マルチチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マルチチャンネルとは、記録再生放送方法のひとつ。1つの記録・放送で複数のチャンネルを再生・受信できる。音声の場合は、サラウンドがそのひとつ。デジタル放送の場合は、1つの放送でA・B・Cチャンネルと3つのチャンネルが受信できるものがある。

日本のデジタルテレビ放送の事例[編集]

日本デジタルテレビ放送地デジBS)においては、1つの物理チャンネルハイビジョン1チャンネル分または、標準画質複数チャンネル分の周波数領域を確保しており、標準画質放送では同時に最大3つの異なる番組を編成することができる[1]。なお、マルチ放送開始直前と終了直後には画質切り替えにより画面の乱れが一瞬生じるため、普段、マルチ編成が行われない放送局ではその旨がテロップ等で挿入することがある。

マルチ放送実施の場合、NHKプロ野球中継などを例に挙げると、本放送終了5分前からテロップや実況アナウンサーによる告知が行われる。主チャンネルでの放送が終わり、マルチチャンネル放送が開始し、副チャンネルでプロ野球中継を続行。主チャンネルでは副チャンネルへの切り替え方法のお知らせを約1分間放送し、次番組を開始する。なお、副チャンネルでの放送が終了した後も画質切り替え時の画面の乱れを考慮し編成上では本放送の番組終了まで続けられるが、その間は「この時間帯は○○チャンネル(本放送)をご覧ください」等と表示するか、埋め合わせの映像(フィラー)を流し、主チャンネルへの視聴を誘導している。

現行ではNHK総合テレビジョン(以下、NHK総合)、NHK教育テレビジョン(以下、Eテレ)、NHK BS1(以下、BS1)、BS日本(以下、BS日テレ)、放送大学東京メトロポリタンテレビジョン(以下、TOKYO MX)、三重テレビサンテレビジョンケーブルテレビの自主放送が率先的に取り組んでいる。その他民放はマルチチャンネル分のスポンサー確保や視聴率などの問題があるため、ごく一部に限られている。

チャンネルの切換方法[編集]

  • 電子番組ガイド(EPG)
  • リモコンなどの上下キー
  • リモコンのテンキー(10キー)による3桁数字入力
  • リモコンの色ボタン(特にWOWOW
  • ※放送では主にチャンネルの切換が簡便である1-3の項目についての説明がなされている。

主な事例[編集]

地上波[編集]

  • NHK総合では主にNHKプロ野球などスポーツ中継(2018年までは高校野球除く[2])とニュースなどの定時番組で時間帯が重なる場合に採用している。
  • Eテレでは、主に平日の日中を中心に(以前はゴールデン・プライムタイム枠も同)1-2時間程度のマルチ編成を行っており、NHK高校講座などの放送を行っている。ただし、高校野球中継期間中とその前後の期間(全国大会・地方大会を問わず)は実施されない。以前はワンセグ2の再放送を日曜に行っていた。
  • 民放ではTOKYO MXで終日、三重テレビ、サンテレビジョンで一部時間帯に、それぞれマルチチャンネルを定期編成している。
    • 三重テレビ
    • サンテレビジョン
      • 平日(祝日除く)8:30 - 10:00(031ch=通販ほか、032ch=東京株式市況中継「東京マーケットワイド」)
      • 平日(祝日含む)17:00 - 18:00(031ch=通販、032ch=5時に夢中!
      • 随時、上記以外の時間帯で、031ch=通常番組、032ch=兵庫県議会中継を放送している。
      • 土曜・日曜は原則としてマルチ編成なし。ただし兵庫県内で行われるロードレース中継でマルチ編成を行う場合がある。
      • 2012年度には最初の半年は平日7:30-8:00(031ch=通常番組<アニメ>、032ch=通販)のみであったが、2012年10月から2013年3月には土曜日14:00-14:55に031chで現代劇、032chで時代劇を編成した。2013年4月度の改編でそれが一旦廃止され、以降しばらく行われなかった。
      • 2016年11月20日の神戸マラソン(中継自体は8:30 - 16:15)で再開(12:00 - 15:00、031ch=通常番組<ビッグフィッシング、歌謡番組ほか>、032ch=神戸マラソン中継)、その後2017年10月からは定時番組でのマルチ編成を再開した。
地上波ワンセグ放送[編集]
  • Eテレ・ワンセグ2では土曜13時台、および月曜~金曜夜の5分枠でワンセグのみの独自番組を編成していた(こちらも高校野球中継期間中などで独自番組を休止する期間がある)が、2014年度をもってワンセグ独自編成の放送は事実上廃止され、現在は基本的にフルセグ1chのサイマル放送のみである(ワンセグでは日中に行うマルチチャンネル編成での3chでの放送は受信できないため)
  • TOKYO MXが「ワンセグ2サービス」(NHKのワンセグ2とは別)による独自編成・マルチ編成を行っている。TOKYO MXは地上波固定向け放送のマルチ編成に同じ。奈良テレビではワンセグ独自の編成を組んでいたが、2016年3月で終了した(地上波固定向け放送は現在マルチ放送をしていない。またワンセグはサブの2ch(092)で配信されており、地上波固定向け放送の番組は1ch(091)で視聴するが、当初は地上波の内容が2ch、ワンセグ独自編成が1chであった)。なお、2014年4月1日放送からTOKYO MXは固定向け放送でも終日マルチ編成を行っており、現在の編成は固定向け放送・ワンセグ共通。
その他[編集]
  • プロ野球中継でもマルチチャンネル編成、ないしはワンセグ限定の延長中継をしたことがある。
    • 日本テレビなど一部の局がプロ野球中継でワンセグのみの延長放送をした事例もある。
    • テレビ大阪2012年から火曜日のナイター<阪神タイガース戦>に限り、20:54-22:00にマルチ編成(071chとワンセグが『開運!なんでも鑑定団』、073chがナイター中継)を行う[6]。チバテレでも千葉ロッテマリーンズの主管試合を『CTCマリーンズナイター』として放送する場合、21:30以後続いていれば2chで延長放送を行っている。[7]
    • テレビ東京では2011年のクライマックスシリーズで、テレビ東京系列が放送権を持っている、11月5日セ・リーグファイナルで「中日対巨人」であった場合と、11月8日パ・リーグファイナル「ソフトバンク対西武」が第6戦(最終戦)にもつれた場合に077chでマルチ編成をする予定になっていたが、前者は「中日対ヤクルト」となり中継規模がテレビ愛知の中京ローカルに縮小(TVAでもマルチ編成は行わず)、後者は第3戦でソフトバンクが優勝を決めたため、行われなかった。
    • テレ玉では2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズファーストステージ・西武対ロッテの第1試合で、中央競馬中継との並列放送(1chとワンセグ・アナログでプロ野球、032・033chが競馬)をしたことがあった。2013年も西武戦の中継がある日(ホームビジター問わず)は19時まで定時放送が実施されるため、19:00まで032chでトップ中継を行う(ただし21:30までであり、それ以後はマルチ編成を含め延長をしない)。
    • NHK総合で国会中継が組まれる場合、総合テレビの通常番組は休止・短縮される。視聴者から国会中継が組まれた際も「サブチャンネルを活用して通常番組を放送してほしい」との声も上がっているが、この件について鈴木祐司は「(サブチャンネル活用は)技術的には出来ますが、(NHKは)方針としてやらないようですね」と語っている[8][9]

