マーティ・キーナート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

マーティ・キーナート(Marty Kuehnert, 1946年7月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のスポーツライター評論家及びプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」の初代ゼネラルマネージャーで社長補佐を務める。

人物・経歴[編集]

スタンフォード大学政治学部出身。1965年スタンフォード大学在籍中に慶應義塾大学へ特別交換留学生として初来日し、卒業後1969年再来日し慶大インターナショナルセンター日本語コースを修了、以後日米を通じたスポーツビジネスに身をおく。

1972年にロッテオリオンズ子会社のカリフォルニアリーグローダイオリオンズのゼネラルマネージャーを務めた後、1974年には太平洋クラブライオンズのフロントとして入団し営業開発促進室室長としてファンサービスの原点を日本へ持ち込んだ。日本人の妻を持ち、1974年にニューヨーク・タイムズ紙に前年ヤクルトアトムズを退団したジョー・ペピトーンが、物価の高さを主に日本を激しく批判している記事が載った時には反論をMLB全24球団とニューヨーク・タイムズ紙に送っている[1]

退団後はスポーツライターとして日本とアメリカのスポーツ文化の違い、またアメリカ人の目で見た日本のスポーツ界の現況をレポートしてきた。著作『松井がジャイアンツを去る日』は、マイクロソフト社のニュースサイトMSNジャーナル」への連載がスピンアウトしたもの。

その他、サンテレビプロ野球解説者(阪急ブレーブス戦)、関西テレビなどでの英語中継の実況アナウンス、テレビ東京スポーツTODAY』のキャスター、毎日放送世界まるごとHOWマッチ!!』のゲスト解答者なども務めた。1990年から1993年にかけて、アメリカメジャーリーグの下部組織2Aクラスのバーミングハム・バロンズのオーナーとなったこともある。

2004年10月に、2005年からプロ野球・パシフィック・リーグに参入した、インターネット通販大手の楽天が設立する新球団運営会社「東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天野球団)」の初代ゼネラルマネージャー (GM) に就任した。

2005年4月後半、チームの負けが込み、連敗が2桁になってしまったことを理由に4月29日付でGMを解任され、球団アドバイザーに降格となった。2008年より、社長補佐を務める。

2005年、東北大学特任教授、2009年仙台大学副学長兼教授に就任。

その他[編集]

著書[編集]

  • 『ニッポン野球、一刀両断―外人選手170人の証言』1988年(石田パンリサーチ出版局)ISBN 4893520326
  • 『「YES」と言えなかった大リーガー―来日ガイジン選手200人の告白』1991年(ベースボール・マガジン社)ISBN 4583028628
  • 『愛すべき助っ人たち』 1998年(ベースボール・マガジン社)ISBN 4583035322
  • 『スター選手はなぜ亡命するか―プロ野球もビッグバンを目指せ!』1997年(ベストセラーズ・ワニの本)ISBN 4584010331
  • 『松井がジャイアンツを去る日―このままではダメになる。日本スポーツ界への箴言、苦言。』2001年(日本文化出版) ISBN 4890840540
  • 『文武両道、日本になし―世界の秀才アスリートと日本のど根性スポーツマン』2003年(早川書房) ISBN 4152084898
  • 『スタンフォード流 議論に絶対負けない法―勝ちグセ”をつけるセオリー! 』2010年(イースト・プレス)ISBN 4781603440

脚注[編集]

  1. ^ 伊東一雄. メジャーリーグこそ我が人生:パンチョ伊東の全仕事. サンケイスポーツ. p. 232-233 

関連項目[編集]