マルコス・ピッゼッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルコス・ピッゼッリ Football pictogram.svg
Marcos Pizzelli 2012.jpg
FCクバン・クラスノダールでのピッゼッリ (2012年)
名前
本名 マルコス・ピニェイロ・ピッゼッリ
Marcos Pinheiro Pizzelli
ラテン文字 Marcos Pizzelli
アルメニア語 Մարկոս Պինեյրո Պիզզելլի
基本情報
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1984-10-03) 1984年10月3日(33歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル ピラシカーバ
身長 182cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム サウジアラビアの旗 アル・シャバブ・リヤド
ポジション MF / FW
背番号 10
利き足 右足
ユース
2000-2005 ブラジルの旗 サン・カルロス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2008 アルメニアの旗 アララト・エレバン 78 (44)
2008-2009 フランスの旗 イシー (loan)
2009-2011 アルメニアの旗 ピュニク・エレバン 49 (31)
2011-2012 ウクライナの旗 メタルルフ・ドネツィク 18 (4)
2012-2013 ロシアの旗 クバン・クラスノダール 31 (8)
2013-2014 ロシアの旗 FCクラスノダール 6 (0)
2014 カザフスタンの旗 アクトベ (loan) 28 (8)
2015-2016 カザフスタンの旗 アクトベ 27 (5)
2016 サウジアラビアの旗 アル・ラーイド 13 (4)
2016-2017 アラブ首長国連邦の旗 アル・フジャイラ 0 (0)
2017 ギリシャの旗 クサンティ 10 (0)
2017- サウジアラビアの旗 アル・シャバブ 2 (2)
代表歴2
2008- アルメニアの旗 アルメニア 61 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月31日現在。
2. 2017年11月20日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコス・ピニェイロ・ピッゼッリラテン語: Marcos Pinheiro Pizzelli, アルメニア語: Մարկոս Պինեյրո Պիզզելլի, 1984年10月3日 - )は、ブラジルサンパウロ州ピラシカーバ出身のサッカー選手アルメニア代表サウジ・プロフェッショナルリーグアル・シャバブ・リヤド所属。ポジションはMFFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

アルメニア[編集]

アララト・エレバン

1984年にブラジルサンパウロ州ピラシカーバにて生まれ、2000年から2005年にサン・カルロスFC英語版の下部組織で育った。2006年にアルメニア・プレミアリーグ (アルメニア1部)のFCアララト・エレバンにスカウトされて移籍[1]したピッゼッリは、4月30日のウリセスFC戦でティグラン・イェサヤン英語版との交代によって58分から初出場、6月16日のウリセス戦で初得点を挙げ、以来、1年目は適応に焦点を当てていたこともあり、5得点に終わったが、翌2007年シーズンにはリーグ戦22得点、2008年シーズンは17得点を挙げ、2年連続で得点王に輝いた[2]。しかし、絶頂期の中、クラブの財務上の問題から[3]、2009年1月にフランスアマチュア選手権2 (フランス5部)のASAイシーへ期限付き移籍に出された[4]

ピュニク・エレバン

2009年夏に契約満了となったことにより、7月に自由移籍でFCピュニク・エレバンと長期契約をする[1]。ピュニク・エレバンでは、リーグとアルメニア・インデペンデンスカップ2冠を2シーズン連続で達成し、2010年シーズンはアルメニア・スーパーカップを獲得する等、多くのタイトルに恵まれ、また、自身は2010年シーズンにゲヴォルグ・ガザリャン英語版と共に16得点を挙げて3度目となる得点王を獲得している。なお、同シーズン第10節にはリーグ通算100試合目に到達した[2]。2011年シーズンに6得点を挙げた後、移籍した。

アルメニア外[編集]

メタルルフ・ドネツィク

2011年6月に同僚のガザリャンと共にウクライナ・プレミアリーグFCメタルルフ・ドネツィクへ移籍する[5]。メタルルフでは、FCチョルノモレツ・オデッサ戦で初得点を挙げて以来、18試合4得点とアルメニアリーグ時代と比較して振るわなかったが、これはヴォロディミル・ピャテンコ英語版監督が従来のセンターフォワードではなく、攻撃的MFのポジションにおいた事も一つの要因であった[3]

