マーティンボロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーティンボロ
Martinborough Chunichi-Shimbun-Hai 2014(IMG1).jpg
2014年中日新聞杯
欧字表記 Martinborough
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2009年8月20日(10歳)
抹消日 2017年1月4日
ディープインパクト
ハルーワソング
母の父 Nureyev
生国 日本の旗 日本(北海道安平町)
生産 ノーザンファーム
馬主 吉田和美
調教師 友道康夫(栗東)
競走成績
生涯成績 28戦7勝
獲得賞金 1億6,547万4,000円
勝ち鞍 GIII中日新聞杯(2014年)
GIII新潟記念(2014年)
テンプレートを表示

マーティンボロ(Martinborough)は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2014年中日新聞杯新潟記念馬名の由来はニュージーランドの町名。

経歴[編集]

日本産の競走馬としては非常に遅い8月生まれだが、これはディープインパクト産駒を南半球へ輸出するため実験的にわざと遅く誕生させたものである[1][2]。だが検疫などの問題が発生し輸出を断念、日本で走らせることになった。遅生まれのため同期の他馬に比べ成長が遅く、入厩当初はひ弱な馬であったという[3]

2012年 - 2013年(3歳 - 4歳)[編集]

3月の新馬戦でデビューし5着。8月の未勝利戦で6戦目にして初勝利を挙げた。その後は自己条件で堅実に走り、2013年終了時点で15戦4勝という成績を残している。4勝中3勝は小倉競馬場で挙げたものだが、調教師の友道康夫によると「非力なため平坦で芝が軽い小倉でしか成績を残せなかった」ためだという[4]

2014年(5歳)[編集]

2月の飛鳥ステークス(1600万条件)に勝利しオープンクラスに昇格[5]。デビュー18戦目にして初の重賞出走となった中日新聞杯では10番人気の低評価だったが、直線で鋭く伸びて優勝、重賞初勝利を挙げた[3]。グレード制導入の1984年以降、内国産重賞勝ち馬で最も生まれが遅かったのは、6月24日生まれのマルタカストーム(1985年スプリンターズステークス)とハッピィーギネス(1992年根岸ステークス)だったが、従来の記録を大幅に塗り替えた。

続いてエプソムカップに出走する予定だったが、左飛節に腫れが出たため回避し放牧に出された[6]。8月の小倉記念で復帰、勝ったサトノノブレスと同じ最速の上がりを出したものの、1馬身3/4届かず2着。続く新潟記念では1番人気に答えて優勝、重賞2勝目を挙げ、サマー2000シリーズのチャンピオンとなった[7]。なお、最後の直線で斜行し他馬の進路を妨害したとして、騎乗したナッシュ・ローウィラーには23日間(実効8日間・同年の新潟競馬全日程終了まで)の騎乗停止処分が下っている[8]。GI初出走となった天皇賞(秋)では中団から伸びず13着に敗れた。

2015年(6歳)[編集]

脚部不安で春シーズンを全休。10月の毎日王冠で復帰したが13着に終わった。

2016年(7歳)[編集]

2016年シーズンは惨敗続きとなり、福島記念7着(この時、決勝戦手前で外側に斜行し、4頭の進路を妨害した。騎乗していた中谷雄太騎手は開催2日間の騎乗停止処分を受けた。)を最後に現役引退した。

2017年(8歳)[編集]

