マルコ・マルティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・マルティン
ラリー・フィンランド2006会場にて
基本情報
国籍  エストニア
生年月日 (1975-11-10) 1975年11月10日(42歳)
WRCでの経歴
活動時期 1997年 - 2005年
所属チーム スバルフォードプジョー
出走回数 86
チャンピオン回数 0
優勝回数 5
表彰台回数 18
ステージ勝利数 101
通算獲得ポイント 207
初戦 1997 ラリー・フィンランド
初勝利 2003 アクロポリスラリー
最終勝利 2004 ラリー・カタルニア
最終戦 2005 ラリーGB
テンプレートを表示

マルコ・マルティンMarkko Märtin1975年11月10日- )はエストニア出身の元ラリードライバー。

下積み時代[編集]

1994年にラリーデビュー。世界ラリー選手権 (WRC) には1997年に中古のトヨタ・セリカST185で参戦を始め、1999年は序盤から中盤まで、スポンサーから得た資金で購入したフォード・エスコートWRCで走り続けた。

活動のターニングポイントとなったのは1999年の中盤。トヨタ・チーム・ヨーロッパ (TTE) とワークス契約を交わし、ワークススペックのトヨタ・カローラWRCを与えられる。しかし、トヨタが1999年一杯でWRCからの撤退を発表したため、翌年から再びプライベート参戦を余儀なくされる。

ワークス・チームへ移籍[編集]

2000年からは、イギリス人コ・ドライバー、マイケル・パークと組み、カローラWRCで引き続きWRC参戦を継続。その年の8月に、スバルとワークス契約を交わした。当初、同時期に契約を結んだペター・ソルベルグとのジョイントナンバー2扱いとみられたが、2001年シーズンが始まると、開幕戦のモンテカルロ以降一度もワークスノミネートされることはなく、フル参戦の契約にもかかわらずシーズン途中には欠場することもあった。結果的にソルベルグを優遇した扱いに不満を爆発させ、シーズン中にフル参戦を条件にフォードと契約を交わした。

2002年から、フォードのワークスチームに移籍。念願のフル参戦が叶い、その年のベストリザルトは、ソルベルグとの接戦の末に掴んだ最終戦のグレートブリテンでの2位だった。

フォードのWRC活動予算の削減で、コリン・マクレーカルロス・サインツらが去ると、2003年からフォードのエースを務める。前年のフル参戦でめきめきと頭角を表していたが、ライバルよりもパフォーマンスの劣るマシンが祟り序盤は低迷した。だが、スバルから移籍してきたクリスチャン・ロリオーが手がけたフォード・フォーカスWRC03を得ると、持てる速さを遺憾なく発揮。アクロポリスで待望の初優勝を飾ると、フィンランドではマーカス・グロンホルムとの死闘の末に勝利を掴み取った。この年の活躍により、ソルベルグやセバスチャン・ローブと並んでWRC若手御三家と称され、将来のチャンピオン候補と言われた。

2004年は、メキシコでの勝利以降コンスタントな結果を挙げていたが、シーズン中盤に入ると経営不振に陥ったフォード本社の影響で、来シーズン以降の参戦危惧が囁かれ始める。だが、マルティンはWRCの中でも特に厳しいラリーといわれるカタルニアツール・ド・コルスで見事勝利を挙げ、それによりフォード本社は2005年以降のWRC参戦を決断。フォードのワークスラリー活動継続に大きく貢献した。

アクシデントと引退[編集]

ラリー・キプロス2005にて

2005年からは、フランスの大メーカー、プジョーに移籍するが、前年から投入された307WRCの挙動に馴染めず苦戦。フィンランドから投入されたプログレッシブ・ダンパーがドライビングにマッチし3位に入るものの、フォード時代の速さは影を潜めてしまう。

その不調のなか、不幸な出来事が襲う。2005年9月18日ラリーGBレグ3、序盤のSSの左コーナーでクラッシュ。不運なことに、そのコーナー側にあった立ち木が助手席側にめりこむ形でマシンはストップ。この事故によって、全幅の信頼を置いていたコ・ドライバーのマイケル・パークが亡くなってしまう。この出来事によって、ラリーGB以降の参戦を見合わせ、その年の終盤、正式にWRC引退を表明した。ラリーGBでのアクシデントが原因かと囁かれたが、後のインタビューでWRCにおけるドライバーのコスト的負担や、運営がスポンサー寄りになりつつある風潮に嫌気がさし、30歳を区切りとして引退するつもりでいたと明かした。

引退後、ラリー界に関わることはないとコメントしていたが、2008年から再起を狙う古巣スバルに復帰し、インプレッサWRC2008の開発に携わる。スバルのWRC撤退後はフォードでフォーカスWRCとフィエスタS2000およびフィエスタWRCの開発に関与し、また2010年9月にはミニ・ジョン クーパー ワークス WRCのテストにも参加した。

一方で個人所有のラリーチームを結成し、エストニア・ラリー選手権に若手を送り込んでいる。母国の後輩オット・タナクのWRCへのステップアップを支援し、その後もタナクの個人マネージャーを務めている。自身は競技生活からは一切離れる予定であったが、近年ポルトガルやエストニアなどのWRCおよびインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ (IRC) 以外のラリーイベントにエントリーするようになった。

エピソード[編集]

  • 2003年のラリーGB開催地への移動でリチャード・バーンズの愛車に同乗中、バーンズが運転中に失神を起こし、助手席にいたマルティンの咄嗟の判断で事なきを得た。この時の具体的な状況を、彼は今でも公表することを拒否している。
  • 現役時代からマシン開発能力が高く、中でもタイヤの扱い方はライバルよりも群を抜いており、SS終了後の均一に磨耗した前後輪のタイヤは、彼の非凡な才能を物語っていた。