マルコ・アセンシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアセンシオ第二姓(母方の)はウィレムセンです。
マルコ・アセンシオ Football pictogram.svg
Marco Asensio 2018.jpg
レアル・マドリードでのアセンシオ(2018年)
名前
本名 マルコ・アセンシオ・ウィレムセン
Marco Asensio Willemsen
ラテン文字 Marco Asensio
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
オランダの旗 オランダ
生年月日 (1996-01-21) 1996年1月21日(23歳)
出身地 パルマ・デ・マヨルカ
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション MF (WG、OMF、SMF)
背番号 20
利き足 左足
ユース
2006-2013 スペインの旗 マヨルカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014 スペインの旗 マヨルカB 14 (3)
2013-2014 スペインの旗 マヨルカ 37 (4)
2014- スペインの旗 レアル・マドリード 85 (10)
2014-2015 スペインの旗 マヨルカ (loan) 19 (3)
2015-2016 スペインの旗 エスパニョール (loan) 34 (4)
代表歴2
2012 スペインの旗 スペイン U-16 2 (0)
2014-2015 スペインの旗 スペイン U-19 12 (8)
2015- スペインの旗 スペイン U-21 18 (7)
2016- スペインの旗 スペイン 22 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月19日現在。
2. 2019年6月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・アセンシオ・ウィレムセンMarco Asensio Willemsen1996年1月21日 - )は、スペインパルマ・デ・マヨルカ出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラレアル・マドリード所属。ポジションはミッドフィールダースペイン代表

幼少期[編集]

マルコ・アセンシオは、スペイン・バイアレス諸島州マヨルカ島パルマでバスク人の父とオランダ人の母(2011年に他界)との間に生まれた。ファーストネームであるマルコは、マルコ・ファン・バステンのファンであった母親によってつけられた。

マヨルカ島最大の都市であるパルマ・デ・マヨルカから15km離れたノバマジョルカでプレーしていたところスカウトの目に止まり、地元のRCDマヨルカに入団[1]

クラブ経歴[編集]

RCDマヨルカ[編集]

2006年、RCDマヨルカの下部組織からキャリアが始まった。当時アセンシオの年齢で入るカテゴリーがなかったため、2歳年上の子供達に混じってプレーした。

幼少時から将来が嘱望されており、その頃からレアル・マドリードFCバルセロナも注目していたと言われている。17歳となった2013年10月のセグンダ・ディビシオンレクレアティボ・ウエルバ戦でトップチームデビュー。

レアル・マドリード[編集]

2014年12月、マヨルカ島出身のテニスプレイヤーであるラファエル・ナダルの進言もあり、スペインの強豪レアル・マドリードへ移籍[1]。移籍金は約350万ユーロ(当時のレートで約5億8000万円)と報じられている。

2014-15シーズンはレンタル移籍という形でそのままRCDマヨルカに残留した。2015年8月4日に行われたアウディカップ2015のトッテナム戦にて、67分にスペイン代表MFイスコとの交代でピッチに立ち、マドリードデビューを果たした。2015年8月20日、1年間のRCDエスパニョールへのレンタル移籍が発表された。

RCDエスパニョール[編集]

2015年9月19日に行われた第4節のレアル・ソシエダ戦でスタメンに抜擢されトップリーグのデビューを飾ると、22日に行われた第5節のバレンシアCF戦でも先発出場。そのうえ、いずれの試合でもゴールを演出し、チームの連勝に貢献した。

レアル・マドリード[編集]

2015-16シーズンでRCDエスパニョールとのレンタル移籍満了でレアル・マドリードへ復帰、プレーシーズンマッチにて存在感を示す。その活躍が認められて、UEFAスーパーカップセビージャFC戦にスタメンとして出場、前半21分にミドルシュートのスーパーゴールを決め、レアル・マドリードでの初ゴールを記録した。8月16日に入団セレモニーが行われ、その中で前年までヘセ・ロドリゲスが背負っていた20番を着用することが正式に発表された。

