マルチェロ・マストロヤンニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Marcello Mastroianni
マルチェロ・マストロヤンニ
マルチェロ・マストロヤンニ
 1991年
本名 Marcello Vincenzo Domenico Mastroianni
生年月日 (1924-09-28) 1924年9月28日
没年月日 (1996-12-19) 1996年12月19日(72歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 フォンターナ・リーリ
死没地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 イタリア
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1945年-1996年
活動内容  映画
配偶者  あり
著名な家族 キアラ・マストロヤンニ(娘)
主な作品
映画
甘い生活
8 1/2
プレタポルテ』  
テンプレートを表示

マルチェロ・ヴィンチェンツォ・ドメニコ・マストロヤンニMarcello Vincenzo Domenico Mastroianni, 1924年9月28日 - 1996年12月19日)は、20世紀イタリアを代表する映画俳優

プロフィール[編集]

1924年9月28日にイタリア中部の町、フォンターナ・リーリの家具職人の家に生まれたマストロヤンニは、イタリアの首都ローマと北部の工業都市トリノで育ち、その後徴兵されて第二次世界大戦イタリア軍の兵士として参戦した。

1943年9月8日にイタリアが連合国軍に降伏し、その後、イタリア北部がドイツ軍の占領下に入るとドイツ軍の捕虜収容所に入れられたものの、からくも脱出し、その後1945年までの間イタリア北部のヴェネツィアにいた。

第二次世界大戦が終結した1945年に演劇の世界に入り、ローマで映画の制作スタッフとして働くとともに、ローマ大学の演劇センターで俳優のレッスンを受け始める。その後イタリアを代表する巨匠、ルキノ・ヴィスコンティ監督に才能を認められ、1947年にイタリアで公開された『レ・ミゼラブル』(原題:『I Miserabili』)で俳優としてのキャリアをスタートさせる。

ああ結婚(1962年)
フェデリコ・フェリーニとともに

その後は『バストで勝負』(1955年)や『女と男』(1957年)、 ルキノ・ヴィスコンティ監督の『白夜』(1957年)などに出演し、1959年に公開されたフェデリコ・フェリーニ監督の名作『甘い生活』(原題:『La Dolce vita』)で、ローマの上流階級を舞台に退廃的な生活を送るゴシップ記者を演じ、世界的な名声を得る。

その後もフェリーニ作品に頻繁に出演し、『8 1/2』(1963年)や『女の都』(1980年)、ローマにある巨大な映画撮影所「チネチッタ」のオープン50周年記念作品の『インテルビスタ』(1987年)など、多くの名作を残した。

また、イタリア女性らしさを演じている女優ソフィア・ローレンとの共演も多く、前述の『バストで勝負』やヴィットリオ・デ・シーカ監督のコメディ『昨日・今日・明日』[1]、『ひまわり』(1970年)、ロバート・アルトマン監督の『プレタポルテ』(1994年)など多くの映画で共演し名コンビぶりを発揮していた。

晩年の70代に至るまでイタリア映画を中心に出演を続けたが、前述の『プレタポルテ』などのアメリカ映画への出演や、日本化粧品メーカーのテレビコマーシャルなどにも出演している。

1996年12月19日フランスパリの自宅ですい臓ガンで死去した。72歳没。葬儀はローマの教会国葬扱いで行われ、多くの共演者やファンが世界中から駆けつけた。

遺作は、ポルトガルの巨匠、マノエル・デ・オリヴェイラ監督の『世界の始まりへの旅』(1997年)。遺著(日本語版)に、アンナ・マリア・タトー聞き書きの『マストロヤンニ自伝 わが映画人生を語る』(押場靖志訳、小学館、2002年)がある。

受賞歴[編集]

ヴェネツィア国際映画祭(1990年)

『甘い生活』の新聞記者役に代表されるような、典型的な「イタリア人プレイボーイ」的な役を演じさせたら右に出るものはいないと言われたものの、二枚目ながら三枚目的な雰囲気を漂わせた、人間味溢れる演技が光る性格俳優としても評価が高く、『イタリア式離婚狂想曲』(1963年)で初のアカデミー主演男優賞にノミネートされ、その後も『特別な一日』(1978年)で同じく主演男優賞にノミネートされた。容姿の美しさを武器にし難くなってきた老境にかけても、こうした幅の広い持ち味で第一線で活躍。いっそうの円熟味を漂わせている。

