マルクス・エリエゼル・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Marcus Élieser Bloch

マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch 、1723年 - 1799年8月6日)はドイツの医師、博物学者である。18世紀の最も重要な魚類学者とされている。

生涯[編集]

アンスバッハに生まれた。両親は貧しいユダヤ人で、教育を受けることができず、19歳になってもドイツ語を読むことができなかった。ハンブルクの医者の家で、ヘブライ語の教師として雇われたことで、ドイツ語やラテン語解剖学を学ぶことができた。自然科学の興味に目覚め、親戚をたよってベルリンに移り、熱心に自然科学を学ぶようになった。医学の学位を得た後、ベルリンに住み、医師となって、博物学の標本や文献を集めた。最初に書いた論文は動物の寄生虫に関するもので、コペンハーゲン科学アカデミーから賞を受けた。

博物学、比較解剖学、生理学の多くの分野で多くの論文を書き、各国の学会に加盟した。主著は『魚類の一般自然史』("Allgemeine Naturgeschichte der Fische")で1782年から出版され1795年まで12巻が刊行された。図版は科学的であるだけでなく美術的な価値のあるものだった。最初の3巻はドイツの魚類とその利用法について記述され、残りは当時知られていた世界の魚類を扱った。標本はインドなどへ赴いた宣教師、クリストフ・サミュエル=ジョン(Christoph Samuel John)らによって集められたものもある。最初の巻は自費で出版したが、その後、ベルリンの上流階級の人々から寄付を受けた。晩年は健康を損ない、療養先のカールスバートで死去した。

ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダーとともに、『110の画像付分類魚類学』("Systema ichthyologiae iconibus CX illustratum" )の刊行を始めたが完成することはなかった。ブロッホの標本はベルリン動物博物館(現在のフンボルト博物館)に収められ、博物館の最も古いコレクションでもあり、18世紀最大の魚類標本のコレクションである。

ニザダイ科Acanthurus blochiiなどに命名されている。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • Hans-Joachim Paepke: Bloch's fish collection in the Museum für Naturkunde der Humboldt-Universität zu Berlin – An illustrated catalog and historical account. A.R.G. Gantner Verlag KG, Czech Republic, 1999. ISBN 3-904144-16-2
  • Richard Lesser: Marcus Elieser Bloch. Das Leben eines ungewöhnlichen Mannes und geachteten Fischforschers, Verhandlungen der Gesellschaft für Ichthyologie, Band 2, S. 59 – 68, Verlag Natur & Wissenschaft, Solingen, 2001.
  • Richard Lesser: Dr. Marcus Elieser Bloch. Ein Jude begründet die moderne Ichthyologie. „Das achtzehnte Jahrhundert“, Zeitschrift der Deutschen Gesellschaft für die Erforschung des achtzehnten Jahrhunderts, Haskala. Die jüdische Aufklärung in Deutschland 1769-1812, Jahrgang 23, Heft 2, S. 238 – 246, Wallstein Verlag, Wolfenbüttel 1999.
  • Christine Karrer: Marcus Elieser Bloch (1723 – 1799, Sein Leben und die Geschichte seiner Fischsammlung, Sitzungsberichte der Gesellschaft Naturforschender Freunde zu Berlin (N.F.) 18 (1978) S. 129 – 149
  • F. Damaschun, S. Hackethal, H. Landsberg, R. Leinfelder (Hrsg.): "Klasse, Ordnung, Art - 200 Jahre Museum für Naturkunde", Basiliken-Presse im Verlag Natur und Text Brandenburg GmbH, 2010, S. 14. ISBN 978-3-941365-10-0