1月4日付で競走馬登録を抹消された、マーティンボロはフランス・ノルマンディー地方のトルーンにある、Haras de Grandcamp(グランカン牧場)で種牡馬としてスタッドインの上繋養生活を送ることになり、栃木県の鍋掛牧場で出国検疫検査を受けた後、1月11日に成田空港発の飛行機で渡仏した。 [9][10]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬/(2着馬)
2012.03.04 阪神 3歳新馬 芝1600m(良) 16 5 9 007.80(3人) 05着 01:39.4(34.9) -0.9 四位洋文 56kg エロイカ
0000.03.24 阪神 3歳未勝利 芝1600m(重) 18 2 3 003.70(1人) 02着 01:39.6(36.8) -0.5 四位洋文 56kg エアジェルブロワ
0000.04.21 京都 3歳未勝利 芝1800m(良) 18 7 15 002.70(1人) 03着 01:48.7(35.1) -0.2 四位洋文 56kg ブラボープリンス
0000.05.06 京都 3歳未勝利 芝1600m(良) 18 4 7 002.50(1人) 08着 01:35.4(35.8) -0.6 武幸四郎 56kg マイネルオラシオン
0000.07.14 中京 3歳未勝利 芝2000m(良) 17 7 13 004.80(2人) 17着 02:09.3(41.8) -6.8 藤岡康太 56kg コスモオアシス
0000.08.04 小倉 3歳未勝利 芝2000m(良) 18 2 3 009.10(4人) 01着 01:59.1(35.8) -0.6 川須栄彦 56kg (ダイシンハンター)
0000.09.09 阪神 3歳上500万下 芝2000m(良) 10 3 3 002.50(1人) 03着 01:59.4(36.0) -0.1 川須栄彦 54kg エーシングングン
0000.09.23 阪神 3歳上500万下 芝1800m(良) 18 3 6 003.30(1人) 14着 01:47.1(35.3) -0.8 川須栄彦 54kg メロート
2013.02.10 小倉 小倉城特別 芝1800m(良) 14 4 5 004.30(2人) 04着 01:47.2(34.8) -0.3 川須栄彦 56kg ソールデスタン
0000.03.03 小倉 4歳上500万下 芝2000m(良) 18 2 4 003.00(1人) 01着 02:00.5(34.7) -0.0 川須栄彦 57kg (スプリングアルタ)
0000.04.20 京都 鴨川特別 芝2000m(良) 12 4 4 003.30(1人) 07着 02:00.4(34.7) -0.4 岩田康誠 57kg タガノイノセンス
0000.07.27 小倉 3歳上500万下 芝2000m(良) 15 4 6 003.20(2人) 01着 01:58.8(34.0) -0.0 川田将雅 57kg (クリサンセマム)
0000.08.31 小倉 玄海特別 芝2000m(重) 15 3 4 003.30(1人) 07着 01:59.5(35.0) -0.3 川田将雅 55kg スノードン
0000.10.20 京都 北野特別 芝2000m(不) 11 8 10 006.80(3人) 03着 02:01.2(36.0) -0.1 川田将雅 57kg コアレスドラード
0000.11.10 京都 3歳上1000万下 芝2000m(稍) 11 6 6 003.30(2人) 01着 02:00.5(34.3) -0.1 川田将雅 57kg (リメインサイレント)
2014.01.13 京都 寿S 芝2000m(良) 16 2 3 009.80(4人) 03着 02:00.4(33.8) -0.2 川田将雅 57kg アクションスター
0000.02.16 京都 飛鳥S 芝1800m(稍) 11 6 7 004.30(3人) 01着 01:49.0(35.2) -0.0 川田将雅 57kg (ミルドリーム)
0000.03.15 中京 中日新聞杯 GIII 芝2000m(良) 18 8 17 030.7(10人) 01着 02:01.7(34.1) -0.0 D・バルジュー 54kg ラキシス
0000.08.10 小倉 小倉記念 GIII 芝2000m(稍) 14 8 13 009.90(6人) 02着 02:00.1(35.3) -0.3 藤岡佑介 56kg サトノノブレス
0000.09.07 新潟 新潟記念 GIII 芝2000m(良) 18 7 13 004.60(1人) 01着 01:58.4(34.2) -0.0 N・ローウィラー 56kg (クランモンタナ)
0000.11.02 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 7 14 019.10(7人) 13着 02:00.3(34.8) -0.6 川田将雅 58kg スピルバーグ
2015.10.11 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 13 2 2 103.9(13人) 13着 01:46.7(34.2) -1.1 川田将雅 56kg エイシンヒカリ
2016.01.05 京都 京都金杯 GIII 芝1600m(良) 17 7 13 032.3(11人) 09着 01:33.7(34.0) -0.7 S・フォーリー 57kg ウインプリメーラ
0000.02.07 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 14 5 8 081.5(12人) 07着 01:34.6(33.1) -0.5 S・フォーリー 58kg スマートレイアー
0000.04.24 京都 マイラーズC GII 芝1600m(良) 15 6 10 062.8(13人) 11着 01:33.5(34.6) -0.9 藤岡佑介 56kg クルーガー
0000.07.10 福島 七夕賞 GIII 芝2000m(良) 16 3 5 023.7(10人) 06着 01:59.2(37.1) -1.3 鮫島克駿 57kg アルバートドック
0000.08.07 小倉 小倉記念 GIII 芝2000m(良) 12 5 6 010.90(5人) 05着 02:00.2(35.9) -0.2 藤岡佑介 57kg クランモンタナ
0000.11.13 福島 福島記念 GIII 芝2000m(良) 16 3 6 032.40(9人) 07着 02:01.5(35.9) -0.7 中谷雄太 57kg マルターズアポジー

