マンデルバウム門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マンデルバウム門付近(1950年頃)

マンデルバウム門シャアル・マンデルバウムヘブライ語: שַׁעַר מנדלבאוםša‘ar mandelba'um; (The) Mandelbaum Gate)はエルサレム北部(旧市街城壁の外)にあった

近くに家のあったユダヤ人医師の姓から取られた。

1949年から1967年にかけての東エルサレムヨルダン占領時代には、イスラエル領である西エルサレムとヨルダン占領地区の境界線に位地し、チェックポイントとなっていた。

ヨルダン時代の東エルサレムから見れば旧市街の西端にあり、シェイフヤラ英語版アメリカ人居留地英語版、西エルサレムではゲウッラー、メーアー・シェアーリームといった地区の近くにある。

現在では6、または7の道路が合流する交差点となっている。

関連項目[編集]