マリー・ド・ブルゴーニュ (1386-1422)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリー・ド・ブルゴーニュ
Marie de Bourgogne
出生 1386年9月
ディジョン
死去 (1422-10-02) 1422年10月2日(36歳没)
トノン=レ=バン
埋葬  
Savoie flag.svg サヴォイア公国オートコンブ修道院英語版
配偶者 サヴォイア公アメデーオ8世
子女 一覧参照
父親 ブルゴーニュフィリップ・ル・アルディ
母親 フランドル女伯マルグリット3世
テンプレートを表示

マリー・ド・ブルゴーニュMarie de Bourgogne, 1386年9月 - 1422年10月2日)は、ブルゴーニュフィリップ・ル・アルディとその妻のフランドル女伯マルグリット3世の間の四女。サヴォイアアメデーオ8世に嫁した。

生涯[編集]

ブルゴーニュ公爵夫妻の第8子、四女として生まれた。長兄ジャン・サン・プールはブルゴーニュ公、次兄アントワーヌブラバント公、弟フィリップはヌヴェール伯およびルテル伯である。長姉マルグリット下バイエルン=シュトラウビング公エノー伯ホラント伯・ゼーラント伯ヴィルヘルム2世の妻、次姉カトリーヌはオーストリア公レオポルト4世の妻である。

1401年10月27日アラスにおいて父方の従姉ボンヌ・ド・ベリーサヴォイア伯アメデーオ7世の間の長男であるサヴォイア伯アメデーオ8世と結婚した。1416年、夫が神聖ローマ皇帝ジギスムントによって帝国伯から公爵に昇格を許され、1418年にはピエモンテ公の称号も与えられた。そのためマリーも公爵夫人を名乗ることになった。1422年に死去し、オートコンブ修道院英語版に葬られた。

子女[編集]

夫との間に少なくとも9人の子女をもうけている。

  • マルゲリータ(1405年)
  • アントーニオ(1407年)
  • アントーニオ(1408年)
  • マリーア(1411年 - 1469年) - 1427年、ミラノ公フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティと結婚
  • アメデーオ(1412年 - 1431年) - ピエモンテ公
  • ルドヴィーコ(1413年 - 1465年) - サヴォイア公
  • ボナ(1415年 - 1430年)
  • フィリッポ(1417年 - 1444年) - ジュネーヴ伯
  • マルゲリータ(1420年 - 1479年) - 1432年にアンジュー公ルイ3世と結婚、1444年にプファルツ選帝侯ルートヴィヒ4世と再婚、1453年にヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と三婚