マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マーベル・シネマティック・ユニバースにおける年表(マーベル・シネマティック・ユニバースにおけるねんぴょう)では、マーベル実写映画『マーベル・シネマティック・ユニバース』における架空の出来事を年表形式に掲載する。この世界の出来事は現実の時間軸に沿って展開する設定になっており、以下の年代表記は西暦である。

時系列の算出について[編集]

表内の時系列は、いずれも映画内における登場人物の発言、モノローグ、または製作者の発言によって、おおよそ組み上げることができる。

  1. アベンジャーズ・アッセンブル及びニューヨーク決戦は、2012年5月1日から5月5日頃にかけての出来事である[1]
  2. アイアンマン3」は、この年のクリスマスに解決し、翌2013年にトニー・スタークは顛末をブルース・バナーに語る。
  3. マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は2013年11月中に解決する[2]
  4. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」は、2014年1月頃の出来事である[3]
  5. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の一連の事件は2014年に発生する[4]。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は、その2~3ヶ月後の出来事にあたる。
  6. ソコヴィア事件の発生は、2015年5月頃である[5]
  7. アントマン」の事件は、ソコヴィア事件の直後に解決している。
  8. シビル・ウォー」は2016年6月18日以降に発生している[6]
  9. ピーター・パーカーは2015年12月頃にクモに刺され[7]、「スパイダーマン:ホームカミング」の事件は、ホームカミング・ダンス・パーティが開催された2016年9月23日前後に発生し解決している[8]
  10. ドクター・ストレンジは2016年2月2日に事故に遭い[9]、3~6ヶ月で治療を終え[10]、9ヶ月トレーニングを積みカエシリウスとの決戦に挑んでいる[11]
  11. マイティ・ソー/バトルロイヤル」における一連の事件は、ソコヴィア事件からおよそ2年後の2017年年中旬~下旬頃に発生・解決している[12][13]。即ちソーとアスガルドの民はおよそ半年間宇宙空間を漂い、地球を目指している。
  12. インフィニティ・ウォーの開戦は、「エイジ・オブ・ウルトロン」より3年後の2018年3月20日頃である。[14]
  13. アントマン&ワスプ」でのゴーストと量子に関わる事件の発生・解決の後に「インフィニティ・ウォー」における主要な事件が発生し、サノスが目的を達成する[15]
  14. 「インフィニティ・ウォー」終結の3週間後にトニー・スタークが救出され、その2日前にサノスがストーンを破壊している。この5年後にあたる2023年が「アベンジャーズ/エンドゲーム」の舞台となる年であり、同年の夏に「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の事件が起きている。

以上が検証可能な作品の大まかな流れである。なお、ほとんどのタイムラインが映画の公開時期と非常に近いが、これについてマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは米CinemaBlendに対し「公開年と劇中の時間軸は一致しない」とし、それぞれの映画の年代は定めていないとしている[16]

古代〜近代[編集]

138億年前
  • 大爆発のエネルギーで宇宙と共に生まれた6つの特異点がインフィニティ・ストーンへと形を変える
  • 天界人(セレスティアル)のエゴが誕生する[17]
250万年前
  • 地球、のちのワカンダの国土にヴィヴラニウムの隕石が衝突する
50万年前
オーディンが炎の悪魔の王であるスルトと戦い勝利する[17]
5000年前(紀元前3000年頃)
  • アスガルド人とダーク・エルフの戦争が起こる
965年
  • 地球でオーディン軍と氷の巨人との戦争が起こる[18]
  • オーディンがロキを拾う
976年
  • ソーとロキが兄弟として育てられる
1400年代
  • オーディンが地球にテッセラクトを残す

20世紀[編集]

1940年代[編集]

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの時代[19]

1940年
  • ハワード・スタークがヴィブラニウムを発見
  • ヨハン・シュミットがレッドスカルと化す
1942年
  • ヨハン・シュミットがスペース・ストーン(テッセラクト、四次元キューブ)を発見
1943年
  • アースキン博士暗殺~キャプテン・アメリカ誕生:エイブラハム・アースキン博士の実験の結果、スティーブ・ロジャースが超人兵士キャプテン・アメリカとなるが、直後にアースキン博士がヒドラにより殺害される。これによりスティーブは唯一の成功した超人兵士となる
1945年
  • ゾラ博士捕縛:アーニム・ゾラ博士がスティーブの手で捕縛される。しかし同時に任務に就いていたスティーブの旧友バッキー・バーンズが生死不明となってしまう
  • バッキー・バーンズがヒドラに捕らえられ、ウィンター・ソルジャーとして洗脳される
  • ヒドラ本部決戦:スティーブがヒドラ本部でレッドスカルと交戦。最終的に飛行機内での一騎打ちとなるが、不用意にテッセラクトに触れたレッドスカルが宇宙の彼方へ吹き飛ばされ、テッセラクトは海底へと沈む。スティーブは爆弾が搭載された飛行機を自身ごと海底に沈め、消息を絶つ
  • ヴェルナ・ラインハルト博士が異星人の遺物オベリスクを発見するが、エージェント・カーターに捕縛され、オベリスクは未確認物体「084」として封印される