種牡馬時代[編集]

2017年よりフランス・ノルマンディー・トルーンのグランカン牧場で種牡馬として繋養生活を送っており、2018年には待望の初年度産駒が生まれる予定。

血統表[編集]

マーティンボロ血統サンデーサイレンス系 / Halo3×4=18.75% Northern Dancer5×3=15.63% Almahmoud5×5=6.25) (血統表の出典)

ディープインパクト 2002
鹿毛 北海道早来町
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair 1991
鹿毛 アイルランド
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Burghclere
Highclere

* ハルーワソング
Halwa Song 1996
栗毛 アメリカ
Nureyev 1977
鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
母の母
Morn of Song 1988
鹿毛 アメリカ
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Glorious Song Halo
Ballade F-No.12-c


脚注[編集]

  1. ^ 南半球は日本のある北半球と季節が逆のため、サラブレッドも9月から12月くらいに誕生する。
  2. ^ 遅生まれのサラブレッド 重賞初勝利”. 井崎脩五郎のおもしろ競馬学. msn産経ニュース (2014年3月19日). 2014年11月9日閲覧。
  3. ^ a b 【中日新聞杯】マーティンボロ差して重賞初挑戦V”. スポニチアネックス (2014年3月16日). 2014年11月9日閲覧。
  4. ^ 【天皇賞・秋】マーティンボロ 出世遅れたディープ産駒が本格化”. スポニチアネックス (2014年10月31日). 2014年11月9日閲覧。
  5. ^ 【飛鳥S】(京都)~マーティンボロ 快勝”. ラジオNIKKEI (2014年2月16日). 2014年11月9日閲覧。
  6. ^ 【小倉記念】マーティンボロ 放牧で腫れ回復、追うごとに動き良く”. スポニチアネックス (2014年8月6日). 2014年11月9日閲覧。
  7. ^ 【新潟記念】1番人気マーティンボロ快勝!サマー2000逆転V”. スポニチアネックス (2014年9月8日). 2014年11月9日閲覧。
  8. ^ 開催競馬場・今日の出来事”. 日本中央競馬会 (2014年9月7日). 2014年11月9日閲覧。
  9. ^ マーティンボロがフランスで種牡馬入りスポーツ報知、2016年12月21日閲覧
  10. ^ アムールブリエ号・マーティンボロ号・メイショウスザンナ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2017年1月5日閲覧
  11. ^ ヴィブロス鮮やかに差し切りV! 姉の無念晴らしGI制覇!/秋華賞 - netkeiba.com  2016年10月16日閲覧

参考文献[編集]