マルレーネ・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マルレーネ・シュミット(Marlene Schmidt、1937年9月7日 - )は、ドイツのエンジニア・女優・脚本家・映画プロデューサーである。1961年、第10回ミス・ユニバース世界大会で優勝[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1937年9月7日[2]シレジアヴロツワフに生まれる。ザクセン州(当時)ハルツ郡ノルトハルツ統一コミュニティムルムケ村(当時)に育つ。この地区は1949年、東ドイツに編入される。

テューリンゲン州イェーナ工業専門学校(我が国とは制度が異なる)で精密工学を学ぶ[3]

1960年、母親と共に東ベルリン経由で西ドイツに脱出[4]。はじめノルトライン=ヴェストファーレン州エネッペ=ルーア=クライス郡ハッティンゲン[5]に暮らすがバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトに移る。そこでは空気圧測定装置の会社で働く[3]

ミス・ユニバース[編集]

1961年、賞品のルノーが欲しいという動機で(このとき、運転免許を持っていなかった[3])バーデン=ヴュルテンベルク州の大会に参加。優勝し、バーデン=バーデンで行われた全国大会に進出。優勝。ミス・ジャーマニーとなる。

7月15日、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミビーチで行われた世界大会で優勝。第10代ミス・ユニバースとなる。身長173cm(5フィート8インチ)、スリーサイズ93-58-91cm(36.5-23-36インチ)で、当時は歴代最長身のミス・ユニバースであった。[6]

その後[編集]

1962年9月1日[2]、アメリカの俳優タイ・ハーディンと結婚。アメリカへ移住。一人の娘(彼女にとって唯一の子供)を設ける。

1965年8月21日、ハーディンと離婚[2]

1969年、エリカ・ルンゲは、著書 "Frauen"執筆のために彼女にインタビューする。

1972年から1986年にかけ、映画業界で活動。女優・脚本家・映画プロデューサーとしてキャリアを残す。この頃、アメリカの映画プロデューサー兼監督のHoward Avedisと二度目の結婚をしており(1969年12月26日-[2]。離婚時期不詳)、彼女は低予算映画の映画制作会社を率いた。

帰国後、ザールラント州ザールブリュッケン在住。しばらくの間モーター工場で働き、後に教師と結婚[3]。離婚。

フィルモグラフィ[編集]

  • 1972
    • The Stepmother
  • 1974
    • The Teacher
  • 1975
    • The Specialist
    • Dr. Minx
  • 1976
    • Scorchy
  • 1978
    • Texas Detour
    • The Fifth Floor
  • 1981
    • Separate Ways
  • 1983
    • Mortuary
  • 1984
    • They're Playing with Fire
  • 1986
    • Kidnapped

その他[編集]

彼女のミス・ユニバース受賞の後、母はノルトライン=ヴェストファーレン州ボーフムに花屋を開業した。"Blumen von Marlene"(「マルレーネの花園」)はもちろん、彼女の名にちなむ[3]

共産主義の青年紙Junge Weltは、「(ミスとしての任期である)一年が過ぎれば、世界はあなたを忘れてしまう」と報じた。この場合、東ドイツのプロパガンダは部分的に正しかった。ロイターの記者 Frederick Kempeによると、「(彼女の映画キャリアは)女性のヌード以外特筆すべきことはない」[4]

出典[編集]

  1. ^ 1961 Marlene Schmidt GERMANY”. pageantmania. 2009年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d Marlene Schmidt Biography”. IMDB. 2018年12月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e Britta Heidemann (2001年4月30日). “MARLENE SCHMIDT Die Anti-Miss von 1961”. Spiegel Online. 2001年5月2日閲覧。
  4. ^ a b Frederick Kempe (2011年6月1日). “The East German refugee who became a beauty queen”. Thomson Reuters. 2018年12月16日閲覧。
  5. ^ Flussgeschichten - Die untere Ruhr”. WDR.de (2014年6月9日). 2014年7月14日閲覧。
  6. ^ “Willowy Silver-Blonde German Reigns As New Miss Universe”. The Sumter Daily Item. (1961年7月17日). https://news.google.com/newspapers?id=GxUvAAAAIBAJ&sjid=xakFAAAAIBAJ&pg=1951,1035245&dq 2019年4月23日閲覧。 

関連項目[編集]