マンハッタン・ドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マンハッタン・ドロップManhattan Drop)は、プロレス技の一種である。リバース・アトミック・ドロップとも呼ばれる。

概要[編集]

アトミック・ドロップとは逆方向、すなわち向かい合った状態で相手に対してダブル・レッグ・ダイブで抱え上げる。そして、右足を突き出す形で片膝立ちになり、腿に相手の股間を叩きつける。基本的には尾てい骨を痛めつける技であるが、角度を変えることによって金的攻撃にも使える。

アドリアン・アドニスが日本で初公開。技名は日本固有のものであり、レザージャケットをコスチュームとしていたアドニスは、日本では暴走族のイメージで「マンハッタン・ライダー」なるニックネームがあったことからネーミングされた。

かつては大木金太郎が同じような技を使っていたが、実況では「急所打ち」と呼ばれて反則技扱いされていた。

主な使用者[編集]