1960年代[編集]

1963年
  • ハワードは亡命したソ連の科学者アントン・ヴァンコとアーク・リアクターの開発に従事する
1967年
  • アントンがスパイ容疑でソ連に強制送還される

1970年代[編集]

1970年
  • ギデオン・マリックが“儀式”で、実弟のナサニエルを罠に嵌め、死の星マヴェットへ転送させる
1972年
  • アーニム・ゾラ博士が死亡。自身の思考プログラムをコンピュータに移植

1980年代[編集]

1983年
  • ゴードンがテリジェネシスでテレポート能力を得る。同時に両目が消滅する
1987年
  • ダーク・オーバーロード、サノスが家族を殺害。エイリアン2人を娘とする
  • ハンク・ピムと妻ジャネットがソ連のICBMを停止させるべく任務に就く。ジャネットは自身のレギュレータを切り、ミサイルを停止させるも永遠に小さくなり続け量子の世界に消えてしまう
1988年
  • ピーター・クイル誘拐:ヨンドゥ・ウドンタとラヴェジャーズがエゴの依頼を受け地球までピーター・クイルを迎えに行く。しかし途中でヨンドゥが裏切り、ピーターを盗賊の世界に引きずり込む
1989年
  • ヴェルナ・ラインハルトがS.H.I.E.L.D.のピアースの手で釈放される
  • ラインハルトがダニエル・ホワイトホールと名を変え、不老不死のインヒューマンズ、ジャーインの臓器を自身に移植。若さを取り戻す
  • 中国での虐殺の生き残りであるデイジー・ジョンソンがS.H.I.E.L.D.に保護される
  • ハンク・ピムが自身の技術を複製しようとしたハワード・スタークらに愛想をつかし、S.H.I.E.L.D.を去る

1990年代[編集]

1990年
  • S.H.I.E.L.D.エージェントのジョン・ギャレットがIDE爆弾を踏み重傷を負った後に、デスロック計画の最初の被験者となる
1991年
  • ハワードとマリア・スターク暗殺:12月16日、ヒドラの命を受けウィンター・ソルジャーがハワードとマリア・スタークを襲撃、殺害[20]
1992年
  • ハワード・スタークの息子であるトニー・スタークが正式にスターク・インダストリーズCEOに就任する
  • ワカンダのティ・チャカ国王が、謀反を企てた弟ウンジョブを殺害
  • ウンジャダカ(エリック・"キルモンガー"・スティーブンズ)が父ウンジョブの死を知る。父の遺志を継ぐこととワカンダへの帰還のために行動を開始する
1994年
  • マット・マードックが両目の視力を失う。翌1995年頃からスティックに師事する
1995年
  • キャプテンマーベルことヴァースが地球に不時着する[21]
1999年
  • ジョン・ギャレットがグラント・ウォードに出会う
  • スイスのベルンでの技術会議でトニー・スタークが、ホー・インセン、Dr.ウー、アルドリッチ・キリアン、マヤ・ハンセンらと出会う

21世紀[編集]

2001年[編集]

『エージェント・オブ・シールド』
  • ウィル・ダニエルズが死の星マヴェットへ送り込まれる
『アイアン・フィスト』
  • ランド一家を乗せた自家用ジェットがヒマラヤ上空で墜落[22]。ダニー・ランドのみが生き残りクン・ルンの僧侶に救出される

2005年[編集]

  • ブルース・バナーがガンマ線実験の結果ハルクへと変貌し、アメリカ軍から逃亡生活が始まる

2009年[編集]

アイアンマン
  • トニー・スタークが自身の兵器による襲撃を受け、心臓近くにミサイルの破片が突き刺さった揚句、ゲリラに捕縛されミサイル「ジェリコ」の製造を強要される
  • トニーとインセン博士、アーク・リアクターを秘密裏に開発、連動するパワードスーツ・マークIを完成させる
  • インセン博士の犠牲によりトニーは脱出、アメリカに保護される
  • トニー・スターク、兵器の開発を中断し軍需産業から自身の会社を撤退させる。アーマーの開発を開始し、正体を隠してテロリストとの闘いに身を投じる。その姿から「アイアンマン」と呼ばれるようになる
  • スターク・インダストリーズ副社長オバディアがトニーに反旗を翻し、新開発したアイアンモンガーを用いてアイアンマンに挑むが敗北。トニーは自身がアイアンマンであることを公言する
  • S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーがトニーに接触。ヒーローチームへの参加を要請
アイアンマン2
  • アントン・ヴァンコが他界。彼の息子のイワン・ヴァンコがトニーへの復讐のためにパワードスーツ開発を始める
  • トニーがアイアンマンとして半年間世界中の紛争地域で戦い、複数の国家の情勢を安定化させる

