マルガレーテ・コズーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルガレーテ・コズーフ
Margareta Kozuch
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Margareta Kozuch 1.jpg
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1986-10-30) 1986年10月30日(31歳)
出身地 ドイツの旗ハンブルク
ラテン文字 Margareta Kozuch
身長 187cm
体重 70kg
選手情報
所属 ビーチバレー
利き手
スパイク 312cm
ブロック 300cm 
 
獲得メダル
Flag of Germany.svg ドイツ
欧州選手権
2011 ベオグラード
2013 ベルリン
ワールドグランプリ
2009 東京
テンプレートを表示

マルガレーテ・アンナ・コズーフ(Margareta Anna Kozuch、 女子、1986年10月30日 - )は、ハンブルク出身のドイツバレーボール選手、ビーチバレー選手。ポジションはオポジットインドアドイツ代表両親はポーランド人だが生まれ育ったドイツの代表として戦う事を決めた[1][要出典]

来歴[編集]

2005年ドイツ代表に選出され、2006年世界選手権に出場。2007-2008シーズンにイタリアセリエAのサッスオーロに移籍した。

2008年からドイツ代表のオポジットのポジションを任され、2009年ワールドグランプリでは、卓越したバックアタック能力と強いサーブでチームを7年ぶりのメダルへと導いた。[要出典]2009年欧州選手権ではベストスコアラー賞を獲得した。また、2010年ワールドグランプリでは、予選が終わった時点でベストスコアラーだったものの、決勝ラウンドに進めずベストスコアラーの座を逃した。同年の世界選手権に出場し、7位入賞を果たした。

2011年より代表チームで主将を務め、9月に開催されたヨーロッパ選手権で銀メダルを獲得した。自身もベストスパイカー賞を受賞した。同年11月のワールドカップではアンジェリーナ・グリューンとともに攻撃の両輪を担い6位に入った。ヨーロッパ選手権で2大会連続で銀メダルを獲得した。2014年モントルーバレーマスターズで初優勝に大きく貢献し、自身もMVPに選ばれた[2]。また、同年9-10月の世界選手権で3大会連続出場した。

イタリアセリエA1アシステル・ノヴァーラに所属した際は、中田久美がアシスタントコーチを務めていた。その後、ロシア、ポーランド、アゼルバイジャンなどのクラブチームを経て、2015年にイタリアセリエAのVolleyball Casalmaggioreに移籍し、2015/16シーズンの欧州チャンピオンズリーグで金メダルを獲得し、自身もベストオポジット賞を受賞した[3]

ドイツのビーチバレー選手であるKarla Borgerから勧誘され、ビーチバレーに転向。2018年1月にハーグで開催されたビーチバレー・ワールドツアーDela Beach Openで初優勝を飾った[4]

球歴[編集]

受賞歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]