BS[編集]

  • NHK BS1では、スポーツ中継(特にNHKプロ野球大リーグ中継など)に採用されており、101ch(IDキー1番)で予定の終了時間までに試合が終わらない場合、予備の102ch(同2番)に切り替えてスポーツ中継の続きを行う(101chはハイビジョン画質のままで通常放送を行う)。再編前はBSハイビジョン放送(103ch=ID3番。現在のNHK BSプレミアム)の予備放送チャンネルである104chを使って同様のサービスを行った。大相撲中継では再編前にBS2で放送していた原則として幕下下位以下の取組[10]を現在では土曜・日曜に102chで総合テレビの放送開始までリレー中継している(平日は101chで放送)。なお現在のBSプレミアムでも104を予備チャンネルとしているがめったにマルチ編成を行うことはない。
  • BS日テレでは2014年3月の本社移転(汐留日テレタワー)に伴うマスター更新に伴い、マルチ編成を主としてスポーツ中継(プロ野球・読売ジャイアンツ主管試合)、QVC(CSの通販専門チャンネルの再送信)で実施する。[11]
  • WOWOWではかつて、深夜・早朝やスポーツ中継(テニス他)実施時間帯の一部で標準画質でのマルチ放送を行っていたが、2011年10月からハイビジョンの独立3チャンネル体制 (WOWOWプライム・ライブ・シネマ) に移行している。
  • BSテレビ東京では2016年11月の本社移転(六本木六本木グランドタワー)に伴うマスター更新に伴い、マルチ編成を主としてスポーツ中継(プロ野球・福岡ソフトバンクホークス主管試合)で実施する。[12]
  • 放送大学では、2018年9月30日まで、日中と夜間の一部時間帯のみマルチ編成を行っていたが、BSに一本化された2018年10月1日から、常時マルチ編成が行われる[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一例としては、1chでニュース番組、2chでドラマ、3chでスポーツ中継といった具合である。
  2. ^ 2018年夏までは試合終了まで放送していたが、2019年春からは19時頃以降はサブチャンネルに切り替えて放送するようになった。
  3. ^ 24時間マルチチャンネル編成をスタート(PDF、2014.2、TOKYO MX)
  4. ^ 電子番組表(EPG)表示変更のお知らせ。2015年9月28日(月)よりTOKYO MXの電子番組表(EPG)表示が変更になります! TOKYO MX 2016年5月24日閲覧。
  5. ^ tvk、初めてマルチ編成(SV2)放送を実施~高校野球中継延長放送で,テレビ神奈川,2015年6月23日
  6. ^ これはこの番組が通常時全局同時ネットではあるも、あくまで全編ローカルセールス枠であり、スポンサーの融通が利くためである。土曜日もタイガース戦中継をする日があるが、こちらは直後の番組がネットワークセールス枠であるため、マルチ編成は行わない。
  7. ^ 2013年度は19時まで定時番組が編成される関係で、18:15-19:00にも2chでトップ中継を行った。
  8. ^ 鈴木祐司
  9. ^ 視聴率ガタ落ち!脱・籾井のNHK ニュース番組「勝負の大改編」,週刊現代,2017年2月18日号
  10. ^ 十両・幕内の取り組みでも、国会中継や祝日編成など、やむを得ない事情で地上波で放送できない場合は、地上波の放送開始前までBS1で放送。
  11. ^ 前者は141ch側からスポンサーをスライドする。
  12. ^ 前者は171ch側からスポンサーをスライドする。
  13. ^ BS231ch及び232chの愛称募集について(大学からのお知らせ)

関連項目[編集]