2010年[編集]

インクレディブル・ハルク
  • ブルース・バナーが潜伏先のブラジルのリオデジャネイロで、サディウス・ロス将軍率いる特殊部隊に追い詰められ、ハルクに変身して撃退・逃亡する
  • 数十日の逃亡・北上を経てアメリカのウィロウデイルに到着したブルースは、恋人のベティ・ロスと邂逅するが、ロス率いる特殊部隊に再び追い詰められハルクに変身。特殊部隊を一蹴し、ベティを連れて逃亡する
  • 逃避行からニューヨークに到着したブルースは、サミュエル・スターンズ博士の協力で体質の治療を受けるが、三度現れた特殊部隊の一員エミル・ブロンスキーがスターンズを脅してアボミネーションと化してブロードウェイで暴れたため、ブルースはハルクに変身して対決。結果治療は失敗に終わり、アボミネーションに勝ったブルース/ハルクは失踪する
『アイアンマン2』
  • ニューヨークのブラッシング・メドウでスターク・エキスポが開催される。同時期に、S.H.I.E.L.D.のエージェントのナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウが、トニー・スタークの適性検査のため、彼の下に潜入する
  • トニーの秘書のペッパー・ポッツがスターク・インダストリーズCEOに就任。モナコグランプリ会場で、ヴァンコが完成したウィップラッシュを用いてトニーを襲撃するが、返り討ちに遭い一時逮捕される
  • スターク邸で泥酔したトニーとジェームズ・ローズが対決。ローディが勝利し、アイアンマン・マークIIを没収する
  • ハマー・インダストリーズCEOのジャスティン・ハマーの手引きでヴァンコが脱走。ヴァンコはハマーを利用しハマー・ドローンを造って、エキスポ会場で暴走させる
  • エキスポ会場に駆けつけたトニーは、ハマー・ドローンと共に暴走してしまったローディ/ウォーマシンをナターシャの協力で止め、ウィップラッシュ マーク2を装着して決戦を仕掛けてきたヴァンコを、ローディとの共闘で倒し、ハマーも逮捕される。また、この際の騒動でトニーとピーター・パーカーが遭遇する
マイティ・ソー
  • 神の国アスガルドで王位継承の戴冠式が行われるが、氷の巨人群の干渉で中断される
  • アスガルドの第1王子のソーは、式の妨害に激怒し、ロキや戦友たちを伴って氷の巨人の世界のヨトゥンヘイムを襲撃し、巨人群と乱闘してしまう
  • オーディンがソーたちを連れ去るが、その行いを非難されたソーがパワーを失ってアスガルドを追放され、地球のニューメキシコ州に降り立ち、天文学者のジェーン・フォスターたちと出会う
  • ニューメキシコでS.H.I.E.L.D.のエージェント・コールソンが“ムジョルニア”を発見。その研究のためにベース・キャンプを構え、そこに乗り込んだソーは、ムジョルニアの回収に失敗。この時、S.H.I.E.L.D.のエージェントのクリント・バートン/ホークアイもソーの捕獲任務に参加する
  • 自身の出自を知ったロキがアスガルドの支配を企み、ソー抹殺のためにデストロイヤーをニューメキシコへ送り込むが、パワーとムジョルニアを取り戻したソーに破壊される
  • アスガルドでヨトゥンヘイム攻撃を巡って、ソーとロキが対決。戦いの末、ロキは宇宙の彼方へ逃亡する
マーベル・ワンショット 相談役
  • ロスの監視下に置かれたブロンスキー/アボミネーションをアベンジャーズ計画に加えようと提案された事態を受けて、フューリーの指示でコールソンとシットウェルはアボミネーション参加阻止に乗り出し、彼らの代わりにS.H.I.E.L.D.の相談役となったトニーがロスと交渉。アボミネーションの計画参入は却下される

2011年[編集]

あなたは眠っていたんだ、キャプテン。ほぼ70年もの間。

—ニック・フューリー(キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーより)

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
  • スティーブ・ロジャースがおよそ70年の眠りから覚める

2012年[編集]

2012年、私はここニューヨークにいた。空が開き、そしてチタウリが我々の頭上に降りてきた。

—グレン・タルボット(エージェント・オブ・シールドより)

2012年は、アベンジャーズの結成及びチタウリのニューヨーク襲来が発生し、主にそれに伴う事件が多発している。また、アベンジャーズの結成という節目であるため、作中ではこの年を起点として「~年前」「~年後」という記述がみられる。[23]

