マーズ2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マーズ2020
Mars2020Rover-Sketch-20130710.jpg
マーズ2020の概念図
所属 アメリカ航空宇宙局 (NASA) / ジェット推進研究所(JPL)
主製造業者 ボーイング
ロッキード・マーティン
公式ページ Mars 2020
国際標識番号 2020-052A
カタログ番号 45983
状態 運用中
目的 火星探査
観測対象 火星
打上げ場所 ケープカナベラル空軍基地第41発射施設
打上げ機 アトラスV 541型
打上げ日時 2020年7月30日午前7時50分(アメリカ東部夏時間)
軟着陸日 2021年2月18日 [1](予定)
PIXL 蛍光X線で分析
テンプレートを表示

マーズ2020Mars 2020) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所(JPL)が進めている火星探査ミッションで用いる探査機の名称である[2]。2020年3月、NASAはローバーに「パーシビアランス」(Perseverance、「忍耐、根気」などの意味)と命名すると発表した[3][注釈 1]

概要[編集]

マーズ・サイエンス・ラボラトリーの後継計画で探査に使用される火星探査車は既に実績のあるキュリオシティの構成要素を最大限に流用する事で新規開発に必要な時間と費用を極力抑える[4]。着陸や運転には自動的に判断するアルゴリズムが搭載される予定[5]

観測機器は新たに開発したものを搭載する予定。Mars Helicopter Scout (MHS)という無人航空機を搭載する計画もある[6]

一部では新規性に乏しいという意見も散見されるものの、火星の大気から酸素を製造する実験等も予定されており、将来の火星への有人探査、滞在も視野に入れたミッションが予定される。

火星への飛行[編集]

2020年7月30日、火星探査車を搭載したロケット(アトラス V)がフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げ[7]。 打ち上げ後、宇宙船のシステムが最小限の機能のみ動く状態となるセーフモードに入った。これは地球の影に入った際に想定以上機体が冷えたためで、影から出て温度が戻った後に復旧作業が行われた[8]


注釈[編集]

  1. ^ 「パーセビアランス」「パーサビーランス」など、日本語では複数の表記方法がある。

脚注[編集]

  1. ^ Mars 2020 Mission, Perseverance Rover Launch”. Jet Propulsion Laboratory. 2020年6月24日閲覧。
  2. ^ NASAが2020年に打ち上げ予定の火星ローバーの詳細が明らかに”. 2016年12月21日閲覧。
  3. ^ Virginia Middle School Student Earns Honor of Naming NASA's Next Mars Rover”. NASA (2020年3月6日). 2020年6月24日閲覧。
  4. ^ 次世代火星探査車の自動運転技術を開発中”. 2016年12月21日閲覧。
  5. ^ ここがすごい!「マーズ2020」火星探査計画”. 2016年12月21日閲覧。
  6. ^ ここがすごい!「マーズ2020」火星探査計画”. 2016年12月21日閲覧。
  7. ^ 米NASA、火星探査車「パーサビアランス」を打ち上げ”. AFPBB News (2020年7月30日). 2020年7月31日閲覧。
  8. ^ 米火星探査車、打ち上げ後に技術的問題 NASA発表”. AFPBB News (2020年7月31日). 2020年7月31日閲覧。

関連項目[編集]