マープタープット工業港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マープタープット工業港 (マープタープットこうぎょうこう、タイ語:ท่าเรืออุตสาหกรรมมาบตาพุด英語:Map Ta Phut Industrial Port) は、タイ王国タイ中部の東部ラヨーン県ムアンラヨーン郡にあるタイ王国の港湾タイ工業団地公社が管理。「マープタープット港」「マプタプット港」と記載されることもある。

概要[編集]

マープタープット工業港は、大型貨物船の接岸可能な国際工業港である。タイ東部臨海開発計画の一環である「工業港開発計画」によって計画され、海外経済協力基金からの円借款により建設された。1989年から建設が始まり、1992年に開港。港には税関支局、入国管理支局、検疫所、保税蔵置場事務所等、各種輸出入手続きに必要な政府機関の事務所が設置されている。総敷地面積235.2ha。 また、同港にはマープタープット工業団地が隣接している。

運営事務所所在地[編集]

マープタープット工業港 ターミナル運営部

ท่าเรืออุตสาหกรรมมาบตาพุด กองปฏิบัติการท่าเรือ 1 ถนน ไอ – หนึ่ง ตำบลมาบตาพุด อำเภอเมือง จังหวัดระยอง 21150

ターミナル[編集]

同港にはコンテナをはじめバルク船、タンカー船用の設備がある。ターミナルは、公共ターミナル専用ターミナルの二つに大きく区分されている。

  • 公共ターミナル (Public Terminal:PT)-このターミナルには使用者数の制限がない。
    • 一般係留施設 (General Cargo Berth)‐1バース(全長330m以下、水深12.5m以下) 全長200m以下、水深11.9m以下の船舶が入港可。4,000平方メートルの倉庫と、75,000平方メートルのコンテナヤードを備える。
    • 液状貨物船係留施設 (Liquid Cargo Berth) ‐2バース
  • 専用ターミナル (Dedicated Terminal:DT)-特定業者によって利用・運営されている専用のターミナル。
    • 第1埋立地
  1. RBTターミナル
  2. NFCターミナル
  3. MTTターミナル
  4. Glow SPP3ターミナル
  5. RRCターミナル
  6. SPRCターミナル
    • 第2埋立地
  1. BLCPターミナル
  2. PTT LNGターミナル (2011年設置予定)

鉄道貨物輸送[編集]

マープタープット工業港地区へは、1995年8月19日にタイ国鉄東線サッタヒープ支線カオチーチャン駅から分岐する貨物線が開通し、終点の工業団地内にマープタープット貨物駅が設置されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.262-p.263

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8

関連項目[編集]