『黒い瞳』(1988年)では同賞とカンヌ国際映画祭主演男優賞の両方にノミネートされ、アカデミー賞は逃したものの『ジェラシー』(1970年)に次いで2度目のカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞した。他にもゴールデングローブ賞各賞を2回、ヴェネツィア国際映画祭男優賞を1回受賞している。1980年代前半、市川崑[2]監督、市川森一[3]脚本によるオール外国人キャスト、オール欧州ロケによるコメディ日本映画の主演予定が報道されたが、実現には至らなかった。

私生活[編集]

若い頃からアニタ・エクバーグソフィア・ローレンフェイ・ダナウェイ[4]カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの女優などと浮名を流したが、結婚は生涯で1度、1948年にイタリア人女優のフローラ・カラベッラとのみであった。しかし後年マストロヤンニはマスコミのインタビューで、「本当に自分が心底愛した女はエクバーグとドヌーブの2人だけだった」と語った。

妻のフローラとの間に一女をもうけたほか、長年の愛人でフランス人女優のカトリーヌ・ドヌーヴ[5]との間にも一女(女優のキアラ・マストロヤンニ)をもうけている。なお、『プレタポルテ』(1994年)など複数の作品でキアラと共演を行った上、ドヌーブとキアラの母子は晩年のマストロヤンニの看護も行い、臨終にも立会っている。

フィルモグラフィ[編集]

生涯で約170作に出演し、その多くがルキノ・ヴィスコンティ、ヴィットリオ・デ・シーカ、フェデリコ・フェリーニ、ミケランジェロ・アントニオーニニキータ・ミハルコフ、テオ・アンゲロプロス、エットーレ・スコラジュゼッペ・トルナトーレなどの名監督による作品である。また、長年の俳優活動において「低迷期」と評される期間がまったくないという、映画スターとして稀有な存在であった。

