マーガレット・スクリブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーガレット・スクリブン
Margaret Scriven
Tennis pictogram.svg
Peggy Scriven 1938.jpg
マーガレット・スクリブン
基本情報
フルネーム Margaret Croft Scriven Vivian
愛称 Peggy(ペギー)
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランド・リーズ
生年月日 (1912-08-17) 1912年8月17日
没年月日 (2001-01-25) 2001年1月25日(88歳没)
死没地 イングランド・ヘーズルミア
利き手
殿堂入り 2016年
4大大会最高成績・シングルス
全仏 優勝(1933・34)
全英 ベスト8(1931・33・34・37)
優勝回数 2(仏2)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 優勝(1935)
全英 ベスト4(1934)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1933)
全英 ベスト8(1937)
優勝回数 1(仏1)
テンプレート  プロジェクト テニス

マーガレット・スクリブンMargaret Scriven, 1912年8月17日 - 2001年1月25日)は、イングランドヨークシャー州リーズ出身の女子テニス選手。1930年代に活躍し、1933年1934年の全仏選手権(現在の全仏オープン)で女子シングルス2連覇を達成した選手である。全仏選手権では1933年の混合ダブルスと1935年の女子ダブルスでも優勝し、総計4つのタイトルを獲得した。左利きの選手で、全仏オープン女子シングルスの歴史を通じて最初の左利き優勝者になった。マーガレットは“Peggy”(ペギー)という愛称で呼ばれた。フルネームは Margaret Croft Scriven Vivian (マーガレット・クロフト・スクリブン・ビビアン)という。

来歴[編集]

スクリブンのテニスは、他のトップ選手に比べると“ぎごちなさ”を感じさせたというが、忍耐強いプレースタイルを持ち味とした。彼女との対戦はスタミナ勝負を強いられ、とりわけ左打ちのフォアハンド・ストロークには、対戦相手にとって“過酷な消耗戦”の印象があったという。

スクリブンは7歳からテニスを始めたが、1929年に17歳でイギリス国内の女子ジュニア・チャンピオンになるまでは、レッスンを受けずに独学でテニスに親しんだ。2年後、1931年ウィンブルドン選手権シモーヌ・マチューフランス)との準々決勝に進出し、初めてのセンター・コートでマチューに 6-1, 2-6, 5-7 の試合を挑んだ。1933年全仏選手権で、スクリブンは女子シングルスと混合ダブルスの2部門で初優勝を飾る。シングルスではノーシードから勝ち上がり、決勝でマチューを 6-2, 4-6, 6-4 で破って優勝した。混合ダブルスでは、スクリブンのパートナーはジャック・クロフォードオーストラリア)であった。全仏2部門制覇の後、ウィンブルドン選手権では2年ぶり2度目の準々決勝でヒルデ・クラーヴィンケルに敗退した。1933年には、キャリアで唯一の全米選手権出場もある。

1934年全仏選手権でスクリブンは第2シードに選ばれ、決勝で第1シードのヘレン・ジェイコブスアメリカ)を 7-5, 4-6, 6-1 で破って2連覇を達成した。同年のウィンブルドンでは、3度目の準々決勝でオーストラリアジョーン・ハーティガンに敗れている。1935年全仏選手権で、スクリブンは準決勝でマチューに 6-8, 1-6 で敗れて女子シングルス3連覇を逃したが、同じイギリスケイ・スタマーズと組んだ女子ダブルスで初優勝した。スクリブンとスタマーズは、2人とも左利き選手どうしのペアを組んだことになる。1937年の準々決勝でリリ・デ・アルバレススペイン)に敗れた試合を最後に、マーガレット・スクリブンは全仏選手権から撤退した。

全仏選手権で4つのタイトルを獲得したスクリブンだが、地元大会のウィンブルドン選手権では4度のベスト8止まりで終わってしまう。最後のチャンスでは、1937年の準々決勝でポーランドヤドヴィガ・イェンジェヨフスカに 1-6, 2-6 のストレートで完敗した。イェンジェヨフスカには、第2次世界大戦開戦直前の1939年にも4回戦敗退を喫している。選手経歴の間に、スクリブンはフランク・ハーベイ・ビビアンと結婚した。

世界大戦の終戦後、スクリブンは1946年1947年のウィンブルドン選手権に出場し、1947年の3回戦でパトリシア・カニング・トッドアメリカ)に 1-6, 3-6 で敗れた試合を最後に選手生活を終えた。その後は夫とともに静かな生活を送り、2001年1月25日にイングランド・サリー州ヘーズルミアにて88歳の長寿を全うした。

マーガレット・スクリブンは2016年に国際テニス殿堂入りを果たした。

全仏選手権の成績[編集]

  • 女子シングルス:2勝(1933年、1934年) [大会2連覇]
  • 女子ダブルス:1勝(1935年) [パートナー:ケイ・スタマーズ]
  • 混合ダブルス:1勝(1933年) [パートナー:ジャック・クロフォード]

参考文献[編集]

  • Maurice Brady, “The Encyclopedia of Lawn Tennis” (ローンテニス百科事典) Robert Hale Ltd., London (1958 Ed.) 121ページ 古い本だが、比較的新しい文献よりも詳細な説明がなされている。
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 彼女の没年月日は、コリンズ百科事典のこの版以後で確認できる。
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3