マーク・グッゲンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーク・グッゲンハイム
Marc Guggenheim
Marc Guggenheim
ワンダーコン英語版にて(2013年)。
生年月日 (1970-09-24) 1970年9月24日(48歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ロングアイランド[1]
職業 プロデューサー、脚本家
著名な家族 エリック・グッゲンハイム英語版(弟)
テンプレートを表示

マーク・グッゲンハイムMarc Guggenheim, 1970年9月24日[2] - )は、アメリカ合衆国のテレビプロデューサー、脚本家である。テレビの他にマーベルコミックスDCコミックスの脚本を執筆している。弟は同じく脚本家のエリック・グッゲンハイム英語版である。

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ロングアイランド出身である[1]

キャリア[編集]

脚本家となる前はマサチューセッツ州ボストン弁護士として働いていた[1]

テレビ[編集]

初めて脚本を手がけたのは2001年の『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』であった。『ロー&オーダー』、『Jack and Bobby』、『CSI:マイアミ』、『In Justice』などに参加した。

2008年にはグレッグ・バーランティと共にABCのシリーズ『弁護士イーライのふしぎな日常』を製作総指揮した。ABCでは後に『No Ordinary Family』も製作総指揮した。

コミック[編集]

1990年代よりマーベルコミックスDCコミックスで脚本を手がけていた。

2006年には『The Flash』に参加し、4代目フラッシュであるバート・アレン英語版の死を描いた。

2007年には『アメイジング・スパイダーマン』の脚本家チームに参加し、さらに2008年には『Young X-Men』を立ち上げた

グッゲンハイムはリミテッドシリーズ『War of the Supermen』の後は『Action Comics』を引き継ぐ予定であったが[3]ポール・コーネル英語版と交代した。グッゲンハイムは他のプロジェクトに取り組んだ[4]

フィルモグラフィ[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

コンピュータゲーム[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c “勝ち組”主義を払拭する海外ドラマ(3/4)” (2011年10月14日). 2013年7月11日閲覧。
  2. ^ Profile[リンク切れ], www.evri.com
  3. ^ Segura, Alex (2009年12月10日). “DCU in 2010: Marc Guggenheim Steps in as Writer on Action Comics”. The Source. DC Comics.com. 2010年4月12日閲覧。
  4. ^ Segura, Alex (2010年4月12日). “Paul Cornell Steps in as New Action Comics Writer”. The Source. DC Comics.com. 2010年4月12日閲覧。