マルコ・ルベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルベン第二姓(母方の)はロドリゲスです。
マルコ・ルベン Football pictogram.svg
Marco Ruben 2012.jpg
2012年のルベン
名前
本名 マルコ・ガストン・ルベン・ロドリゲス
Marco Gastón Ruben Rodríguez
ラテン文字 Marco RUBEN
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1986-10-26) 1986年10月26日(31歳)
出身地 カピタン・ベルムデススペイン語版
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 CAロサリオ・セントラル
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 77 (20)
2007 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 28 (7)
2008-2012 スペインの旗 ビジャレアル 65 (14)
2008-2009 スペインの旗 レクレアティーボ (loan) 43 (7)
2009-2010 スペインの旗 ビジャレアルB 31 (17)
2012-2015 ウクライナの旗 ディナモ・キエフ 11 (1)
2013-2014 フランスの旗 エヴィアン (loan) 29 (1)
2014 メキシコの旗 ティグレス (loan) 10 (0)
2015 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル (loan) 30 (21)
2016- アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 16 (9)
代表歴2
2011- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月2日現在。
2. 2011年6月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・ガストン・ルベン・ロドリゲスMarco Gastón Ruben Rodríguez, 1986年10月26日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州出身のサッカー選手。ポジションはフォワードCAロサリオ・セントラルに所属。

経歴[編集]

クラブ[編集]

2004年にCAロサリオ・セントラルでデビューした。2006年のアペルトゥーラにおいて17試合で7得点し、クラブ内得点王になった。2007年、750万ドルの移籍金でCAリーベル・プレートに移籍した。2008年1月、スペインのビジャレアルCFに移籍金700万ドルで移籍し、すぐさまレクレアティーボ・ウェルバレンタル移籍した。レクレアティーボでは4得点し、チームの残留に貢献した。2008-09シーズンも引き続きレクレアティーボにレンタルされたが、29試合出場3得点に終わり、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)に降格した。2009-10シーズンはビジャレアルCF Bに登録され、セグンダ・ディビシオンでプレーすることになった。開幕戦から5試合連続ゴールを決めるなど前半戦だけで9得点をあげて、チームの立役者となった。

2010年1月中旬にイングランド・プレミアリーグウィガン・アスレティックFCに移籍することでクラブ間合意がなされたが[1]、1月30日になって移籍は取りやめられた。2月7日、ビジャレアルCFに移籍してから2年以上が経ってようやくトップチームのリーグ戦に出場する機会が訪れ、フアン・カルロス・ガリード監督の初采配となったRCDマヨルカ戦 (0-1) に6分間出場した。2011年1月9日、レギュラーのニウマールが負傷したことからレアル・マドリード戦 (2-4) に先発出場し、トップチームでの初得点を決めた[2]

2012年7月、ビジャレアルの降格に伴い、ウクライナ・プレミアリーグFCディナモ・キエフに5年契約で移籍[3]。2013-14シーズンはリーグ・アンエヴィアン・トノン・ガイヤールFCにレンタル移籍し[4]、翌シーズンはリーガMXUANLティグレスにレンタルで加入することが決まった[5]

2015年より古巣のCAロサリオ・セントラルへクリスティアン・ビジャグラと共に復帰。開幕から前半27試合で20ゴールを決め、リーグ得点王(2015年10月3日時点)を独走し、チームの上位進出に貢献した。リーグとは別にコパ・アルヘンティーナでも2得点をマークしている(9月23日現在)。また2015年シーズンのリーグで一番活躍しており、今季の活躍により代表レベルといわれているが、2016年シーズンについても、ヨーロッパへ復帰することなく、小さいころからファンであるロサリオ・セントラルでプレーを続行すること希望している[要出典]

代表[編集]

2008年夏に開催された北京オリンピックにおける代表招集に際して、本来の代表選手であるリオネル・メッシの招集が危ぶまれた時に、その代役としてルベンの北京行きが検討された[6]グアテマラとのプレマッチでは得点も挙げたが、結局本大会のメンバーには選ばれなかった。

2011年6月5日のポーランドとの親善試合でA代表デビューを果たし、代表初得点も挙げた。

脚注[編集]

  1. ^ Marco Ruben set to complete Wigan move from VillarrealBBC Sport、2010年1月26日
  2. ^ マドリー、苦しみながらもC・ロナウド3発で逆転勝利”. Goal.com (2011年1月10日). 2011年3月6日閲覧。
  3. ^ ルベンがディナモへ移籍”. UEFA.com (2012年7月14日). 2012年7月17日閲覧。
  4. ^ Marco Ruben qualifié ! エヴィアン・トノン・ガイヤールFC公式ウェブサイト 2013年8月23日付
  5. ^ Marco Ruben puede cerrar la puerta de Tigres a Perbet マルカ 2014年6月18日付
  6. ^ メッシ五輪の道開けるも…バルサ提訴へ”. スポニチ (2008年7月31日). 2009年7月17日閲覧。