2016-17シーズンでは2016年10月18日、欧州CL第3節のとレギア・ワルシャワ戦でCLデビューを飾り、初得点をあげる活躍を見せた。2017年4月18日、欧州CL・準々決勝のバイエルン・ミュンヘン戦では2ndレグで得点をして勝利に貢献した。 2017年6月3日、欧州CL決勝のユヴェントスFC戦では途中出場からチームの4点目となるゴールを決め、史上初のCL連覇に貢献した。

2017年8月16日、スーペルコパ・デ・エスパーニャの第2戦で先発すると、FCバルセロナに得点を決めて優勝に貢献した[2]。2018年2月18日、レアル・ベティスとの試合でレアル・マドリードの通算6000得点目を記録した[3]

2018年9月29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリード戦で先発メンバーに名を連ね、フル出場。2016年8月9日のUEFAスーパーカップ、セビージャ戦でデビューしてから約2年2カ月で通算100試合出場を達成した。

2019年7月23日、アーセナルFCとのプレシーズンマッチで左膝に重傷を負い、2019-20シーズンのプレーが絶望的になったと報じられた[4]

代表経歴[編集]

2015年にギリシャで行われたU-19欧州選手権では、U-19スペイン代表の10番としてプレーし、準決勝のフランス戦では、試合終盤に立て続けて2ゴールを記録しスペインを決勝に導いた。決勝では、グループステージで敗れているロシアと対戦して2-0と勝利し、スペインのここ14年で7回目となる優勝に貢献した。

また母親がオランダ人ということでオランダ国籍も保有していることから、オランダ代表も招集を検討しているとも報じられていたが[5]、本人はスペイン代表入りを希望しており、UEFA EURO 2016の予備メンバーに選出され、親善試合のボスニア・ヘルツェゴビナ戦に出場した。この時点ではまだオランダ代表入りも可能であったが、2016年9月5日に行われた2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選の対リヒテンシュタイン戦で途中出場を果たし、スペイン代表の公式戦に出場したため、オランダ代表入りは消滅した。

U-21欧州選手権でのアセンシオ(2017年)

2017年6月、U-21欧州選手権のメンバーに選出。6月21日、初戦のU-21マケドニア戦ではハットトリックを決めて勝利に貢献した[6]。その後もU-21セルビア戦を除いてスターティングメンバーに選ばれた。大会での得点はマケドニア戦のみに終わったが、同郷のサウール・ニゲスに次ぐ得点ランキング2位タイ(ブルーマと同得点数)となった。

2018 FIFAワールドカップの参加メンバーに選ばれた。グループリーグ初戦のポルトガル戦ではプレー機会がなかったが、残り2試合はともに途中出場した。決勝トーナメントロシア戦はスターティングメンバーに選ばれたが、PK戦の末敗れた。

9月11日のUEFAネーションズリーグクロアチア戦で代表初ゴールを記録した。

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ 背番号 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
RCDマヨルカB 2013-14 テルセーラ 14 3 14 3
RCDマヨルカ 2013-14 セグンダ 38 20 1 0 0 20 1
2014-15 27 36 6 0 0 - - 36 6
通算 56 7 0 0 0 0 0 0 56 7
RCDエスパニョール 2015-16 プリメーラ 25 34 4 3 0 37 4
レアル・マドリード 2016-17 20 23 3 6 3 8 3 1 1 38 10
2017-18 32 6 5 2 12 1 4 2 53 11
2018-19 30 1 5 3 7 2 2 0 44 6
通算 85 10 16 8 27 6 7 3 135 27
通算 189 24 19 8 27 6 7 3 242 41

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 22試合 1得点 (2016年 - )


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2016 2 0
2017 6 0
2018 12 1
2019 2 0
通算 22 1

代表での得点[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2018年9月11日 スペインの旗エルチェ、マルティネス・バレーロ クロアチアの旗 クロアチア 2-0 6-0 UEFAネーションズリーグ2018-19

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レアル・マドリード

代表[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]