マーカス・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーカス・ミラー
MarcusMillerBudapest2.JPG
マーカス・ミラー(ブダペストにて)
基本情報
生誕 1959年6月14日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン
ジャンル ジャズ
フュージョン
R&B
ロック
職業 ベーシスト
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
キーボード
クラリネット
活動期間 1975年 -
公式サイト marcusmiller.com

マーカス・ミラーMarcus Miller,1959年6月14日 - )は、アメリカベーシスト音楽プロデューサー作曲家編曲家である。ジャズ・フュージョン界にて活躍している。

ウィントン・ケリーの甥。

概要[編集]

'77年製フェンダー・ジャズベースをトレードマークに、タッピング奏法、独特のネック寄りのフィンガー・ピッキングなどを駆使し、豊かな表現力と深みを醸し出す。特に、スラップ奏法で他のベーシストに大きな影響を与えた。また、ジャズR&Bファンクなどのブラックミュージックを昇華したベースラインやグルーヴ感を伴った演奏が最大の魅力である、世界的スラップベーシストの一人。

プロデューサー、作曲家・編曲家としても非凡な才能を見せ、デイヴィッド・サンボーンルーサー・ヴァンドロスらのアルバムをヒットさせている。また、映画音楽CMなども多数手がける。近年の自身のアルバムには、様々なジャンルの楽曲に我流のテイストを加えたアレンジで多数カバーしている。

ギター鍵盤ドラムなども相当な腕前で操るマルチプレイヤーであり、周囲のミュージシャンから“jack of all trades”(なんでも屋)と呼ばれている。特に、高校時代から触れているクラリネットを得意とし、バスクラリネットによるリードとソロは一つのトレードマークになっている。また、ヴォーカリストとしても秀逸である。

機材[編集]

ベース
マーカスの愛機ともなっている'77年製のフェンダー・ジャズベースは、ロジャー・サドウスキーの手によってアクティブ回路搭載に改造されたものである。これはベース単体でトレブル・ベースのトーン調整により音作りができるようにしたものであり、マーカスのようなセッション現場を渡り歩くミュージシャン達に重宝された。マーカスのベースにはバルトリーニ製の旧型TCTが特殊結線で搭載されている。
もともとこの年代のフェンダー・ベースは、いわゆるヴィンテージものに比べて人気もそれほど無かったが、独自のサウンドを放つこのスタイルはマーカスサウンド、NYCサウンドと呼ばれ、他のベーシスト達に大きな影響を与えた。現在ではアッシュボディにメイプル指板ネック、アクティブ回路を搭載した'70年代フェンダージャズベーススタイルが一つのスタンダードとして確立しており、高い人気を誇っている。
このベースの他に、フェンダー、フォデラ・サドウスキー、ケンスミス、モデュラス等、多数のベースを所有しているが、最近のツアーに持参するのは、フェンダー'75 ジャズベース(サブ用)、フェンダー・ジャズベース改(フレットレス、CBS以降品、年代不明)、フェンダー・ジャズベースMM5(5弦)が多い。1980年代には日本のアリアプロIISBを使用していたこともある。
なおあまり弾かないが、アコースティックベースも所有しプレイすることがある。
アンプ
1990年代前半はSWRのレッドヘッドやゴライアスがトレードマークであり、ベースアンプにツイータを搭載するスタイルを浸透させた。クリーンサウンドからファットサウンドへの指向の変遷からEBSを使用するようになり、現在の410スピーカキャビを使用するシステムに至っている。
エフェクター
各時期により変遷があるが、近年ではEBSのコンパクト(オーバードライブコンプレッサーオクターバーオートワウコーラスリバーブ)を基本として、ファズワウペダルなどを加えたフットペダル系で構成されている。
基本的にDR社製の“マーカス・ミラー・シグネチュア”モデルを使用。2015年からJim Dunlopと契約、シグネチュアモデルの弦が登場した。
マーカス・ミラー
DI
ディメター(Demeter)社製のVTDB-2B(チューブ・ダイレクト)を使用している。同機は真空管に「12AX7」を使用するダイレクトボックスで、レコーディングではベースアンプが使用されることは少なく、ベースからDIを通してミキシングコンソールにインプットすることが多いと言われている。

来歴[編集]

