マルティナ・トライドス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル

マルティナ・トライドス
ドイツの旗 ドイツ
柔道
世界選手権
2019 東京 81kg級
世界団体
2014 チェリャビンスク 63kg級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 63kg級
ヨーロッパ競技大会
2015 バクー 63kg級

マルティナ・トライドス(Martyna Trajdos 1989年4月5日- )はドイツ柔道選手。ポーランドベウハトゥフ出身。階級は63kg級。身長171cm[1][2][3][4]

人物[編集]

12歳の時に親族の住むドイツを訪ねた際に、股関節形成不全と診断されたことがきっかけでその地に移住することを決めた。そのため、ドイツとポーランド両方の市民権を有している。ドイツに住み始めてすぐに柔道も始めた。できればポーランド代表で国際大会への出場を望む気持ちもあったが、結果としてドイツ代表になることを選択した[4][5]。2010年から2年連続してU23ヨーロッパ選手権大会63kg級で3位となった。2013年の世界選手権では7位だった。2014年の世界選手権も7位だったものの、世界団体では3位となった。2015年には世界ランキング上位選手で争われるワールドマスターズで3位になった[2]ヨーロッパ選手権を兼ねたヨーロッパ競技大会では、準決勝で世界チャンピオンであるフランスのクラリス・アグベニューを指導1で破ると、決勝では世界3位であるスロベニアのティナ・トルステニャクを技ありで破って優勝を果たした[2][6][7]世界選手権では初戦で敗れたが、世界団体では3位になった[8]グランドスラム・東京では決勝でトルステニャクに一本勝ちして優勝を飾った[9]。なお、同じFlam91クラブに所属するフランスのロイク・コルバルとは恋人関係にある[10][11]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは初戦で敗れた[1][3]。2017年の世界選手権と2018年の世界選手権ではともに5位で終わった[3]。2019年に東京で開催された世界選手権では準々決勝で敗れるも、その後の敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[12]

IJF世界ランキングは1964ポイント獲得で5位(19/4/29現在)[13]

主な戦績[編集]

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注[編集]