マルセル・ベルナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルセル・ベルナール
Marcel Bernard
Tennis pictogram.svg
Marcel Bernard en 1934.jpg
マルセル・ベルナール
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ラ・マドレーヌ
生年月日 (1914-05-18) 1914年5月18日
没年月日 (1994-04-29) 1994年4月29日(79歳没)
死没地 同・パリ
利き手
バックハンド 片手打ち
4大大会最高成績・シングルス
全仏 優勝(1946)
全英 3回戦(1934・37)
全米 3回戦(1932)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 優勝(1936・46)
全英 ベスト8(1935)
優勝回数 2(仏2)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1935・36)
優勝回数 2(仏2)
テンプレート  プロジェクト テニス

マルセル・ベルナールMarcel Bernard, 1914年5月18日 - 1994年4月29日)は、フランスラ・マドレーヌ市出身の男子テニス選手。1946年全仏選手権男子シングルス優勝者で、第2次世界大戦終戦後の全仏選手権で最初の優勝者になった人である。ベルナールは戦前の全仏選手権でも、1935年1936年に混合ダブルス2連覇があり、1936年に男子ダブルス・混合ダブルスの2部門制覇を達成した。彼は第2次世界大戦をはさんで、1931年から1956年まで26年間の長い選手生活を送り、男子テニス国別対抗戦・デビスカップフランス代表選手としても長く活動した。左利きの選手。

来歴[編集]

ベルナールは1931年、17歳の時から全仏選手権に出場し始めた。2度目の出場となった1932年、彼は初めてシングルスの準決勝に勝ち進んだ。準決勝ではアンリ・コシェに敗れたが、その勝ち上がりの過程では、4回戦で日本佐藤次郎を破った勝利がある。1935年からデビスカップのフランス代表選手になり、同年の全仏選手権で混合ダブルス初優勝を果たす。最初のパートナーは、スイスのロレット・パヨーであった。翌1936年全仏選手権で、ベルナールは男子ダブルス・混合ダブルスの2部門制覇を達成し、シングルスで4年ぶり2度目の準決勝に進出した。男子ダブルスでは、かつてのフランス「四銃士」のひとりであったジャン・ボロトラとペアを組み、決勝でイギリスペアのレイモンド・タッキー&ジョージ・ヒューズ組を 6-2, 3-6, 9-7, 6-1 で退けた。2度目の混合ダブルスではビリー・ヨーク(イギリス)と組み、この部門で2連覇を成し遂げた。

ベルナールの戦前の全仏選手権シングルス成績は、1932年1936年の2度のベスト4が最高であるが、1933年1935年のベスト8もあった。1932年の4回戦で佐藤次郎を破った試合のほかに、1933年の3回戦では布井良助、1935年の2回戦では西村秀雄に勝ったこともあり、3度日本のトップ選手たちと対戦した。全仏選手権以外のテニス4大大会では、ウィンブルドン選手権1935年1937年全米選手権は新人だった頃の1931年1932年と、それぞれ2度ずつの出場記録を残しているが、彼の海外試合出場は戦前の4度だけである。しかし、彼のテニス経歴は全仏選手権・デビスカップとも1937年に中断した。1939年第2次世界大戦開戦よりも2年早かったが、戦時中の彼の様子はあまり伝えられていない。

1945年に第2次世界大戦が終結し、1946年からテニス4大大会も開催が再開された。マルセル・ベルナールは9年のブランクを経て、32歳という年齢で全仏選手権に復帰する。彼自身はイボン・ペトラとのダブルスのみに出場する予定で、シングルスに出るつもりはなかったというが、周囲の説得でシングルス出場を決めた。終戦後最初の全仏選手権で、ベルナールは男子シングルス・男子ダブルスの2冠獲得を成し遂げた。初進出のシングルス決勝では、チェコスロバキアヤロスラフ・ドロブニーに 3-6, 2-6, 6-1, 6-4, 6-3 の逆転勝利を収めた。ペトラとの男子ダブルスでは、エンリケ・モレア(アルゼンチン)&パンチョ・セグラ(エクアドル)組に 7-5, 6-3, 0-6, 1-6, 10-8 で競り勝ち、ベルナールは男子ダブルスで1936年以来10年ぶり2度目の優勝を果たした。ベルナール以後、1983年全仏オープンヤニック・ノアが優勝するまで、37年間フランス人の男子シングルス優勝者は現れなかった。終戦によりデビスカップも再開され、ベルナールは9年ぶりにフランス代表復帰を果たす。この年、彼は当時の男子テニス世界ランキングで「5位」に入った。

ベルナールは全仏選手権で単複優勝した後も、10年間テニス界にとどまり、42歳を迎える1956年まで現役を続行した。彼はキャリアを通じてダブルスに優れ、デビスカップでもシングルス通算「13勝8敗」に対して、ダブルスでは「16勝5敗」の成績を挙げ、デ杯通算「29勝13敗」の成績を残した。1968年に「フランス・ローンテニス連盟」の会長になり、当地のテニス界の組織運営に携わった。フランスのテニスの歴史に大きな足跡を残したマルセル・ベルナールは、80歳の誕生日を迎える1ヶ月前の1994年4月29日に亡くなった。

全仏選手権の成績[編集]

  • 男子シングルス:1勝(1946年)
  • 男子ダブルス:2勝(1936年・1946年)
  • 混合ダブルス:2勝(1935年&1936年)

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3
  • 日本テニス協会発行『テニス・プレーヤーズ・ガイド』 2006年版(179・180ページより、佐藤次郎・西村秀雄・布井良助の4大大会成績表を参照)