エージェント・オブ・シールド シーズン4
  • ルーシー・バウアー博士と夫ジョセフがダークホールドを発見。ロビー・レイエスの叔父イーライ・モローと研究を開始
  • レイエス兄弟襲撃 - ゴーストライダー誕生:五丁目ギャングがロビーとゲイブ・レイエス兄弟を襲撃。ゲイブは足に重傷を負い、ロビーは死亡するが、初代ゴーストライダーことジョナサン・ブレイズが接触し、復讐の精霊と契約することでロビーが新たなゴーストライダーとして蘇る
  • イーライ・モローがダークホールドを隠したバウアー博士を裏切り、モーメンタム研究所の職員全てを幽霊のような存在に変え、封印する。イーライはこの件で逮捕される
  • ロビー・レイエスがゴーストライダーとして五丁目ギャングを葬り、復讐を始める
エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • フィル・コールソンがニック・フューリーにT.A.H.I.T.I.計画の中止を提言するも却下される
アベンジャーズ
  • サノスがロキにスペース・ストーンの回収を依頼、武器としてマインド・ストーンが内包されたセプターを渡す
  • P.E.G.U.S.U.S.計画失敗 - ロキ降臨:ロキがサンクチュアリからテッセラクトを活性化、ワームホールを開き地球に降臨。エリック・セルヴィグ博士とホークアイを操り、テッセラクトを奪う。ヘイムダルがこれを確認し、アスガルドからソーが降臨する
  • ナターシャ・ロマノフがブルース・バナーを、フィル・コールソンがトニー・スタークを、ニック・フューリーがスティーブ・ロジャースを誘い、ロキの捕獲に乗り出す
  • ドイツの戦闘:ロキがドイツに襲来、テッセラクトを安定化させるイリジウムを盗む。これに呼応しロジャースとスタークが勝負を挑みロキは降伏する。しかし輸送中にこれをソーが襲撃し、ロキを奪取、三つ巴の戦いになるが一時休戦しロキの身柄はS.H.I.E.L.D.に預けられる
  • ヘリキャリア襲撃 - アベンジャーズ・アッセンブル:ホークアイがロキを輸送中のヘリキャリアを襲撃、ロキはソーを罠にかけコールソンを殺害して逃走。ナターシャの看護でホークアイが意識を取り戻し、コールソンの死とフューリーの呼びかけによりアベンジャーズが結成する
  • ロキがセルヴィグ博士を利用し、テッセラクトを用いてワームホールを開く。チタウリの軍勢が襲撃を開始
  • ニューヨーク決戦:チタウリの襲来に対し、アベンジャーズが応戦。甚大な被害を出したもののアベンジャーズの活躍でチタウリを倒し、襲来する核ミサイルをアイアンマンが決死の作戦により宇宙空間へ放逐、チタウリの軍艦を破壊し、ポータルを閉じたことで戦いの幕を閉じる
アベンジャーズ/エンドゲーム
  • タイム・ストーン奪取:この時代にタイムトラベルしたブルース・バナーがエンシェント・ワンとの交渉の末、すべてのストーンの返却を条件にタイム・ストーンを譲り受ける
  • マインド・ストーン奪取:この時代にタイムトラベルしたトニー・スターク、スティーブ・ロジャース、スコット・ラングがセプターとテッセラクトの回収に向かう。スティーブがセプターを奪取するもののロキがテッセラクトを奪い逃走する。スコットはセプターを持って帰還、トニーとスティーブはテッセラクトとピム粒子を求め更に過去へとタイムトラベルする
  • スティーブ・ロジャースがセプターを返還する
アベンジャーズ
  • ソーがロキとテッセラクトをアスガルドへ移送する。ロキのセプターはS.H.I.E.L.D.が管理することになる
エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • ニック・フューリーが死亡したコールソンをT.A.H.I.T.I.計画で復活させる。コールソンは直前の記憶をタヒチでの休息に書き換えられ、真実は伏せられる
スパイダーマン:ホームカミング
  • エイドリアン・トゥームスの会社がチタウリの残骸を撤去しているが、スターク・インダストリーズから一方的に退去を告げられる[24]
アントマン
  • スコット・ラングがヴィスタコープの不正を暴き、顧客に不正に得た400万ドルを返還。社長のベントレーをプールに沈めるも、窃盗罪で有罪判決を受け服役する
アイアンマン3
  • トニー・スタークが不眠症やパニック障害を患い、アーマー依存症になる
  • ペッパー・ポッツがエクストリミスに蝕まれる
  • トニーとローディがクリスマスにエクストリミス・ソルジャー群への総攻撃を開始
  • トニーがキリアンを打倒。ペッパーのエクストリミスが外れて常人に戻り、トニーが自身のアーク・リアクターを外す

