マレイルアセト酢酸イソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
マレイルアセト酢酸イソメラーゼ
識別子
EC番号 5.2.1.2
CAS登録番号 9023-75-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

マレイルアセト酢酸イソメラーゼ(Maleylacetoacetate isomerase、(EC 5.2.1.2)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

4-マレイルアセト酢酸\rightleftharpoons4-フマリルアセト酪酸

従って、この酵素の基質は4-マレイルアセト酢酸のみ、生成物は4-フマリルアセト酢酸のみである。

この酵素は、異性化酵素、特にシス‐トランスイソメラーゼに分類される。系統名は、4-マレイルアセト酢酸 cis-trans-イソメラーゼ(4-maleylacetoacetate cis-trans-isomerase)である。この酵素はチロシン代謝スチレンの分解に関与している。

構造[編集]

2007年末時点で、この酵素の3つの構造が解かれている。蛋白質構造データバンクのコードは、1FW12CZ22CZ3である。

出典[編集]

  • EDWARDS SW, KNOX WE (1956). “Homogentisate metabolism: the isomerization of maleylacetoacetate by an enzyme which requires glutathione”. J. Biol. Chem. 220 (1): 79–91. PMID 13319328. 
  • Lack L (1961). “Enzymic cis-trans isomerization of maleylpyruvic acid”. J. Biol. Chem. 236: 2835–2840. PMID 14461395. 
  • Seltzer S (1973). “Purification and properties of maleylacetone cis-trans isomerase from vibrio 01”. J. Biol. Chem. 248 (1): 215–22. PMID 4692831.