクリスチャンスボー城に位置づけられる。

歴史[編集]

かつては私有地であり、所有者は移り変わってきた。

  • 1745–1750: Captain Olfert Fischer[3]
  • 1750–1753: Peter de Windt
  • 1753–1755: Maria Cathrine Michaelsdatter Fabritius
  • 1755–1764: Jacob Frederik Schaffalitzky de Muckadell
  • 1764–1793: Gysbert Behagen
  • 1793–1795: Hans Werner Rudolf Rosenkrantz Giedde
  • 1795–1800: Johan Frederik Lindencrone
  • 1800–1801: Johann Traugott Lebrecht Otto
  • 1801–1803: Julius Ludvig Frederik Rantzau/Johan de Windt
  • 1803–1807: Jean de Coninck
  • 1807–1809: Estate of Jean de Coninck
  • 1809–1824: Peter Boll Wivet
  • 1824–1849: Cathrine Ernst
  • 1849: Cecilie Wivet
  • 1849–1855: Edvard Knudsen
  • 1855–1863: Vilhelm Junius Lorentz Petersen
  • 1863–1864: Estate of Vilhelm Junius Lorentz Petersen
  • 1864–1885: Rosalie Hennings
  • 1885–1899: Moltke family
  • 1899–1915: Oscar Wandel
  • 1915–1934: Vilhelm Skovgaard-Petersen
  • 1934–1960: C. L. David
  • 1960–1962: Estate of C. L. David
  • 1962–現在: 官有地

脚注[編集]

  1. ^ Eva Mellbin & Franz-Michael Skjold Mellbin, Nu Gælder Det Danmark! (The Danish Minister of State's New Year Speeches), Lindhardt & Ringhof (2011), ISBN 8711405260, p. 13 (デンマーク語).
  2. ^ Prime Minister Lars Løkke Rasmussen’s New Year Address 1 January 2010 - Statsministeriet. (1 January 2010). Accessed: 2 September 2012.
  3. ^ Marienborg - sammenkomster - Den Store Danske Accessed: 2 September 2012 (デンマーク語).