マルコ・ルッキネリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
マルコ・ルッキネリ
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1975 - 1986
チーム ホンダ, スズキ, ヤマハ, カジバ
レース数 75
チャンピオン 500cc - 1981
優勝回数 6
表彰台回数 19
ポールポジション回数 9
ファステストラップ回数 9
初グランプリ 1975 350cc ネイションズGP
初勝利 1980 500cc 西ドイツGP
最終勝利 1981 500cc フィンランドGP
最終グランプリ 1986 500cc ネイションズGP
テンプレートを表示

マルコ・ルッキネリ (Marco Lucchinelli, 1954年6月26日-) は、ボラーノ出身のイタリア人グランプリライダーである。ルッキネリは1981年シーズンFIMロードレース世界選手権・500cc世界チャンピオンを獲得した。"Lucchinelli"の姓に掛けて、「ラッキー(Lucky)」と呼ばれた。

略歴

1975年ラベルダ耐久レースに参加してロードレースのキャリアを開始した。ライディングがヤマハのファクトリーチームの目に留まり、イタリア国内選手権にスポンサー付きで参戦することができるようになった。また1975年のネイションズグランプリ(イタリア)の350ccクラスにも参戦することができた。

1976年、500ccクラスにスズキから参戦し、選手権ランキング4位を獲得した。この年、2位を2回と3位、4位を各1回獲得した。その激しいライディングから「クレイジーホース」のあだ名を付けられ多くのファンを楽しませたが、何度も転倒した。1977年はヤマハに乗って500ccのランキング11位に後退した。

1978年にスズキに復帰し、1980年ニュルブルクリンクで開催された西ドイツグランプリで初勝利を挙げた。このシーズンケニー・ロバーツランディ・マモラに次ぐ年間ランキング3位を獲得した。

1981年はベストシーズンとなった。ロベルト・ガリーナのチームのスズキに乗り5勝を挙げ、ランディ・マモラを下して最終戦で500ccの世界チャンピオンを獲得した。1982年にはホンダに移籍し、新たに設計された3気筒のNS500で、フレディ・スペンサー片山敬済とともに参戦した。精彩を欠くシーズンを送ったが、皮肉にも前年ルッキネリがタイトルを獲得したガリーナ・スズキでフランコ・ウンチーニがチャンピオンを獲得した。

1983年にもホンダで不本意なシーズンを過ごした。カジバ1984年1985年のシーズンを過ごし、グランプリから引退した。1986年には4輪レースに挑戦し、ローラコスワースF3000のイタリアラウンドに出場した。1987年にはデイトナのバトル・オブ・ザ・ツインにドゥカティ・851で勝利を収め、1988年にはドゥカティからスーパーバイク世界選手権に参戦し、2勝を挙げた。このシーズン終了後ドゥカティのチームマネージャーに転身した。

彼の特徴として、レーシングスーツの下にワイシャツを着込み、首にバンダナを巻くファッションはイタリアの伊達男という雰囲気であった。

引退後、ユーロスポーツのテレビ解説者を務めた。

今日は何の日(9月21日

もっと見る