マルク・レイゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マルク・オシポヴィチ・レイゼン: Марк Осипович Рейзен、Mark Osipovich Reizen(Reisen、Reyzen)、1895年7月3日ユリウス暦6月21日) ザイツェヴォ - 1992年11月25日 モスクワ)はソビエト連邦オペラ歌手バス)。ボリショイ劇場ソリストソ連人民芸術家1937年授与)、スターリン賞受賞者。

概要[編集]

ロシア帝国エカテリノスラフ県ザイツェヴォ(現ウクライナドネツィク州)のユダヤ人家庭に生まれる。第一次世界大戦では武勲を立て、聖ゲオルギー十字勲章を授与されている。1917年から1918年にかけてハリコフ音楽院でフェデリコ・ブガメッリに声楽を学び、1921年ハリコフ歌劇場のソリストとなる。その後は、1925年から1930年までレニングラード・オペラ・バレエ劇場(マリインスキー劇場)、1930年から1954年までボリショイ劇場でソリストとして活躍した。ボリショイ劇場には晩年にも出演しており、1985年、90歳でチャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』グレーミン公爵を歌っている。

大祖国戦争中は、兵士のため前線において歌い、戦後(1945年 - 1946年)も東ヨーロッパ諸国に駐屯したソ連兵士のために演奏旅行を行っている。

1954年からグネーシン音楽大学で声楽教授を始め、1965年から1970年まではモスクワ音楽院で声楽科長を務めた。

オペラでの活躍のほか、ドイツ・リートやロシア・ロマンス、ソ連の大衆歌曲(イサーク・ドゥナエフスキードミトリー・ポクラッスティホン・フレンニコフなどの作品)も歌っている。

1992年、モスクワで没。

受賞[編集]

出演映画[編集]

  • 1951年:『大演奏会 Большой концерт』(フィルム・コンサート、DVD発売時のタイトルは『ボリショイ黄金期の芸術家たち』)
  • 1953年:『アレコ』(オペラ映画)
  • 1959年:『ホヴァーンシチナ』(オペラ映画)

オペラ録音[編集]

参考文献[編集]

  • MELODIYA A Soviet Russian L.P.Discography ISBN 0-313-22596-6
  • 日本・ロシア音楽家協会 編『ロシア音楽事典』(2006年 カワイ出版)ISBN 9784760950164