  • ニューヨーク生まれ。
  • クラリネットサックスエレクトリックベースを手にする。
  • 音楽教育:ニューヨークの芸術学校とクイーンズ・カレッジ。
  • 1979年 プロとして独立。GRPデイヴ・グルーシンとラリー・ローゼンが設立したプロダクション、後にレーベルとして独立)のスタッフ・ミュージシャンとなる。
  • ブレッカー・ブラザーズ渡辺香津美らとセッション。
  • 1981年 マイルス・デイヴィスの『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』にベーシストとして抜擢される。
  • 1987年 生まれ育った街クイーンズの仲間、バーナード・ライトやレニー・ホワイトらとジャマイカ・ボーイズを結成。セルフ・タイトルでアルバムを発表。
  • 1991年 ライブ・アンダー・ザ・スカイに出演。プージー・ベル、パッチェス・スチュワートらと組む“マーカス・バンド”はこのライブの為に初めて結成された。
  • 1992年 この年最後の開催となったライブ・アンダー・ザ・スカイにデイヴィッド・サンボーンを迎えて出演。
  • 1996年 初のライブハウスツアー敢行、「ブルーノート東京」に出演。
  • 2001年 第44回グラミー賞「最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞」を獲得。
  • 2003年 東京国際フォーラム7days Jazz、およびMt.Fuji Jazz Festeivalに出演。Take6と共演。
  • 2005年 ブルーノート春ツアー。東京・名古屋・大阪・福岡にて公演。
  • 2005年 東京JAZZ2005に出演。
  • 2005年 ブルーノート冬ツアー。東京・名古屋・大阪にて公演。年間3度目の来日を果たす。
  • 2006年 東京JAZZ2006に出演。フランク・マッコムと共演。
  • 2007年 ブルーノートツアー。東京・名古屋・大阪にて公演。
  • 2009年 マイルス・デイヴィスのトリビュート・ツアー"Tutu Revisited - The Music of Miles Davis"を行う。仙台・札幌(Zepp)、東京・大阪(Billboard)にて公演。
  • 2010年 東京JAZZ2010に出演。渡辺香津美 To Chi Ka 2010 - Kazumi Watanabe, Warren Bernhardt, Omar Hakim, Mike Manieri & Marcus Miller。
  • 2010年 ビルボード・ライブ東京にてラリー・グラハムと共演。大阪、名古屋(Bluenote)にて単独公演。
  • 2011年 ジョージ・デュークとデイヴィッド・サンボーンとの特別ユニット"DMS"(George Duke, Marcus Miller, David Sanborn)のツアー。東京JAZZ2011、東京、大阪(Billboard)、札幌(Zepp)公演。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • 『サドゥンリー』 - Suddenly(1982年録音)(Warner Bros.) 1983年
  • 『パーフェクト・ガイ』 - Marcus Miller(1983年10月~録音)(Warner Bros.) 1984年
  • 『ザ・キング・イズ・ゴーン』 - The Sun Don't Lie (Dreyfus Jazz) 1993年
  • 『テイルズ』 - Tales (Dreyfus Jazz) 1995年
  • 『ライヴ・アンド・モア』 - Live & More(1996年録音)(GRP) 1997年
  • 『M²〜パワー・アンド・グレイス』 - (Telarc) 2001年
  • 『(オフィシャル・ブートレッグ)ライヴ〜ジ・オーゼル・テープス』 - The Ozell Tapes Live: The Official Bootleg (Telarc) 2002年
  • 『シルヴァー・レイン』 - Silver Rain (Koch) 2005年
  • Master Of All Trades (Dreyfus Jazz) 2005年(DVD 2枚組)
  • フリー』 - Free (3 Deuces) 2007年
    アメリカ版 Marcus(Concord) 2008年
  • Panther - Live (Jazz Door) 2008年(ライヴ)
  • The Other Tapes (Dreyfus Jazz) 2008年
  • 『ナイト・イン・モンテカルロ』 - A Night in Monte Carlo(Dreyfus Jazz) 2010年(ライヴ)
  • 『トリビュート・トゥ・マイルス・デイヴィス』 - Tutu Revisited - Live 2010 (Dreyfus Jazz) 2011年(ライヴ。CD 2枚組。)
  • ルネッサンス』 - Renaissance (Dreyfus Jazz) 2012年
  • Live in Lugano - July 2008 (Immortal) 2012年(ライヴ。DVDビデオ。)
  • 『アフロディジア』 - Afrodeezia (Victor) 2015年
  • 『レイド・ブラック』 - LAID BLACK (Blue Note) 2018年

コンピレーション[編集]

  • 『ザ・ベスト・オブ・マーカス・ミラー』 - The Best of Marcus MillerVictor) 1998年
  • Power: The Essential Marcus Miller (Dreyfus Jazz) 2006年
  • 『アナザー・サイド・オブ・ミー:セレクションズ・オブ・マーカス・ミラー』 - Another Side of Me (Victor) 2006年
  • Original Album Classics (Dreyfus Jazz) 2009年(CD 5枚組)

ジャマイカ・ボーイズ[編集]

  • 『ジャマイカ・ボーイズ』 - The Jamaica Boys(Warner Bros.) 1987年
  • 『J-BOYS』 - The Jamaica Boys II: J. Boys(Warner Bros.) 1989年
  • 『シェイク・イット・アップ』 - Shake It Up!(Warner Bros.) 1990年

s.m.v.[編集]

  • 『サンダー』 - Thunder (Heads Up) 2008年

TV出演[編集]

  • 『東京JAZZ2011』 (NHK BSプレミアム)2011年10月15日