マローン/黒い標的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マローン/黒い標的
Malone
監督 ハーレー・コクリス
脚本 クリストファー・フランク
原作 ウィリアム・ウィンゲート
製作 レオ・L・フックス
出演者 バート・レイノルズ
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ジェラルド・ハーシュフェルド
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年5月1日
日本の旗 1988年10月1日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,060,858[1]
テンプレートを表示

マローン/黒い標的』(原題:Malone)は、1987年制作のアメリカ合衆国アクション映画

あらすじ[編集]

オレゴン州のある峡谷にある小さな町カムストックに、旅の途中のリチャード・マローンという1人の男がやって来た。

マローンは車が故障したため、町で自動車修理店を営むポールとジョーの父娘の好意により、しばらくの間厄介になることになる。

しかし、マローンはこの町のどこか異常な雰囲気をすぐに察知する。この町では、大富豪のチャールズ・デラニーが己の誇大妄想的なプロジェクトを推し進めるため、強引な地上げを行っており、町はほとんどゴーストタウンと化していたのだ。

デラニーはすぐによそ者のマローンに目を付けてくる。それにより、マローンも様々なトラブルに巻き込まれるようになり、ついには命を狙われるようになる。

そんな彼のもとに昔の恋人ジェイミーが駆けつけ、協力する。実はマローンは元CIAの特殊工作員であり、ジェイミーは彼の仲間の女性エージェントであった。

しかし、ジェイミーもやがてデラニーの手にかかって殺され、怒りに燃えたマローンは単身、デラニー一味と最後の対決に臨む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京
リチャード・マローン バート・レイノルズ 田中信夫
チャールズ・デラニー クリフ・ロバートソン 堀勝之祐
ジョー・バーロウ シンシア・ギブ 水谷優子
ジェイミー ローレン・ハットン 沢海陽子
ポール・バーロウ スコット・ウィルソン 水野龍司
ホーキンス ケネス・マクミラン 広瀬正志
カルヴィン・ボラード トレイシー・ウォルター
ダン・ボラード デニス・バークレイ
マドリード アレックス・ディアカン
ドン・S・デイヴィス
その他 中田和宏
菅原正志
相沢正輝
安井邦彦
梅津秀行
石井隆夫
落合弘治
柳沢栄治
幸田夏穂
青山穣
久保田恵

・テレビ東京版:初回放送1997年3月27日午後のロードショー

関連作品[編集]

脚注[編集]