マンハッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マンハッタ
Manhatta
『マンハッタ』全編。
監督 チャールズ・シーラー
ポール・ストランド
公開 1921年
上映時間 10分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語 インタータイトル
テンプレートを表示

マンハッタ (Manhatta)』(1921年)は、画家チャールズ・シーラー写真家ポール・ストランドが監督した、短編のドキュメンタリー映画。シュルレアリスム映画の流れに位置付けられる作品とされ[1]実験映画とも[2]アメリカ合衆国最初のアバンギャルド(前衛)映画ともいわれる[3]

制作の背景[編集]

『マンハッタ』は、20世紀初頭のマンハッタンの姿を捉えたものである。都市を主題とし、65のショットから成るが、物語性は極めて希薄な構造をとっており、マンハッタンへ渡って来るフェリーの映像で始まり、スカイスクレイパーからの夕陽の眺めで終わる[3]。映画のおもな主題は、写真と映画の関係を探求することにあり、カメラの動きは最小限に抑えられ、ここのショットの中で起こる出来事も最小限に抑えられている。ひとつひとつのフレームには、この都市の風景が映し出されており、これが注意深く配置された抽象的構成を成している。

『マンハッタ』は、画家チャールズ・シーラー写真家ポール・ストランドの共同作品である。インタータイトルには、ウォルト・ホイットマンの言葉の抜粋も盛り込まれている。

保存状態[編集]

1995年、この作品は、「文化的に意義深い (culturally significant)」とアメリカ議会図書館から認定され、アメリカ国立フィルム登録簿に登録され、2005年10月にはDVDセット『Unseen Cinema: Early American Avant Garde Film 1894-1941』に修復の上で収録された。この映画の完全な修復は、2009年1月に、アーキビストのブルース・ポズナー (Bruce Posner) と修復業者ローリー・デジタル英語版によって完成した[4]。ボズナーは、4年近くの時間をかけて、この映画をオリジナルの輝かしい姿に復元した。ニューヨーク近代美術館アンソロジー・フィルム・アーカイヴズ英語版が、この作品のための新たな音楽を、ニューヨークの作曲家ドナルド・ソーシン (Donald Sosin) に委嘱した[5]

脚注[編集]

  1. ^ シュルレアリスム映画研究会 第Ⅱ期:シュルレアリスム映画の歴史をたどる”. 第七詩社. 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『実験映画』 - コトバンク
  3. ^ a b Paul Strand, Charles Sheeler Manhatta 1921”. The Museum of Modern Art. 2017年1月19日閲覧。
  4. ^ Filmography”. Lowry Digital. 2009年6月28日閲覧。
  5. ^ Willis, Holly (2009年1月19日). “Proud and Passionate City”. Blur + Sharpen. KCET Online / Community Television of Southern California. 2009年6月28日閲覧。

関連項目[編集]