マーク・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・ゴードン
Mark Gordon
生年月日 (1956-10-10) 1956年10月10日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州ニューポートニューズ
職業 映画プロデューサーテレビプロデューサー
配偶者 カレン・ヴィルヌーヴ(1997年 - 2006年)

マーク・ゴードン(Mark Gordon、1956年10月10日 - )は、アメリカ合衆国映画テレビプロデューサーである。

生い立ち[編集]

バージニア州ニューポートニューズで生まれる。ニューヨーク大学映画学部を卒業した。

キャリア[編集]

1980年代よりテレビシリーズやテレビ映画のプロデューサーとして活動している。1989年に『悪魔のジャンクハンター』で映画プロデューサーデビューする。

1994年に製作映画『スピード』が公開され、世界興行収入が3億ドルを超すヒット作となった。1998年のスティーヴン・スピルバーグ監督による戦争映画『プライベート・ライアン』ではアカデミー作品賞などにノミネートされた。

2000年には『パトリオット』でローランド・エメリッヒ監督とコンビを組み、その後も『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年)、『紀元前1万年』(2008年)、『2012』(2009年)でも共同した。特に『2012』は全世界での興行収入が7億6000万ドルを超え、ゴードンのキャリアで最大のヒット作となった。

また2000年代後半には『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』、『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』などのテレビシリーズを成功させている。

ホーク・コーチと共に全米製作者組合の会長を務めている[1]

私生活[編集]

1997年にカナダの社会起業家で元モデルのカレン・ヴィルヌーヴと結婚したが、2003年に別居し、2006年に離婚した[2]。両者は2人の娘をもうけている[3]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • How to Be a Perfect Person in Just Three Days (1983) テレビ映画、製作
  • ABC Afterschool Special (1984–1985) テレビシリーズ、2話製作
  • CBS Schoolbreak Special (1985–1995) テレビシリーズ、1話監督
  • CBS Summer Playhouse (1987) テレビシリーズ、製作
  • Double Switch (1987) テレビ映画、製作
  • Love Kills (1991) テレビ映画、製作総指揮
  • Lightning Field (1991) テレビ映画、製作総指揮
  • The Man Who Wouldn't Die (1994) テレビ映画、製作総指揮
  • ザ・リッパー The Ripper (1997) テレビ映画、製作総指揮
  • 殺しのターゲット Footsteps (2003) テレビ映画、製作総指揮
  • バンデラスの英雄パンチョ・ヴィラ And Starring Pancho Villa as Himself (2003) テレビ映画、製作総指揮
  • ルーズベルト 大統領の保養地 Warm Springs (2005) テレビ映画、製作総指揮
  • LAX LAX (2004-2005) テレビシリーズ、製作総指揮
  • A House Divided (2006) テレビ映画、製作総指揮
  • Army Wives (2007-2010) テレビシリーズ、製作総指揮
  • REAPER デビルバスター Reaper (2007-2009) テレビシリーズ、製作総指揮
  • プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち Private Practice (2007-2011) テレビシリーズ、製作総指揮
  • クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds (2005-2011) テレビシリーズ、製作総指揮
  • グレイズ・アナトミー 恋の解剖学 Grey's Anatomy (2005-2011) テレビシリーズ、製作総指揮
  • クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル Criminal Minds: Suspect Behavior (2011) テレビシリーズ、製作総指揮
  • クワンティコ/FBIアカデミーの真実 Quantico (2015 - ) テレビシリーズ、製作総指揮

参考文献[編集]