マルク・スレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マルク・スレール
Marc Surer 1982.jpg
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 同・アリスドルフ
生年月日 (1951-09-18) 1951年9月18日(69歳)
F1での経歴
活動時期 1979-1986
所属チーム '79,'81 エンサイン
'80 ATS
'81 セオドール
'82-'84,'86 アロウズ
'85 ブラバム
出走回数 88 (82スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 17
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1979年イタリアGP
最終戦 1986年ベルギーGP
テンプレートを表示

マルク・スレールMarc Surer, 1951年9月18日 - )は、スイス人の元レーシングドライバーである。F1には88戦にエントリーし、82回出走した。1981年ブラジルグランプリでファステストラップを記録した。日本では数種類の名前の表記があり、「マルク/マーク」「シュレール/スレール/シュラー/シュアー/ズレール/ズラー」などと表される。

F1以前[編集]

スレールは1970年代後半にヨーロッパF2選手権に参戦し、1977年に初ポイントを挙げると、1978年には未勝利ながらランキング2位を獲得。1979年には接戦を制しF2チャンピオンを獲得した。

F1[編集]

1979年F2シーズンの終了後、エンサインよりF1の終盤戦イタリアグランプリに初めてエントリーしたが、予選を通過することはできなかった。次戦カナダグランプリでも予選通過に失敗したが、最終戦アメリカグランプリで初めて予選を通過し、決勝に出走した。

1980年はATSよりフル参戦を果たすことになった。しかしキャラミサーキットでの南アフリカグランプリでクラッシュし負傷し、3戦を欠場した。フロントサスペンションのトラブルが原因とされる[1]

1981年はエンサインよりエントリーし、ブラジルグランプリで4位(ファステストラップを記録)、モナコグランプリで6位に入賞し4ポイントを獲得した。シーズン途中でセオドールに移籍した。

1982年は開幕前にキャラミで行われたテスト中に、リアサスペンションのトラブルによりクラッシュし序盤を欠場した[1]。第5戦ベルギーグランプリより参戦を開始し、以後1984年までアロウズにとどまった。

1985年はブラバムより参戦し5ポイントを挙げた。翌1986年、スレールはアロウズに復帰した。しかし、第6戦カナダグランプリの前に出場した、西ドイツで開催されたヘッセンラリーで大きなクラッシュを起こし、コ・ドライバーが死亡し自身は重傷を負った[2][1]。この事故を以てレーシングドライバーを引退した。

プライベート[編集]

スレールは、2人のプレイメイトとの結婚歴がある。ヨランダ(英語)(ドイツ語)(1986年-1993年)、クリスティーナ(英語)(1996年-2000年)の2名とも自動車レースを始め、それぞれフォーミュラカーやツーリングカーのレースに参戦している。

レース戦績[編集]

ヨーロッパ・フォーミュラ2選手権[編集]

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1976年 ホフマン・レーシング シェブロン・B35 BMW HOC THR VLL SAL PAU HOC ROU MUG PER EST NOG HOC
DNQ
NC 0
1977年 ホフマン・オート・テクニッキ マーチ・762 SIL
9
THR
7
HOC
Ret
NÜR VLL
7
PAU MUG
5
ROU
Ret
NOG
7
PER MIS EST 13位 5
マーチ・エンジニアリング マーチ・772P DON
4
1978年 Polifac BMW Junior Team マーチ・782 THR
2
HOC
2
NÜR
4
PAU
3
MUG
2
VLL
9
ROU
3
DON
3
NOG
2
PER
Ret
MIS
2
HOC
2
2位 51
1979年 マーチ・792 SIL
DNS
HOC
Ret
THR
9
NÜR
1
VLL
1
MUG
Ret
PAU
3
HOC
5
ZAN
3
PER
Ret
MIS
3
DON
2
1位 38
1981年 マルクス・ホルツ・レーシング マーチ・812 SIL HOC
Ret
THR
12
NÜR VLL MUG PAU PER SPA DON MIS MAN NC 0

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1979年 エンサイン N179 ARG BRA RSA USW ESP BEL MON FRA GBR GER AUT NED ITA
DNQ
CAN
DNQ
USA
Ret
NC
(33位)
0
1980年 ATS D3 ARG
Ret
BRA
7
NC
(22位)
0
D4 RSA
DNS
USW BEL MON FRA
Ret
GBR
Ret
GER
12
AUT
12
NED
10
ITA
Ret
CAN
DNQ
USA
8
1981年 エンサイン N180B USW
Ret
BRA
4
ARG
Ret
SMR
9
BEL
11
MON
6
ESP 16位 4
セオドール TY01 FRA
12
GBR
11
GER
14
AUT
Ret
NED
8
ITA
DNQ
CAN
9
CPL
Ret
1982年 アロウズ A4 RSA BRA USW SMR BEL
7
MON
9
DET
8
CAN
5
NED
10
GBR
Ret
FRA
13
GER
6
AUT
Ret
ITA
Ret
21位 3
A5 SUI
15
CPL
7
1983年 A6 BRA
6
USW
5
FRA
10
SMR
6
MON
Ret
BEL
11
DET
11
CAN
Ret
GBR
17
GER
7
AUT
Ret
NED
8
ITA
10
EUR
Ret
RSA
8
15位 4
1984年 BRA
7
RSA
9
BEL
8
FRA
Ret
MON
DNQ
CAN
Ret
DET
Ret
20位 1
A7 SMR
Ret
DAL
Ret
GBR
11
GER
Ret
AUT
6
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
Ret
POR
Ret
1985年 ブラバム BT54 BRA POR SMR MON CAN
15
DET
8
FRA
8
GBR
6
GER
Ret
AUT
6
NED
10
ITA
4
BEL
8
EUR
13
RSA
Ret
AUS
Ret
13位 5
1986年 アロウズ A8 BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
9
MON
9
BEL
9
CAN DET FRA GBR GER HUN AUT ITA POR MEX AUS NC
(26位)
0

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1978年 スイスの旗 アルトス フランキー ザウバー PP AG スイスの旗 オイゲン・シュトラール
スイスの旗 ハリー・ブルマー
ザウバー・C5 S
2.0
257 NC NC
1981年 スイスの旗 ウルト-ルブリフィルム チーム ザウバー オーストリアの旗 ディーター・クエスター
カナダの旗 デイビット・ディーコン
BMW・M1 Gr.5 207 DNF DNF
1982年 ドイツの旗 フォード・ワークス AG
ドイツの旗 ザクスピード
ドイツの旗 クラウス・ルートヴィッヒ
西ドイツの旗 マンフレッド・ヴィンケルホック
フォード・C100 C 67 DNF DNF

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「F1グランプリボーイズ」津川哲夫 三推社・講談社 1988年
  2. ^ 「Autocourse 1986-1987」Hamilton, Maurice (Editor) Hazleton Publishing, 1986, p120 ISBN 0-905138-44-9
先代:
ブルーノ・ジャコメリ
ヨーロッパF2チャンピオン
1979年
次代:
ブライアン・ヘントン