マーガレット・ロスコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マーガレット・ロスコー(Margaret Roscoe、結婚前の名前、Margaret Lace、1786年頃 - 1840年)はイギリスの植物画家である。画集、“Floral Illustrations of the Seasons” (1829)などで知られる。

略歴[編集]

弁護士の娘に生まれた[1]。1810年にいとこのエドワード・ロスコーと結婚した。義理の父親は『ロレンツォ・デ・メディチ伝』などの歴史読物の著者として知られるウィリアム・ロスコーである[2][1]。ウィリアム・ロスコーの植物学の著書、"Monandrian Plants of the Order Scitamineae: Chiefly Drawn from Living Specimens in the Botanical Gardens at Liverpool" (1824-1828)の図版を描いた画家の一人となった。翌年、“Floral Illustrations of the Seasons”を出版した。

M.Roscoeは、植物の学名命名者を示す場合にマーガレット・ロスコーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

"Floral illustrations of the seasons"の植物画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Dickinson, R. (1957年). “James Nasmyth and the Liverpool iron trade.”. Transactions of the Historic Society of Lancashire and Cheshire 108: 83–104. http://www.hslc.org.uk/documents/PDFS/1956.pdf 2016年5月9日閲覧。. 
  2. ^ Margaret Roscoe”. www.rossbayvilla.org. Ross Bay Villa Historic House Museum. 2016年5月9日閲覧。