2013年[編集]

私たちは公正な世界で生きていない。私たちはここに生きている。そして、私はこの世界をより良いものにするために、できること全てをやっている。

—マット・マードック/デアデビル(デアデビル (テレビドラマ)より)

2013年は、マイティ・ソー/ダーク・ワールドの出来事を中心に、アスガルドをはじめとした異星人に関わる事件が多く、S.H.I.E.L.D.が世界各地で暗躍している。

アイアンマン3
  • トニー・スタークがアルドリッチ・キリアンに関する事件の顛末をブルース・バナーに話す
デアデビル
  • ネルソン&マードックがランドマン&ザックの誘いを断り法律事務所を自ら立ち上げることを決める
  • マット・マードックが自警団として初めて戦闘を行う
エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • マイケル・ピーターソンが超人的なパワーを用いて人助けを行う。「フードのヒーロー」と呼ばれるようになる
  • エージェント・フィル・コールソンがS.H.I.E.L.D.内で精鋭チームを結成。グラント・ウォード、レオポルド・フィッツ、ジェマ・シモンズ、メリンダ・メイの各エージェントを起用
  • ハッカー集団ライジング・タイドのメンバー、通称「スカイ」がコールソンとウォードに捕らえられる
  • ピーターソン追跡:コールソンとウォードがマイケル・ピーターソンを追跡。ロサンゼルスで対峙し、ピーターソンのエクストリミスを安定化させることで無力化に成功
  • コールソンのチームがペルーでインフィニティ・ストーンの一つ、スペース・ストーン(四次元キューブ)由来のエネルギーを持つ起源不明の遺物「084」を発見
  • グラント・ウォードがスカイをエージェントとして教育し始める
  • フランクリン・ホール誘拐:S.H.I.E.L.D.が護送中だったホール博士がイアン・クインに誘拐される。この事件で謎の物質「グラヴィトニウム」が使用される
  • コールソンのチームがイアン・クインを追跡。クインの邸宅でホール博士を発見するも、博士がグラヴィトニウムの破壊を目論んだため、コールソンの手で博士はグラヴィトニウムに吸収される。クインはこの隙に脱走する
  • エージェント・シモンズがチタウリのヘルメットに付着していたウィルスで死にかける。エージェント・フィッツの活躍で特効薬が完成、一命をとりとめる
  • コールソンがスカイの出生に関するデータを入手。タヒチに関するデータの入手には失敗する
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  • 惑星直列が始まり、9つの世界をつなぐポータルが形成されはじめる。エリック・セルヴィグ博士がこれを検出
  • ヴァナヘイムの戦い:ソーがヴァナヘイムに到着、自身の部隊と共に騒動の鎮圧に奔走する
  • セルヴィグ博士がマインド・ストーンによる精神異常を発症、ストーンヘンジの周囲を全裸で走り回り逮捕される
  • インフィニティ・ストーンとの接触:ヘイムダルがジェーン・フォスターを見失う。惑星直列の影響でジェーンはアスガルドの奥深くに安置されたインフィニティ・ストーンの一つ、リアリティ・ストーン(エーテル)に接触、取り込まれてしまう。五時間後に再度転移するが、この間にジェーンを探しソーが再び地球を訪れ、ジェーンをアスガルドへ連れていく
アベンジャーズ/エンドゲーム
  • リアリティ・ストーン奪取:この時代にタイムトラベルしたソーとロケットがアスガルドを訪れ、ジェーンのエーテルを引き剥がして回収する。ソーはこの時代のフリッガと対話後、ムジョルニアを回収して未来へ帰る
  • スティーブ・ロジャースがエーテルとムジョルニアを返還する
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  • ダークエルフのマレキスが目覚め、エーテルを追って部下アルグリムをアスガルドに送り込む。アルグリムは囚人を次々に解放し、エーテルを吸収したジェーンを狙うがソーの母フリッガに阻止され失敗。フリッガを殺害する
  • ソーがロキを解放し、ジェーンを連れスヴァルトアールヴヘイムを訪れる
  • 第二次スヴァルトアールヴヘイムの戦い:ソーとロキはマレキスを逆に利用し、ジェーンをエーテルから引き剥がしたものの、エーテルの破壊に失敗、マレキスに奪われてしまう。この戦いでロキが(表向きには)死亡する
  • セルヴィグ博士が釈放される
  • グリニッジの戦い:惑星直列の影響で強大化したリアリティ・ストーンの力を得たマレキスを追い、グリニッジでソーが戦闘を行う。テレポートしつつの戦いの末、スヴァルトアールヴヘイムで倒壊した宇宙船の下敷きとなり、マレキスが死亡。ソーはエーテルを回収しアスガルドへ帰還する
  • シフとヴォルスタッグが惑星ノーウェアを訪れ、タニリーア・ティヴァン(コレクター)にエーテルを預ける。コレクターはインフィニティ・ストーンの蒐集を開始する
エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • コールソンのチームがロンドンを訪れ、グリニッジの戦いで打撃を受けた街の修復に尽力
  • アスガルド由来の武器「バーサーカー」について調査するS.H.I.E.L.D.の手で、地球に長年居座っていたアスガルド人エリオット・ランドルフが発見され、捕らえられる
  • フィル・コールソン誘拐:フィル・コールソンがレイナによって誘拐され、救助に当たったピーターソンが爆発に巻き込まれ生死不明となる
  • コールソンがレイナの手により機械に掛けられ、自身の復活と「タヒチ」に関わる記憶の一部を取り戻す
  • ピーターソンが謎の人物クレアボヤントによって爆弾付きの義眼を埋め込まれ、手先として利用される
  • S.H.I.E.L.D.アカデミーの生徒ドニー・ギルが自身の実験の果てに氷を操る能力を得る
  • コールソンのチームがクインの荷物を追跡。スカイは荷物の正体が囚われたピーターソンであることを確認するも、クインの不意打ちを受け命の危機に瀕する
  • ゲストハウス襲撃:スカイの治療のため、コールソンは自身の復活に使われた薬物「GH.325」を求め、旧友ジョン・ギャレットの力を借り施設「ゲストハウス」を襲撃。GH.325の回収とスカイの治療には成功する。この時点でGH.325が異星人由来の物質であり、結果としてコールソンとスカイの復活に異星人のDNAが使用されたことが判明する

