マーカス・ラッシュフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーカス・ラッシュフォード Football pictogram.svg
Press Tren CSKA - MU (3).jpg
マンチェスター・ユナイテッドでのラッシュフォード(2017年)
名前
愛称 Rash
ラテン文字 Marcus Rashford
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス
生年月日 (1997-10-31) 1997年10月31日(22歳)
出身地 ウィゼンショー
身長 187cm[1]
体重 70kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
ポジション FW
背番号 10
利き足 右足
ユース
2003-2005 イングランドの旗 フレッチャー・モス・レンジャーズ
2005-2016 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC 111 (27)
代表歴2
2012 イングランドの旗 イングランドU-16 2 (0)
2014 イングランドの旗 イングランドU-18 2 (0)
2016- イングランドの旗 イングランドU-20 2 (0)
2016- イングランドの旗 イングランドU-21 1 (3)
2016- イングランドの旗 イングランド 36 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月12日現在。
2. 2019年11月8日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マーカス・ラッシュフォードMarcus Rashford,1997年10月31日- )は、イングランドグレーター・マンチェスター州ウィゼンショー出身のサッカー選手イングランド代表。ポジションはフォワードプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFC所属。

クラブ略歴[編集]

プロ入り前[編集]

ラッシュフォードはマンチェスター南部のウィゼンショーで生まれ、5歳の時に地元のクラブであるフレッチャー・モス・レンジャーズでサッカーを始めた。その後、7歳の時にマンチェスター・ユナイテッドFCのアカデミーに参加した。2014-15シーズンのマンチェスター・ユナイテッドU-18の試合では25試合の先発で13得点を決めた。

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2015-16シーズン[編集]

2015年11月21日に行われたワトフォードFC戦や、翌週に行われたレスター・シティFC戦で初めてのトップチームのベンチ入りを果たすが出場はならなかった。2016年2月25日に行われたUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦、FCミッティラン戦の2ndLegではアントニー・マルシャルの負傷により、急遽スターティングメンバーとして出場すると、デビュー戦で2ゴールをあげる活躍を見せ、1stLegを1-2で落としていたチームを救った。さらに、アーセナルFC戦でプレミアリーグデビューをすると、その試合でも2ゴール1アシストを記録し3-2での勝利に貢献した[2]。2016年3月20日に行われたマンチェスター・シティ戦でもこの試合唯一となる決勝ゴールを決め、ダービーマッチ5戦ぶりの勝利を呼び寄せた[3]。この得点はマンチェスター・ダービーにおける最年少得点記録ともなった。2016年5月30日、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を2020年まで延長したことを発表した。

2016-17シーズン[編集]

2016/17シーズン3節ハル・シティFC戦では、途中出場からアディショナルタイムにシーズン初ゴールを記録。5節のワトフォードFC戦、6節のレスター戦と連続ゴールを決めた。しばらくゴールから遠ざかっていたが、4月9日のサンダーランドAFC戦で途中出場すると、ズラタン・イブラヒモビッチとのパス交換から角度のない所からシュートを決め[4]、4月16日の首位チェルシーFCとの試合では先発出場し、2試合連続となるゴールを決め、勝利に貢献した[5]。4月20日のUEFAヨーロッパリーグ 2016-17準々決勝、RSCアンデルレヒト戦のセカンドレグでは1ゴール1アシストを記録し、チームのベスト4進出に貢献、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれた[6][7]。続く準決勝のセルタ・デ・ビーゴ戦のファーストレグではフリーキックを決め[8]、セカンドレグではマルアン・フェライニのヘディングでのゴールをアシストし、チームを勝利に導いた。

2017-18シーズン[編集]

2017年8月26日レスター・シティとの対戦では、途中出場から僅か3分後に、彼のシーズン初得点となる先制得点を決め、2-0での勝利に貢献[9]、9月14日、欧州チャンピオンズリーグ第1節のFCバーゼル戦ではCLデビューを飾り、得点も決めて勝利に貢献した[10]。10月18日の欧州チャンピオンズリーグベンフィカ戦ではFKが相手ゴールキーパーのミスを誘い、結果的にゴールを決め、勝利に貢献[11]欧州チャンピオンズリーグ最終節のCSKAモスクワ戦では決勝ゴールを決め、マンチェスターUのグループリーグ突破に貢献した[12]。 2018年3月10日のリヴァプールFCとのナショナルダービーでは2得点の活躍で2-1の勝利をもたらした。

2018-19シーズン[編集]

2018年8月5日、2018-19シーズンから背番号を10番に変更することを発表した[13]。プレミアリーグ1月20日のプレミアリーグ第23節ブライトン戦では4試合連続となる決勝ゴールを決めた[14]。それらの活躍からプレミアリーグ1月の月間最優秀選手賞を授与された。

2019-20シーズン、開幕戦となったチェルシー戦で2ゴールの活躍で勝利に貢献し、好調なスタートを切った。10月20日リヴァプール戦では17連勝していたリヴァプールの連勝を止めるゴールを決め、引き分けに持ち込んだ[15]

代表歴[編集]

イングランド代表でのラッシュフォード(2018年)

