マルティン・デミチェリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルティン・デミチェリス Football pictogram.svg
Martin Demichelis (24107132153) (cropped).jpg
マンチェスター・シティでのデミチェリス (2016年)
名前
本名 マルティン・ガストン・デミチェリス
Martín Gastón Demichelis
愛称 ミーチョ
ラテン文字 Martín DEMICHELIS
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1980-12-20) 1980年12月20日(37歳)
出身地 アルゼンチンの旗 フスティニアーノ・ポッセスペイン語版
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 51 (1)
2003-2010 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 174 (13)
2004 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘンII 1 (0)
2011-2013 スペインの旗 マラガ 84 (7)
2013 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 0 (0)
2013-2016 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 78 (3)
2016-2017 スペインの旗 エスパニョール 2 (0)
2017 スペインの旗 マラガ 2 (0)
代表歴2
2005-2016 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 51 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年2月3日現在。
2. 2016年10月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルティン・ガストン・デミチェリスMartín Gastón Demichelis, 1980年12月20日 - )は、アルゼンチンコルドバ州出身の元サッカー選手。元アルゼンチン代表。ポジションはディフェンダー(センターバック)、ミッドフィールダー(センターハーフ)。イタリア国籍も所持している[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

CAリーベル・プレート[編集]

横浜マリノスなどで監督を務めたホルヘ・ソラーリに才能を見出され、レナト・セサリーニでプレーしている時に、ブエノスアイレスに本拠地を置くCAリーベル・プレートに引き抜かれた。1998年にトップチームデビューしたが、2001年までは自身の立ち位置を確立することができなかった。その後はラモン・ディアス監督指揮下のチームで見事なプレーを見せ、最終ラインの要として2度のリーグ優勝を果たした。

バイエルン・ミュンヘン[編集]

2003年7月1日ドイツバイエルン・ミュンヘンに移籍した。バイエルンにとって初のアルゼンチン人選手の獲得であった。9月27日FCハンザ・ロストック戦でデビューし、2003-04シーズンは負傷離脱したトルステン・フリンクスに代わってセンターハーフの位置で出場することが多かった。このシーズンは戦線離脱を繰り返し、満足な結果を残せなかったが、2004年夏に就任したフェリックス・マガト監督の下で先発メンバーに定着し、2004-05シーズン、2005-06シーズンの2冠達成の重要な役割を担った。2007-08シーズンには自身の起用法をめぐってオットマー・ヒッツフェルト監督と対立した。ヒッツフェルト監督はデミチェリスをセンターハーフとしてプレーさせたがったが、デミチェリスはセンターバックでのプレーを希望し、クラブから1試合の出場停止処分を言い渡された。2009年夏にルイ・ファン・ハール監督が就任すると、若手のホルガー・バトシュトゥバーが積極的に起用され、デミチェリスの出場機会は減少した。2009-10シーズンはリーグ戦とカップ戦の2冠に輝き、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出したが、リーグ戦では21試合しか出場できない不完全燃焼のシーズンとなった。2010-11シーズン開幕戦のVfLヴォルフスブルク戦では招集メンバー入りを拒否し、他クラブへの移籍を志願すると、ファン・ハール監督もそれを了承した。

マラガCF[編集]

2010年12月30日、リーベル時代の恩師マヌエル・ペレグリーニ監督が率いるスペインマラガCFに移籍した。移籍後はCBのレギュラーとして起用され、守備を引き締めるとともにチームの反転攻勢に尽力。終盤戦には5連勝も記録し、最終的には11位に滑り込んだ。翌2011-12シーズンは精彩を欠くプレーを見せながらも引き続きCBのレギュラーとして出場していたが、ジェレミー・トゥラランの負傷後は守備的MFに回り高いパフォーマンスを発揮し、チームの4位フィニッシュ及び史上初となるUEFAチャンピオンズリーグの出場権獲得に貢献した。

アトレティコ・マドリード[編集]

2013年7月11日、フリートランスファーでアトレティコ・マドリードに加入。契約は1年間[2]

マンチェスター・シティFC[編集]

9月1日、アトレティコで公式戦出場がないまま恩師マヌエル・ペレグリーニ率いるマンチェスター・シティFCに移籍決定。契約は2年間。2015-16シーズン終了後、契約満了に伴い退団した。

RCDエスパニョール[編集]

2016年8月10日、RCDエスパニョールへ移籍することが発表された。リーグ戦2試合出場のみと出場機会に恵まれず、2017年1月10日に契約解除された。

マラガCF[編集]

2017年1月17日、マラガCFへ移籍することが発表された。3年半ぶりの古巣マラガCF復帰となる。2017年5月15日、デミチェリス本人は愛着あるリーベル・プレートかマラガでキャリアを終えたい胸中を明かしたうえで、2016-2017シーズン一杯での現役引退を発表した[3]

代表[編集]

ホセ・ペケルマン監督によってアルゼンチン代表に招集され、2005年11月12日イングランドとの親善試合でデビューした。クラブの地元ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップのメンバーには選ばれていない。2007年9月11日オーストラリア戦 (1-0) で代表初得点となる決勝点を決めた。2010 FIFAワールドカップに出場し、ギリシャ戦でアルゼンチン代表の同大会初得点を決めた[4]

2015年6月1日、コパ・アメリカ後に代表から引退することを表明したが[5]、その後も代表に呼ばれ続けていた。

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ シーズン 国内リーグ カップ戦 リーグカップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
リーベル・プレート 2001-02 17 0 0 0 - - 7 1 24 1
2002-03 35 1 0 0 - - 11 1 46 2
Total 52 1 0 0 - - 18 2 70 3
バイエルン・ミュンヘン 2003-04 14 2 2 0 - - 5 0 21 2
2004-05 23 0 5 0 2 0 5 0 32 0
2005-06 27 1 4 0 1 0 8 2 39 3
2006-07 26 3 2 0 1 0 6 0 34 3
2007-08 28 1 4 0 2 0 10 0 42 1
2008-09 29 4 3 0 - - 8 0 40 4
2009-10 21 1 4 0 - - 8 0 33 1
2010-11 6 1 1 0 - - 2 0 9 1
通算 174 13 25 0 6 0 53 2 258 15
マラガ 2010-11 18 1 1 0 - - 0 0 18 1
2011-12 35 2 4 1 - - 0 0 39 3
2012-13 31 4 3 0 - - 11 1 45 5
通算 84 8 8 1 - - 11 1 103 9
マンチェスター・シティ 2013-14 27 2 2 0 2 0 4 0 35 2
2014-15 31 1 0 0 2 0 7 0 40 1
2015-16 18 0 2 0 5 0 4 1 29 1
通算 76 3 4 0 9 0 15 1 104 4
RCDエスパニョール 2016-17 2 0 0 0 - - - - 2 0
通算 2 0 0 0 - - - - 2 0
マラガ 2016-17 2 0 2 0
通算 2 0 2 0
通算 390 24 37 1 15 0 97 6 539 31

代表での得点[編集]

# 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1 2007年9月11日 オーストラリアの旗 メルボルン オーストラリアの旗 オーストラリア 1-0 1-0 親善試合
2 2010年6月22日 南アフリカ共和国の旗 ポロクワネ ギリシャの旗 ギリシャ 1-0 2-0 2010 FIFAワールドカップ

タイトル[編集]

クラブ[編集]

リーベル・プレート
バイエルン・ミュンヘン
マンチェスター・シティ

脚注[編集]