2014年[編集]

これからはスパイの時代ではない。ヒーローの時代でもない。これからは奇跡の時代だ、ドクター。奇跡よりも恐ろしいものはない。

—ドクター・リストに対して、バロン・ストラッカー(キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーより)

2014年は、これまで息をひそめていたヒドラの復活、およびS.H.I.E.L.D.の崩壊と長官フューリーの(表向きの)死など、それまでの世界が一変する事件が起きている。また、この年はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの結成やインフィニティ・ストーンに関わる出来事が多く、前年に引き続き宇宙関連の出来事が多い。

エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • ローレライ追跡:アスガルド人のローレライがデスバレーに降り立つ。ロキがシフにローレライ逮捕を命じ、S.H.I.E.L.D.の手でローレライが捕縛される
  • コールソンがスカイにGH325の正体を告げる
  • クレヤボヤント捜索:フィル・コールソン、ジャスパー・シットウェル、ビクトリア・ハンド、フェリックス・ブレイク、ジョン・ギャレットのチームがクレヤボヤントの捜索を始める。スカイがレベル1のエージェントになる
  • デスロックがフェリックス・ブレイクに深刻なダメージを与える
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  • サム・ウィルソンとスティーブ・ロジャースが初めて出会う
  • キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウがS.H.I.E.L.D.のエージェントに加わる
  • S.H.I.E.L.D.船舶奪還:スティーブ・ロジャースとナターシャ・ロマノフがS.T.R.I.K.E.部隊と共闘、S.H.I.E.L.D.の船舶を奪還
  • トリスケリオンにてロジャースがニック・フューリーに三機のヘリキャリアを見せられ、インサイト計画に関する説明を受ける
  • ロジャースが93歳になったペギー・カーターと邂逅する
  • フューリー襲撃:フューリーがピアースと会談後、ウィンター・ソルジャーの襲撃を受ける。フューリーのステータスがDECEASED(死亡)に上書きされる
  • キャプテン・アメリカ追跡:ラムロウ率いるS.T.R.I.K.E.部隊がロジャースを追跡。ロジャースはナターシャと共に逃走する
  • ロジャースとナターシャがアーニム・ゾラ博士の頭脳データと対話する。S.H.I.E.L.D.が創設の段階でヒドラに蝕まれていたことが判明、直後にS.H.I.E.L.D.からのミサイル攻撃を受ける
  • ワシントンD.C.の戦い:ロジャースとナターシャがサム・ウィルソンのスーツを奪取、ファルコンと共闘しヒドラのシットウェルを捕らえる。インサイト計画の真実を吐かせるも即座にウィンター・ソルジャーの襲撃を受ける。ロジャースがウィンター・ソルジャーの正体が旧友バッキー・バーンズであることを知る
  • マリア・ヒルがロジャース、ナターシャ、サムを救い出し、フューリーの生存を知らせる
  • S.H.I.E.L.D.本部トリスケリオンの戦い:ピアースが世界安全保障理事会をトリスケリオンに招待し、インサイト計画のデモンストレーションを行う。キャプテン・アメリカがこれを襲撃し、ブラック・ウィドウとの共同作戦により制圧に成功。ヒドラの侵入が全世界に向け発信される
  • トリスケリオン崩落:フューリーがピアースを射殺し、キャプテン・アメリカがウィンター・ソルジャーを退け、三機のヘリキャリアを無力化し、それらをトリスケリオンにぶつけ破壊することに成功
  • バッキー・バーンズが過去の記憶を思い出し、ロジャースを川から救い出す
エージェント・オブ・シールド シーズン1
  • ヒドラが全エージェントに暗号を送り、スカイがそれを解析。クレヤボヤントの正体がジョン・ギャレットであることが発覚
  • S.H.I.E.L.D.アカデミー、ハブ、サンドボックスの戦い:ヒドラがS.H.I.E.L.D.の主要施設を次々に襲撃。多数のエージェントと学生が犠牲になる
  • S.H.I.E.L.D.がテロ組織として認定され、グレン・タルボットがハブの支配権を握る。コールソンのチームがハブを離れ、スカイがチームメンバーのデータを全て削除する
  • グラント・ウォードがレイナを解放、ジョン・ギャレットと接触させる。その後フリッジを襲撃し、グラヴィトニウムやバーサーカーといった084を強奪。囚人たちを解放する
  • コールソンのチームがフューリーの秘密基地プロヴィデンスを発見。エージェント・エリック・ケーニグと出会う
  • ウォードがエージェント・ケーニグを殺害、スカイを利用しようと企むが、スカイの機転でウォードの正体が知れ渡る