クバン・クラスノダール

アルメニア代表としてロシア戦でのプレーを偶然観戦していたロシア・プレミアリーグ (ロシア1部)のFCクバン・クラスノダールを率いるダン・ペトレスク監督によって見出され[6]、2012年1月13日に3年契約で移籍をした[7]。3月18日のFCルビン・カザン戦で初得点を挙げて勝利に貢献。5月には、2度目となるクラブの月間最優秀選手に選出された[8]

FCクラスノダール

2013年5月27日、クバン・クラスノダールと同じくクラスノダールを本拠地とするFCクラスノダールに2+1契約で移籍をする[9]。加入から半年後の2014年1月にカザフスタン・プレミアリーグ (カザフスタン1部)のFCアクトベへ期限付き移籍に出された[10]

アクトベ

2014年10月にFCクラスノダールからFCアクトベに完全移籍を果たす[11]

代表[編集]

2008年5月にアルメニアの国籍を取得する。28日のモルドバ代表との親善試合 (2-2)でアルメニア代表初出場及び初得点を記録[12]する成功を収めたが、同年は2試合の出場にとどまった。しかし、クラブでの活躍から注目を集め、2009年8月12日に再招集されてからは定期的に招集されるようになり、2010年10月8日のUEFA EURO 2012予選スロバキア戦でユーラ・モフシシャンの得点をアシスト、数日後のアンドラ戦 (4-0)で代表通算2得点目を挙げると、同予選では、ロシア戦 (1-3)、2度目のアンドラ戦 (3-0)、マケドニア戦 (4-1)でも得点を挙げた。

2012年2月29日にカナダ戦で2得点を記録した[13]

私生活[編集]

ブラジルで出会った獣医師と2008年に結婚しており[1]、結婚前に一緒にアルメニアへ渡っている[14]

生まれ故郷のポルトガル語以外にもアルメニア語英語で会話することが出来、ロシア語を学ぶ等、語学に堪能なピッゼッリは、ブラジルよりもアルメニアを身近に感じており、サッカー選手として成長させてくれたアルメニアに感謝を述べている[15]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[16]

所属クラブ シーズン リーグ 国内カップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アララト・エレバン 2006 アルメニア・プレミアリーグ 24 5 24 5
2007 26 22 3 2 2 2 31 26
2008 28 17 6 3 2 0 36 20
合計 78 44 9 5 4 2 91 51
イシー (loan) 2008-09 フランスアマチュア選手権2 -
ピュニク・エレバン 2009 アルメニア・プレミアリーグ 12 9 1 1 2 0 15 10
2010 26 16 4 3 2 0 32 19
2011 11 6 0 0 0 0 11 6
合計 49 31 5 4 4 0 58 35
メタルルフ・ドネツィク 2011-12 ウクライナ・プレミアリーグ 18 4 1 0 - 19 4
合計 18 4 1 0 - 19 4
クバン・クラスノダール 2011-12 ロシア・プレミアリーグ 10 3 0 0 - 10 3
2012-13 21 5 2 1 - 23 6
合計 31 8 2 1 - 33 9
FCクラスノダール 2013-14 ロシア・プレミアリーグ 6 0 2 2 - 8 2
合計 6 0 2 2 - 8 2
アクトベ 2014 カザフスタン・プレミアリーグ 28 8 1 0 5 0 34 8
2015 8 2 0 0 0 0 8 2
合計 36 10 1 0 5 0 42 10
キャリア通算成績 218 97 20 12 13 2 251 111

代表での成績[編集]

出典:[17]

アルメニア代表
出場 得点
2008 2 1
2009 3 0
2010 5 1
2011 8 3
2012 7 2
2013 9 0
2014 6 0
2015 1 0
Total 41 7

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FCアララト・エレバン

FCピュニク・エレバン

FCアクトベ

個人[編集]

脚注[編集]