マーカス・オリベイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーカス・オリベイラ
基本情報
本名 マーカス・デルウィン・オリベイラ
階級 ライトヘビー級
身長 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1979-03-18) 1979年3月18日(38歳)
出身地 ウィスコンシン州ケシーナ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 25
KO勝ち 20
敗け 1
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

マーカス・オリベイラMarcus Oliveira1979年3月18日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーウィスコンシン州ケシーナ出身。打撃戦が得意で中でも高速連打が最大の武器になっている。ドン・キングと契約を交わしている。

来歴[編集]

2006年4月5日、カンザスシティでプロデビューを果たし初回1分20秒TKO勝ち。デビュー戦を白星で飾った。

2008年2月9日、WBC世界ライトヘビー級7位ニック・コックとUSBC(全米ボクシング評議会)全米ライトヘビー級王座決定戦を行い10回1-1の三者三様の引き分けに終わり、王座獲得に失敗した。

2008年8月29日、ミネソタ州グランド・カジノでフィル・ウィリアムスと対戦しオリベイラが3回に2度ダウンを奪われ、6回にもダウンを追加されてストップ寸前まで追い詰められた。7回オリベイラが捨て身覚悟で反撃し7回大逆転KO勝ち。

2011年11月5日、クリス・エッペイと対戦し4回1分16秒TKO勝ちを収めた。

2012年10月27日、自身初の海外試合をベネズエラカラカスのパルクゥエ・ナシオネス・ユニデスでWBAフェデボルライトヘビー級王座決定戦をリッキー・トーレスと行った。トーレスを初回からパワーで圧倒し初回2分41秒TKO勝ちを収め、王座獲得に成功した。

2013年4月12日、ネバダ州ラスベガスのシアシャー・アイランド・カジノでWBA世界ライトヘビー級3位ライアン・コインと対戦し、11回1分15秒TKO勝ちを収めた。

2013年12月14日、ベイブット・シュメノフスーパー王座認定に伴い空位になったWBA世界ライトヘビー級王座決定戦をノイブランデンブルクのヤーン・シュポルト・フォールムにてWBA世界同級2位で元WBO世界同級王者のユルゲン・ブリーマーと対戦し、プロ初黒星となる0-3(112-115、110-117、110-117)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1][2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Braehmer defeats Oliveira for WBA light heavy belt WBA公式サイト 2013年12月14日
  2. ^ ブラーマー、3-0判定勝利 WBAで王者復帰 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月15日

関連項目[編集]