  • プロヴィデンス攻撃:プロヴィデンスがタルボットによる攻撃を受けるが、マリア・ヒルのアシストで各エージェントが脱出に成功
  • メリンダ・メイがT.A.H.I.T.I.に関するデータを回収。コールソンが自身こそがT.A.H.I.T.I.計画の担当者であったことを知る
  • コールソンがサイバーテック社を訪れ、ギャレットが初代デスロックであり、デスロックの軍隊を作るつもりであることを知る
  • エージェント・フィッツとエージェント・シモンズがウォードに捕らえられ、医療ポッドに閉じ込められたのち海底へ沈められる。フューリーが救難信号を受け二人を救出するも、フィッツが脳に深刻なダメージを受ける
  • サイバーテック社の戦い:ジョン・ギャレットがデスロックを連れサイバーテック社を訪れる。コールソンのチームがギャレットとの決戦に挑み、エージェント・メイがウォードを撃破し、スカイの機転でデスロックが反旗を翻してギャレットを倒し、コールソンが084兵器で完全に消滅した
  • フューリーがコールソンにツールボックスを渡し、新長官に任命
  • コールソンがギャレットの描いた謎の図形を見て、ハイパーグラフィアの症状が現れる
エージェント・オブ・シールド シーズン2
  • エージェント・シモンズとエージェント・モースがヒドラ研究所に潜入
  • コールソンがシータ・プロトコルのために世界各地を飛び回りはじめる
  • 政府保管庫への侵入:コールソンの指示で084「オベリスク」を追い、エージェント・イサベル・ハートリー、エージェント・アイダホ、ランス・ハンターが084保管庫に侵入。ハートリーとアイダホが戦闘の末カール・クリールに殺害される
  • カール・クリールがオベリスクを吸収する
アベンジャーズ/エンドゲーム
  • パワー・ストーン奪取:この時代にタイムトラベルしたジェームズ・ローディとネビュラがピーター・クイルを気絶させ、オーブを奪い取る。ローディは帰還するがネビュラがサノスに捕らわれる
  • ソウル・ストーン奪取:ローディらと共にタイムトラベルしたクリント・バートンとナターシャ・ロマノフがヴォーミアを訪れる。ナターシャの自己犠牲によってソウル・ストーンがクリントの手にわたる
  • サノスが未来から来たネビュラから情報を抜き取り、未来に2014年のネビュラを送り込む。自身もブラック・オーダーを引き連れこの時代を去り、未来へ向かう
  • スティーブ・ロジャースがパワー・ストーンを返還する
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • モラグの戦い:ピーター・クイル(スター・ロード)が惑星モラグからオーブを奪取
  • クイル、ガモーラ、ロケット、グルートが逮捕される。ドラックスと手を組んでオーブを奪い脱獄
  • ノーウェアの戦闘:惑星ノーウェアでコレクターがクイル一行にインフィニティ・ストーンについて語る。カリーナの反乱でノーウェアが半壊、ロナン・ジ・アキューザーがパワー・ストーンを手に入れる
  • ザンダー星の戦い:ロナンがサノスに反旗を翻し、ザンダー星への攻撃を開始。クイルの進言で防衛についたノバ軍との戦闘が開始
  • クイルがパワー・ストーンを奪取。ストーンの力でロナンが消滅
  • クイル一行の罪が帳消しとなり、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが結成
エージェント・オブ・シールド シーズン2
  • ヒドラのダニエル・ホワイトホール博士がエージェント33(キャラ・パラマス)を捕縛、洗脳
  • ヒドラのスニル・バクシがエージェント・シモンズを連れ、氷の能力を持つドニー・ギルの下へ。コールソンのチームがヒドラとの戦闘を開始し、スカイがギルを銃撃
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス
  • ヨンドゥ・ウドンタがラヴェジャーズを追われる
  • ソヴリンの戦い:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがアイーシャの命を受けソヴリンのバッテリー防衛の依頼を達成。報酬としてネビュラの身柄がガーディアンズに渡る
  • ロケットがソヴリンのバッテリーを盗む。これがきっかけとなりガーディアンズがソヴリンの追跡を受ける
  • ピーター・クイルが実父であるセレスティアルズのエゴ・ザ・リビングプラネットと再会
  • ガモーラとネビュラが和解。マンティスの情報からエゴの目的が露呈する
  • 惑星エゴの戦い:エゴがクイルを仲間にしようとするも失敗。決別の末にガーディアンズが惑星エゴを破壊することに成功。ネビュラが一行を離脱
  • ヨンドゥがクイルを守り死亡。ヤカの矢とフィンがクラグリンに遺贈される
  • ソヴリンの女王アイーシャがアダム・ウォーロックを創造。ガーディアンズへの復讐を誓う