  • I miserabili (1948年)
  • Domenica d'agosto (1949年)
  • Cuori sul mare (1949年)
  • Vita da cani (1950年)
  • Contro la legge (1950年)
  • Atto d'accusa (1950年)
  • Parigi è sempre Parigi (1951年)
  • Cinque mamme ed una culla - Passaporto per l'oriente (1951年)
  • Sensualità (1951年)
  • L'eterna catena (1951年)
  • Viale della speranza (1952年)
  • Tragico ritorno (1952年)
  • Penne nere (1952年)
  • Le ragazze di Piazza di Spagna (1952年)
  • Non è mai troppo tardi (1953年)
  • Gli eroi della domenica (1953年)
  • Lulù (1953年)
  • Febbre di vivere (1953年)
  • 恋愛時代 Giorni d'amore (1954年)
  • La principessa delle Canarie (1954年)
  • Cronache di poveri amanti (1954年)
  • Schiava del peccato (1954年)
  • こんなに悪い女とは Peccato che sia una canaglia (1954年)
  • Tempi nostri - Zibaldone N.2 (1954年)
  • Tam tam Mayumbe (1955年)
  • Il bigamo by Luciano Emmer (1955年)
  • バストで勝負 La bella mugnaia (1955年)
  • La fortuna di essere donna (1956年)
  • Il momento più bello (1956年)
  • Il medico e lo steegone (1957年)
  • 白夜 Le notti bianche (1957年)
  • Padri e figli (1957年)
  • 女と男 Mädchen und Männer (1957年)
  • Un ettaro di cielo (1957年)
  • Amore e guai (1958年)
  • I soliti ignoti (1958年)
  • みんなが恋してる Tutti innamorati (1958年)
  • 夏物語 Racconti d'estate (1958年)
  • Ferdinando I, re di Napoli (1959年)
  • Il nemico di mia moglie - Il marito bello (1959年)
  • La Legge (1959年)
  • Adua e le compagne (1960年)
  • 甘い生活 La Dolce Vita (1960年)
  • 汚れなき抱擁 Il bell'Antonio (1960年)
  • L'assassino (1960年)
  • La notte (1960年)
  • 私生活 Vita privata (1961年)
  • Fantasmi a Roma (1961年)
  • イタリア式離婚狂想曲 Divorzio all'italiana (1962年)
  • 家族日誌 Cronaca familiare (1962年)
  • 8 1/2 Otto e mezzo (1963年)
  • 明日に生きる I compagni (1963年)
  • 昨日・今日・明日 Ieri, oggi, domani (1963年)
  • あゝ結婚 Matrimonio all'italiana (1964年)
  • Oggi, domani e dopodomani; episodie L'uomo dei cinque palloni (1965年)
  • Io, io, io... e gli altri (1965年)
  • 華麗なる殺人 La decima vittima (1965年)
  • カサノヴァ'70 Casanova 70 (1965年)
  • Break-up (1965年)
  • 悪のシンフォニー The Poppy Is Also a Flower (1966年)
  • 夢みるアルベルト Spara forte, più forte... non capisco! (1966年)
  • 異邦人 Lo straniero (1967年)
  • 女と男と金 (1968年)
  • 恋人たちの場所 Amanti (1968年)
  • Diamanti a colazione (1968年)
  • ひまわり I Girasoli (1969年)
  • Scipione detto anche l'africano (1970年)
  • 最後の栄光(劇場未公開・テレビ放映時題名) Leo The Last (1970年)
  • ジェラシー Dramma della gelosia - tutti i particolari in cronaca (1970年)
  • Giochi particolari (1971年)
  • Permette? Rocco Papaleo (1971年)
  • 結婚宣言 La moglie del prete (1971年)
  • ...Correva l'anno di grazia 1870 (1971年)
  • 哀しみの終るとき Ça n'arrive qu'aux autres (1971年)
  • ひきしお La cagna (1972年)
  • ポランスキーの 欲望の館 What? (1972年)
  • 裂けた鉤十字 ローマの最も長い一日 Rappresaglia (1973年) - 別題 : 裂けた鉤十字 ローマの虐殺
  • ダーティウィークエンド Mordi e fuggi (1973年)
  • モン・パリ L'Événement le plus important depuis que l'homme a marché sur la lune (1973年)
  • アロンサンファン 気高い兄弟 Allonsanfan (1973年)
  • 最後の晩餐 La Grande Bouffe (1973年)
  • Non toccare la donna bianca (1974年)
  • ガンモール おかしなギャングと可愛い女 La pupa del gangster (1974年)
  • あんなに愛しあったのに C'eravamo tanto amati (1974年)
  • Per le antiche scale (1975年)
  • Salut l'artiste (1975年)
  • La donna della domenica (1975年)
  • Todo modo (1975年)
  • 悦楽の闇 Divina creatura (1975年)
  • Signore e signori, buonanotte (1976年)
  • Culastrisce nobile veneziano (1976年)
  • Mogliamante (1977年)
  • 特別な一日 Una giornata particolare (1977年)
  • Doppio delitto (1977年)
  • L'ingorgo - Una storia impossibile (1978年)
  • Ciao maschio (1978年)
  • 今のままでいて Così come sei (1978年)
  • Fatto di sangue fra due uomini per causa di una vedova, si sospettano moventi politici (1978年)
  • Giallo napoletano (1979年)
  • 女の都 La città delle donne (1980年)
  • La terrazza (1980年)
  • Fantasma d'amore (1981年)
  • La pelle (1981年)
  • Oltre la porta (1982年)
  • That Night in Varennes (1982年)
  • Gabriela (1982年)
  • ピエラ 愛の遍歴 Storia di Piera (1983年)
  • L'armata ritorna (1983年)
  • エンリコ四世 - Enrico IV (1984年)
  • Le due vite di Mattia Pascal (1985年)
  • ジンジャーとフレッド Ginger and Fred (1985年)
  • マカロニ Maccheroni (1985年)
  • I soliti ignoti vent'anni dopo (1985年)
  • 蜂の旅人 Melissokomos (1986年)
  • 黒い瞳 Oci ciornie (1987年)
  • ミス・アリゾナ Miss Arizona (1987年)
  • インテルビスタ - Intervista (1987年)
  • スプレンドール Splendor (1989年)
  • BARに灯ともる頃 Che ora è? (1989年)
  • アフタヌーンティーはベッドで Cin Cin (1990年)
  • みんな元気 Stanno tutti bene (1990年)
  • 黄昏に瞳やさしく Verso sera (1990年)
  • Le voleur d'enfants (1990年)
  • こうのとり、たちずさんで The Suspended Step of the Stork (1991年)
  • Di questo non si parla (1992年)
  • 迷子の大人たち Used People (1992年)
  • Uno, due, tre, stella! (1993年)
  • プレタポルテ Prêt-à-Porter (1994年)
  • 百一夜 Les Cent et une nuits de Simon Cinéma (1995年)
  • 愛のめぐりあい Beyond the Clouds (1995年)
  • Sostiene Pereira (1995年)
  • Tre vite e una sola morte (1996年)
  • 世界の始まりへの旅 Viaggio al principio del mondo (1997年)

