マーベル・エンターテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーベル・エンターテインメント
MARVEL Entertainment, LLC
現地語社名 Marvel Entertainment, LLC
企業形態 子会社
業種 エンターテインメント
事業分野 実写アニメーション
設立 1998年6月
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
事業地域 世界の旗 世界
主要人物 スタン・リー
製品 実写映画
アニメーション
コミック
親会社 ウォルト・ディズニー・カンパニー
子会社 マーベル・コミック
マーベル・アニメーション
マーベル・スタジオ
マーベル・テレビジョン
ウェブサイト http://marvel.com/
テンプレートを表示

マーベル・エンターテインメント:Marvel Entertainment, LLC)は、アメリカ合衆国ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社のエンターテインメント会社。

概要[編集]

マーベル・コミックの親会社として、マーベル・エンターテインメント・グループとトイビズが合併する形で1998年に設立された。マーベル・コミックを初め、マーベルアニメーションマーベル・スタジオ、マーベル・テレビジョンなどを傘下(子会社)に収めている。

2009年、ウォルト・ディズニー・カンパニーによって4億ドルで買収された[1]。これによりマーベル関連企業は全てディズニー社の完全子会社となった。また以前はマーベル・エンターテインメントの子会社であったマーベル・スタジオがディズニー社の直接の子会社となり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を始めとした様々な作品を製作している。

業務提携[編集]

2018年現在、マーベルはディズニー社傘下の20世紀フォックスXメンファンタスティック・フォーの映画作品)、ソニー・ピクチャーズスパイダーマンの映画作品)、ユニバーサル・パークス&リゾーツアイランズ・オブ・アドベンチャーユニバーサル・スタジオ・ジャパンでのキャラクター権)との間で契約を結んでいる。

その他のキャラクターなどの権利はディズニー社が保持しているため、ディズニーパークやその他のディズニー作品(『シュガー・ラッシュ:オンライン』など)にもマーベル作品を登場させることが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ Fritz, Ben (2009年9月23日). “Disney tells details of Marvel Entertainment acquisition in a regulatory filing”. Los Angeles Times (Tribune Publishing). オリジナルの2011年11月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111105000000/http://articles.latimes.com/2009/sep/23/business/fi-ct-marvel23 2011年4月12日閲覧。 

関連項目[編集]