マーセル・オズナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオズナ第二姓(母方の)はアイデルフォンゾです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マルセル・オスーナ
  • マーセル・オスーナ
  • マルセル・オーズナ
マーセル・オズナ
Marcell Ozuna
セントルイス・カージナルス #23
Ozuna Cards DET 2018.jpg
セントルイス・カージナルス時代
(2018年9月9日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ特別区
生年月日 (1990-11-12) 1990年11月12日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてフロリダ・マーリンズと契約
初出場 2013年4月30日
年俸 $9,000,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーセル・オズナ・アイデルフォンゾMarcell Ozuna Idelfonso,[注釈 1] 1990年11月12日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ特別区出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルスに所属。愛称はザ・ビッグ・ベアー[4]

経歴[編集]

マーリンズ傘下時代[編集]

2008年2月15日にフロリダ・マーリンズ(現:マイアミ・マーリンズ)と契約を結んだ[5]。この年は、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・マーリンズでプレーした[6]

2009年からはアメリカ本土に渡り、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズでプレーした[6]

2010年は、A級グリーンズボロ・グラスホッパーズでプレーした[6]

2012年11月20日に40人枠に登録された[5]

2013年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズ英語版に4試合出場した後、AA級ジャクソンビル・サンズに昇格した。

マーリンズ時代[編集]

マイアミ・マーリンズ時代
(2016年4月11日)

2013年4月30日にジャンカルロ・スタントン故障者リスト入りに伴ってメジャーに昇格を果たした[7]。同日のニューヨーク・メッツ戦で、ジェレミー・ヘフナー英語版からメジャー初安打を放った。打率.265・3本塁打・32打点という打撃成績に加え、盗塁を5つ決めた[6]。マイナーリーグでは、2010年 - 2012年に3年連続で20本塁打以上を放った[6]

2014年は、センターのレギュラーに定着して153試合に出場。出場試合数を超える164三振を喫したが、全て前年を上回る打率.269・23本塁打・85打点という成績だった[6]

2015年も、中堅手のレギュラーとして開幕を迎えたが、本塁打がなかなか出ない試合が続いた。さらに、インターリーグ辺りから失速し始めると、2割8分台あった打率が2割3分台まで低下。7月にはマイナー降格されるなど、打撃不振に陥った。約1ヶ月以上も昇格されずに、AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで33試合も出場し[6]、メジャー再昇格を果たすと最終的に打率は.259まで巻き返したが、本塁打は10本止まりだった[6]

2016年は4月こそ低調だったものの、5月に月間打率.416と調子を上げ、前半戦で打率.307、17本塁打を記録した。また選手間投票によって自身初のオールスター選出となった。最終的には148試合に出場し、打率.266・23本塁打・76打点だった[6]

2017年は開幕から好調で、4月16日には自身初となる週間MVP英語版に獲得した。2年連続でオールスターゲームに選出された。後半戦も調子は落ちず、9月14日にも週間MVPを獲得した。159試合に出場し、打率.312、37本塁打、124打点という成績を残し、シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞した。

カージナルス時代[編集]

2017年12月14日に、マグネウリス・シエラ英語版サンディ・アルカンタラ及びマイナーリーグ所属選手2名との交換トレードでセントルイス・カージナルスに移籍した[8]

2018年シーズンは6月17日に週間MVPを獲得した。7月30日のコロラド・ロッキーズ戦では自身初のサヨナラ本塁打を放った[9]。最終成績は148試合の出場で、打率.280・23本塁打・88打点だった。

プレースタイル[編集]

打撃面では、長打力が持ち味。そのパワーは「モンスター・パワー」と評される[10]。パワーは広角に飛距離を出すレベルを誇り、満塁の場面にも強い[10]

強肩が持ち味であり、「バズーカ・アーム」と評されるほどの実力を備える[10]。2017年オフにMLB.comのアナリストであるマイク・ペトリエロが、オズーナはMLB最高の左翼手だと述べた[11]。その理由として平均91マイル(146 km/h)の強肩を挙げている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 MIA 70 291 275 31 73 17 4 3 107 32 5 1 1 0 13 0 2 57 6 .265 .303 .389 .693
2014 153 612 565 72 152 26 5 23 257 85 3 1 0 5 41 1 1 164 12 .269 .317 .455 .772
2015 123 494 459 47 119 27 0 10 176 44 2 3 0 2 30 1 3 110 10 .259 .308 .383 .691
2016 148 608 557 75 148 23 6 23 252 76 0 3 0 4 43 2 4 115 11 .266 .321 .452 .773
2017 159 679 613 93 191 30 2 37 336 124 1 3 0 2 64 4 0 144 18 .312 .376 .548 .924
2018 STL 148 628 582 69 163 16 2 23 252 88 3 0 0 4 38 2 3 110 10 .280 .325 .433 .758
MLB:6年 801 3312 3051 387 846 139 19 119 1380 449 14 11 1 17 229 10 13 700 67 .277 .329 .452 .781
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 右翼(RF) 左翼(LF)




































2013 MIA 33 77 3 0 2 1.000 36 80 5 2 2 .977 -
2014 140 325 8 5 0 .985 4 2 0 0 0 1.000 11 29 2 0 1 1.000
2015 111 238 5 1 0 .996 15 35 0 0 0 1.000 -
2016 123 276 5 5 0 .983 9 17 3 0 0 1.000 11 17 0 0 0 1.000
2017 3 7 0 0 0 1.000 1 2 0 0 0 1.000 152 305 10 5 0 .984
2018 STL - - 147 264 6 4 4 .985
MLB 410 923 21 11 2 .988 65 136 8 2 2 .986 321 615 18 9 5 .986

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48(2013年)
  • 13(2014年 - 2017年)
  • 23(2018年 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語発音: [maɾ.ˈsɛl o.ˈsu.na][2]英語発音: [mɑ˞ˈseɪl oʊˈzunə][3]

出典[編集]

  1. ^ Marcell Ozuna Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年12月14日閲覧。
  2. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ Joe Frisaro (2017年8月24日). “Breakdown of Marlins' Players Weekend names” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  5. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i Baseball-Reference参照。2017年12月15日閲覧。
  7. ^ Joe Frisaro (2017年4月29日). “Stanton strains hamstring in 10th, put on DL” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  8. ^ Jenifer Langosch (2017年12月14日). “Cards finalize deal with Miami for All-Star Ozuna” (英語). MLB.com. 2017年12月15日閲覧。
  9. ^ Ozuna's walk-off homer in 10th”. 2018年7月31日閲覧。
  10. ^ a b c 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、314頁。ISBN 978-4-331-51921-9。
  11. ^ Ozuna leads Top 10 left fielders into 2018”. MLB.com. 2019年5月20日閲覧。

関連項目[編集]