受賞歴[編集]

部門 作品 結果
ナストロ・ダルジェント賞 1955年 主演男優賞 Giorni d'amore 受賞
1957年 主演男優賞 La fortuna di essere donna ノミネート
1958年 主演男優賞 白夜 受賞
1959年 助演男優賞 『夏物語』 ノミネート
1961年 主演男優賞 甘い生活 受賞
1962年 主演男優賞 イタリア式離婚狂想曲 受賞
1963年 主演男優賞 家族日誌 ノミネート
1964年 主演男優賞 8 1/2 ノミネート
1965年 主演男優賞 ああ結婚 ノミネート
1966年 主演男優賞 華麗なる殺人 ノミネート
1971年 主演男優賞 『ジェラシー』 ノミネート
1983年 主演男優賞 Il mondo nuovo ノミネート
1986年 主演男優賞 『ジンジャーとフレッド』 受賞
1988年 主演男優賞 『黒い瞳』 受賞
1991年 主演男優賞 『黄昏に瞳やさしく』 受賞
1996年 主演男優賞 Sostiene Pereira ノミネート
1997年 特別賞 - 受賞
アカデミー賞 1962年 主演男優賞 『イタリア式離婚狂想曲』 ノミネート
1977年 主演男優賞 特別な一日 ノミネート
1987年 主演男優賞 『黒い瞳』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 1962年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『イタリア式離婚狂想曲』 受賞
1964年 ヘンリエッタ賞 - 受賞
1964年 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『ああ結婚』 ノミネート
1977年 主演男優賞 (ドラマ部門) 『特別な一日』 ノミネート
1992年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 迷子の大人たち ノミネート
英国アカデミー賞 1963年 外国男優賞 『イタリア式離婚狂想曲』 受賞
1964年 外国男優賞 昨日・今日・明日 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 1964年 主演男優賞 『昨日・今日・明日』 受賞
1965年 主演男優賞 『ああ結婚』 受賞
1983年 主演男優賞 Il mondo nuovo ノミネート
1983年 功労賞 - 受賞
1986年 主演男優賞 『ジンジャーとフレッド』 受賞
1988年 主演男優賞 『黒い瞳』 受賞
1995年 主演男優賞 Sostiene Pereira 受賞
1997年 功労賞 - 受賞
サン・セバスティアン国際映画祭 1965年 男優賞 『カサノヴァ'70』 受賞
カンヌ国際映画祭 1970年 男優賞 『ジェラシー』 受賞
1987年 男優賞 『黒い瞳』 受賞
イタリア・ゴールデングローブ賞イタリア語版 1976年 主演男優賞 La donna della domenica
Per le antiche scale
Todo modo
受賞
1978年 主演男優賞 『特別な一日』 受賞
1984年 主演男優賞 『エンリコ四世』 受賞
1986年 主演男優賞 『ジンジャーとフレッド』
マカロニ
受賞
1991年 主演男優賞 『黄昏に瞳やさしく』 受賞
ヴェネツィア国際映画祭 1989年 男優賞 BARに灯ともる頃 受賞
1990年 栄誉金獅子賞 - 受賞
1993年 助演男優賞 Uno、due、tre、stella! 受賞
ヨーロッパ映画賞 1989年 生涯貢献賞 - 受賞
セザール賞 1993年 名誉賞 - 受賞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NY Times: Yesterday, Today and Tomorrow”. 2020年4月4日閲覧。
  2. ^ テレビ時代劇「木枯し紋次郎」が代表作である
  3. ^ 「傷だらけの天使」の脚本家
  4. ^ 「俺たちに明日はない」などに出演した
  5. ^ 「暗くなるまでこの恋を」など多数の映画に出演した