マンハッタン島の挽き離し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マンハッタン島の挽き離し(The sawing-off of Manhattan Island、マンハッタンとうのひきはなし)は、大規模に立証されていない、ニューヨーク市の古い話である。 これは、ロジャー(Lozier)という引退船の大工によって、1824年に実行されたとされる悪戯(practical joke)について述べる。その話によれば、1820年代に都市商人のあいだで、都市部の重さのために、マンハッタン島南部、バッテリー・パーク・シティ近くが沈下しつつあるといううわさが広まり始めた。島を切り、曳航し、180度回転させ、元に戻せばそうすることによって、マンハッタンは安定するだろう、島の薄い部分は居住不能とされ得るだろう、と考えられた。驚くべきことに、主な関心事は、着想の無益さではなくて、ロングアイランドがじゃまになっているということであった。ロジャーは、最後には労働力と後方支援を集めた。ロジャーは、大がかりな起工式に姿を見せず、ブルックリンに隠れ、何か月も戻らなかった[1]

この話は、知られているどの新聞にも出なかった(もっとも、その時代は報道はそういういたずらついて報じなかった)し、関係する複数の個人の存在を確認する記録は見つかっていない。このことが、この事象は決して起こらなかった、捏造それじたいが捏造であった、という推測につながったが、これがジョエル・ローズ(Joel Rose)がその書籍『New York Sawed in Half: An Urban Historical』(2001年)で提示した結論である[2]。捏造は最初、トーマス・F・D・ヴォー(Thomas F. De Voe)(1811年 - 1892年)の書籍『The Market Book』(1862年)のなかで文書化されたが、これは彼のおじ(ロジャーの知人と考えられていたし、ハーバート・アズベリー(Herbert Asbury)の著作『All Around The Town: Murder, Scandal, Riot and Mayhem in Old New York』(1934年。『Gangs of New York』の続きとして発行された)のなかでふたたび語られた)が伝えたことである。別の濃縮された再話は、1960年代のリーダーズ・ダイジェストの書籍『Scoundrels and Scallywags: 51 Stories of the Most Fascinating Characters of Hoax and Fraud』(1968年)にある[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Asbury, Herbert (1956年4月3日). “Sawing Off Of Manhattan”. The Gazette (Montreal). https://news.google.com/newspapers?id=LI0jAAAAIBAJ&sjid=eJkFAAAAIBAJ&pg=6923,234788 
  2. ^ Rose, Joel (May 4, 2001). New York Sawed in Half: An Urban Historical. Bloomsbury USA. ISBN 9781582340982. 
  3. ^ Scoundrels and Scallawags: 51 Stories of the Most Fascinating Characters of Hoax and Fraud. The Reader's Digest Association. (1968). ASIN B000H35TCY. 
  4. ^ I Saw New York”. Snopes (2006年2月10日). 2009年4月30日閲覧。 (reviewing literature and concluding that original claimed event likely did not occur, and the story of the hoax is a hoax itself)
  5. ^ Rose, Joel (2001). New York Sawed in Half: An Urban Historical. Bloomsbury Publishing. ISBN 1-58234-098-6. https://books.google.com/books?id=8jXmbJRuPY4C&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 

読書案内[編集]