2016年、UEFA EURO 2016に向けた候補メンバーでイングランド代表に初選出された。その後、5月27日のオーストラリア代表との親善試合で史上最年少記録となる得点を決めた。5月31日、UEFA EURO 2016の23人のメンバーに選出された。6月16日、グループリーグ第2戦のウェールズ代表戦ではイングランド代表史上最年少となる18歳228日でEURO初出場を飾った[16]。2017年9月4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のスロバキア代表との対戦では決勝点を決め、勝利に貢献した[17]

2018 FIFAワールドカップロシア大会では途中出場では3位決定戦など6試合に出場したが、無得点に終わった。

2018-19UEFAネーションズリーグ、10月のスペイン戦では1ゴール1アシストの活躍でスペインに対して31年ぶりとなる勝利に貢献した。

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ戦 FAカップ リーグカップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・ユナイテッド 2015-16 11 5 4 1 0 0 0 0 15 6
2016-17 32 5 3 3 6 1 11 2 52 11
2017-18 35 7 4 1 3 2 8 3 50 15
2018-19
通算

獲得タイトル[編集]

チーム[編集]

マンチェスター・ユナイテッド

個人[編集]

代表[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 33試合 7得点(2016年 - )


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2016 6 1
2017 9 1
2018 16 4
2019 3 2
通算 34 8

ゴール[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2016年5月27日 イングランドの旗サンダーランドスタジアム・オブ・ライト オーストラリアの旗 オーストラリア 1-0 2-1 親善試合
2. 2017年9月4日 イングランドの旗ロンドンウェンブリー・スタジアム スロバキアの旗 スロバキア 2–1 2–1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3. 2018年6月8日 イングランドの旗リーズエランド・ロード コスタリカの旗 コスタリカ 1–0 2–0 親善試合
4. 2018年9月8日 イングランドの旗ロンドン、ウェンブリー・スタジアム スペインの旗 スペイン 1–0 1–2 UEFAネーションズリーグ2018-19
5. 2018年9月11日 イングランドの旗レスターキング・パワー・スタジアム スイスの旗 スイス 1–0 1–0 親善試合
6. 2018年10月15日 スペインの旗セビリアエスタディオ・ベニート・ビジャマリン スペインの旗 スペイン 2-0 3-2 UEFAネーションズリーグ2018-19
7. 2019年6月6日 ポルトガルの旗ヴィトーリアエスタディオ・D. アフォンソ・エンリケス オランダの旗 オランダ 1-3 1-3 UEFAネーションズリーグ2018-19
8. 2019年10月15日 ブルガリアの旗ソフィアヴァシル・レフスキ国立競技場 ブルガリアの旗 ブルガリア 0-6 0-6 UEFA EURO 2020予選

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Player Profile: Marcus Rashford”. Premier League. 2017年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月7日閲覧。
  2. ^ マンU、18歳FWラッシュフォードが2戦連続2発…アーセナルとの打ち合い制す
  3. ^ 18歳の新星ラッシュフォードが大仕事! マンUがシティとのダービー制し5戦ぶり白星ゲキサカ
  4. ^ “Sunderland 0-3 Man Utd: Visitors victorious against 10-man strugglers”. Sky Sports. (2017年4月9日). http://www1.skysports.com/football/sland-vs-man-utd/356651 9 April 2017閲覧。 
  5. ^ “Manchester United 2-0 Chelsea: Antonio Conte's men wobble at Old Trafford”. Sky Sports. (2017年4月17日). http://www1.skysports.com/football/nman-utd-vs-chelsea/356657 17 April 2017閲覧。 
  6. ^ “Man Utd 2-1 Anderlecht (agg 3-2): Hosts reach semis as Marcus Rashford hits extra-time winner”. Sky Sports. (2017年4月17日). http://www.skysports.com/football/man-utd-vs-anderlecht/370357 22 April 2017閲覧。 
  7. ^ “Man Utd 2-1 Anderlecht (Agg 3-2): Marcus Rashford is the MVP!”. goldmyne.tv. (2017年4月17日). http://www.goldmyne.tv/sports/man-utd-2-1--anderlecht-agg-3-2--marcus-rashford-is-the-mvp 22 April 2017閲覧。 
  8. ^ “Marcus Rashford's superb free-kick gave Manchester United control of their Europa League semi-final against Celta Vigo.”. BBC Sport. (2017年5月4日). http://news.bbc.com/sport/football/39743943 2017年5月5日閲覧。 
  9. ^ Manchester-Leicester-bbc sports 2017年8月26日
  10. ^ アセンシオに次ぐデビュー戦男! ラッシュフォードが6回目の初出場得点を記録サッカーキング(2017年9月13日)
  11. ^ Benfica 0-1 Manchester United: Mile Svilar's error puts United in control of Group A-Skysports 2017年10.18
  12. ^ Manchester United 2 CSKA Moscow 1: Romelu Lukaku and Marcus Rashford secure Champions League qualification for Jose Mourinho-Eveningstandard2017年12月5日
  13. ^ https://www.manutd.com/en/news/detail/marcus-rashford-is-uniteds-new-number-10
  14. ^ https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20190121/895325.html
  15. ^ https://www.manutd.com/en/news/detail/manchester-united-v-liverpool-20-october-premier-league-match-report Match report Manchester United official
  16. ^ ルーニーも「素晴らしい物語」と絶賛 神童が18歳228日でイングランド史上最年少EUROデビュー サッカーマガジン 2006年6月18日(2016年6月19日閲覧)
  17. ^ イングランド代表が逆転勝利-Sports.Bull 2017年9月4日