マレックス・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マレックス・スミス
Mallex Smith
シアトル・マリナーズ #0
Mallex Smith Independence Day 2017 uniform.jpg
タンパベイ・レイズ時代
(2017年7月17日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州レオン郡タラハシー
生年月日 (1993-05-06) 1993年5月6日(26歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 MLBドラフト5巡目
初出場 2016年4月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マレックス・ライデル・スミスMallex Lydell Smith, 1993年5月6日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州レオン郡タラハシー出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBシアトル・マリナーズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2011年MLBドラフト13巡目(全体401位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが、契約せずにサンタフェ・カレッジ英語版へ進学した。

プロ入りとパドレス傘下時代[編集]

2012年MLBドラフト5巡目(全体165位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り[1]。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・パドレスでプロデビュー。A-級ユージーン・エメラルズ英語版でもプレーし、2球団合計で35試合に出場して打率.305、2本塁打、15打点、17盗塁を記録した。

2013年はA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版でプレーし、110試合に出場して打率.262、4本塁打、29打点、64盗塁を記録した。

2014年はA級フォートウェインとA+級レイクエルシノア・ストーム英語版でプレーし、2球団合計で120試合に出場して打率.303、5本塁打、31打点、88盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、サプライズ・サグアロス英語版に所属した。

ブレーブス時代[編集]

アトランタ・ブレーブス時代
(2015年3月8日)

2014年12月19日にジャスティン・アップトンアーロン・ノースクラフトとのトレードで、ジェイス・ピーターソンマックス・フリードダスティン・ピーターソン英語版と共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[2]

2015年はAA級ミシシッピ・ブレーブスとAAA級グウィネット・ブレーブスでプレーし、2球団合計で125試合に出場して打率.303、1本塁打、33打点、56盗塁を記録した。オフの11月19日に40人枠入りした[3]

2016年はAAA級グウィネットで開幕を迎えたが、4月11日にエンダー・インシアーテ故障者リスト入りに伴ってメジャー初昇格を果たした[4]。同日のワシントン・ナショナルズ戦にて「1番・中堅手」で先発出場してメジャーデビューし、この試合でメジャー初安打を記録した。6月21日ニューヨーク・メッツ戦でアントニオ・バスタルドから左手親指に死球を受けて故障者リスト入りし、9月17日まで長期離脱となった[5]。この年メジャーでは72試合に出場して打率.238、3本塁打、22打点、16盗塁を記録した。

レイズ時代[編集]

2017年1月11日にルイス・ゴハラトーマス・バーロウズ英語版とのトレードで、シェイ・シモンズと共にシアトル・マリナーズへ移籍し[6]、同日中にドリュー・スマイリーとのトレードで、ライアン・ヤーブローカルロス・バルガス英語版と共にタンパベイ・レイズへ移籍した[7]。この年は81試合に出場して打率.270、2本塁打、12打点、16盗塁を記録した。

2018年は141試合に出場して規定打席にも初めて到達し、打率.296、2本塁打、40打点、40盗塁を記録した。

マリナーズ時代[編集]

2018年11月8日にマイク・ズニーノギレルモ・ヘレディアマイケル・プラスマイヤー英語版とのトレードで、ジェイク・フレイリー英語版と共にマリナーズへ移籍した[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 ATL 72 215 189 28 45 7 4 3 69 22 16 8 3 1 20 0 2 48 3 .238 .316 .365 .681
2017 TB 81 282 256 33 69 8 4 2 91 12 16 5 2 1 23 0 0 62 2 .270 .329 .355 .684
2018 141 544 480 65 142 27 10 2 195 40 40 12 7 2 47 0 8 98 11 .296 .367 .406 .773
MLB:3年 294 1041 925 126 256 42 18 7 355 74 72 25 12 4 90 0 10 208 16 .277 .346 .384 .730
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2016 ATL 35 95 3 1 0 .990 22 27 2 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .---
2017 TB 51 101 0 3 0 .971 24 30 1 0 1 1.000 9 11 1 0 1 1.000
2018 71 141 1 4 1 .973 38 41 2 2 0 .956 47 73 0 0 0 1.000
MLB 157 337 4 8 1 .977 84 98 5 2 1 .981 57 84 1 0 1 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 17(2016年)
  • 0(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年1月12日閲覧。
  2. ^ “Braves and Padres Complete Six-Player Trade” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2014年12月19日), http://m.braves.mlb.com/news/article/104526416/braves-and-padres-complete-six-player-trade 2017年1月5日閲覧。 
  3. ^ Mark Bowman (2015年11月19日). “Braves add Smith, Gant to 40-man roster” (英語). MLB.com. http://www.mlb.com/news/article/157714644/braves-add-mallex-smith-john-gant-to-roster 2017年1月5日閲覧。 
  4. ^ Michael Cunningham (2016年4月11日). “Braves to place Inciarte on DL, call up prospect Mallex Smith” (英語). Atlanta Journal Constitution. http://www.ajc.com/news/sports/baseball/braves-to-place-inciarte-on-dl-call-up-prospect-ma/nq3b4/ 2017年1月5日閲覧。 
  5. ^ Mark Bowman (2016年9月17日). “Ready in a pinch, Mallex happily returns to Braves” (英語). MLB.com. http://www.mlb.com/news/article/201720798/braves-activate-mallex-smith-from-dl/ 2017年1月5日閲覧。 
  6. ^ Bill Chastain (2017年1月11日). “Rays trade Smyly for Smith, 2 Minor Leaguers” (英語). MLB.com. 2017年1月12日閲覧。
  7. ^ Greg Johns (2017年1月11日). “Mariners swing 2 trades to land Smyly” (英語). MLB.com. 2017年1月12日閲覧。
  8. ^ Greg Johns (2018年11月8日). “Mariners complete Zunino-Mallex deal” (英語). MLB.com. 2019年1月13日閲覧。

関連項目[編集]