マーク・ベノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マーク・ベノ
生誕 1947年7月1日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ダラス
ジャンル ブルースR&B
職業 ミュージシャン
スタジオ・ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ギター、ピアノ、ボーカル
活動期間 1968年 – 現在
レーベル A&M
シェルター・レコード英語版
ブルー・スカンク・ミュージック (Blue Skunk Music)
共同作業者 ドアーズ
エリック・クラプトン
レオン・ラッセル
ライトニン・ホプキンス
スティーヴィー・レイ・ヴォーン
リタ・クーリッジ
アサイラム・クワイア
公式サイト Marcbenno.com

マーク・ベノ(Marc Benno、1947年7月1日 - )は、テキサス州ダラス出身のアメリカ合衆国シンガーソングライターギタリスト[1]

ベノは、レオン・ラッセルとともに1960年代末にアサイラム・クワイアを組んでいたが、1970年代初めにはソロ活動を始め、1972年のアルバム『Ambush』は商業的にも一定の成功を収めた。ベノが書いた「ロックン・ロール・ミー・アゲイン (Rock 'n Roll Me Again)」は、ザ・システム英語版が録音し、1985年の映画ビバリーヒルズ・コップ』で使用され、グラミー賞を受賞したサウンドトラックにも収められた。ベノが共演したミュージシャンとしては、ドアーズエリック・クラプトンスティーヴィー・レイ・ヴォーンリタ・クーリッジなどが挙げられる[2]。ベノはドアーズの曲「L.A.ウーマン」でロビー・クリーガーのセカンド・ギターとして参加している[3]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

アルバム 最高位
Billboard 200
1968 Look Inside the Asylum Choirアサイラム・クワイア
1970 Marc Benno
1971 Minnows
Asylum Choir IIアサイラム・クワイア 70
1972 Ambush 171[4]
1979 Lost in Austin
1990 Take It Back To Texas
1994 Snake Charmer
2000 Sugar Blues
2002 Live in Gillespie County
2003 Golden Treasure
2003 Hit The Bottom
2004 I Got It Bad
2005 Live at the Chi Chi Club (with John Cipollina, Pete Sears)
2006 Crawlin (with Stevie Ray Vaughan, Doyle Bramhall)
2007 Live in Japan
2007 Shadow
2011 From the Vault
Live at the Pour House
2012 Nearly Famous

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ about MARCbenno
  2. ^ Marc Benno”. AllMusic. 2012年4月9日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ Biography by William Ruhlmann (1947年7月1日). “Marc Benno | Awards”. AllMusic. 2015年10月20日閲覧。