マーク・メドウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マーク・メドウズ
Mark Meadows
Mark Meadows, Official Portrait, 113th Congress.jpg
生年月日 (1959-07-28) 1959年7月28日(61歳)
出生地 フランスの旗 フランス ヴェルダン
出身校 フロリダ州立大学
南フロリダ大学
所属政党 共和党
配偶者 デビー・メドウズ
子女 2

在任期間 2020年3月31日 -
大統領 ドナルド・トランプ

選挙区 ノースカロライナ州
当選回数 2回
在任期間 2013年1月3日 - 2020年3月30日
テンプレートを表示

マーク・メドウズ(英:Mark Meadows、1959年7月28日 - )は、アメリカ合衆国政治家2020年4月から大統領首席補佐官

政治活動[編集]

大統領首席補佐官として[編集]

首席補佐官就任以前は、ノースカロライナ州選出の連邦下院議員であり、共和党内でも保守強硬派と知られていた。下院では、共和党所属のヒラ議員を束ねた自由議員連盟に所属し、リーダーとして活動していた[1]

ドナルド・トランプとは旧知の仲で、2016年の大統領選挙ではトランプ支持をいち早く表明し、当選後は最側近の1人として政権を支えていた。2019年の時点で、2020年秋に予定される次期下院選挙には出馬しない意向を示していたが、2020年3月、大統領首席補佐官代行のミック・マルバニートランプ大統領のウクライナ疑惑の処理で不興を買い更迭されると後任に抜擢された[2][3]

2020年6月、ミネアポリスで発生した反人種差別デモの対応をめぐり、トランプ大統領がマーク・エスパー国防長官を解任する意向を示した際には、マイク・ポンペオ国務長官とともに翻意させたと報じられるなど、政権内で強い発言力を有していることが示唆されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 自由議連 この29人の白人男性が米国を動かしているのか”. BBC (2017年3月28日). 2020年9月17日閲覧。
  2. ^ トランプ大統領、腹心メドウズ氏を首席補佐官に”. 日本経済新聞 (2020年3月7日). 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ トランプ氏、首席補佐官を交代 3年あまりで4人目”. CNN (2020年3月7日). 2020年6月10日閲覧。
  4. ^ トランプ氏、国防長官「解任寸前」で翻意…軍投入巡り対立”. 読売新聞 (2020年6月10日). 2020年6月10日閲覧。
公職
先代:
ミック・マルバニー
アメリカ合衆国の旗 大統領首席補佐官
2020年3月31日 -
次代:
‪(現職)