2015年[編集]

そうだ。7月2日……豪華な夏の夜、美しい月が空に浮かんでいた。1988年のことだ。

—カルビン・ザボ・ジョンソン(エージェント・オブ・シールドより)

待って、1988年?じゃあ私は今、26歳なの?嘘でしょ?

—デイジー・"スカイ"・ジョンソン(エージェント・オブ・シールドより)

2015年は、前年のS.H.I.E.L.D.崩壊に加えアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンによるソコヴィア滅亡など大きな事件が起き、さらにテリジェネシスの乱発によってインヒューマンズといった超人が飛躍的に増え、アベンジャーズを含めた彼らに世界の不信感が募り始める。またヒドラの暗躍も随所で見られ、S.H.I.E.L.D.の生き残りがそれの阻止やインヒューマンズ対策に奔走している。そしてこの年から、黒幕サノスが本格的に行動を始める。

エージェント・オブ・シールド シーズン2、デアデビル シーズン1(同時進行)
  • マット・マードックとフォギー・ネルソンが「ネルソン&マードック法律事務所」を開業
  • エージェント・メイとエージェント33が戦闘。エージェント33の顔が元に戻らなくなる
  • レイナがダニエル・ホワイトホール博士に脅迫され、S.H.I.E.L.D.に救援を要請するも断られる
  • スカイが自身の父親の生存についての情報を得る
  • ヒドラ研究所からの脱出:コールソンとレイナの取引が決裂、ヒドラにエージェント・シモンズの潜入が知れ渡る。シモンズはヒドラ研究所に同じく潜入していたエージェント・モースの協力を得て脱出に成功
  • カルビン・ザボ(ミスター・ハイド)がコールソン打倒のためヒドラのダニエル・ホワイトホール博士に結託を約束
  • カレン・ペイジとネルソン&マードックが契約を結ぶ
  • マット・マードックが「マスクの男」「ヘルズキッチンの悪魔」と呼ばれるようになる
  • ウィルソン・フィスク(キングピン)がマダム・ガオ、ノブ・ヨシオカ、リランド・オウルズレイと密会
  • スティックがマット・マードックと再会
  • マット・マードックが忍者ノブ・ヨシオカを倒す
  • エージェント・モースとランス・ハンターが沖縄を訪れる。スプリンター爆弾の開発者でヒドラの科学者トシロウ・モリと接触。モリが死亡
  • エージェント・メイがスカーロッティを倒す
  • グラント・ウォード追跡:エージェント・メイ、エージェント・トリプレット、ランス・ハンターとエージェント・モースがグラント・ウォードを追跡するが失敗に終わる。ウォードはヒドラのスニル・バクシを手土産としてコールソンへ贈る。
  • コールソンが異星人の図形の謎を解決。自身のハイパーグラフィアが完治する
  • クリスチャン・ウォード暗殺:グラント・ウォードがクリスチャンを捕縛。自身の両親と兄を殺害
  • コールソンがクリー人の地下都市と聖堂の位置を把握。爆破を目指す
  • グラント・ウォードがS.H.I.E.L.D.を襲撃。スカイとレイナがウォードの手に落ちる
  • クリー人の聖堂の戦い:ダニエル・ホワイトホール博士がスカイ、カルビン・ザボ、グラント・ウォードを拘束。コールソンがこれを襲撃し、ホワイトホール博士を殺害。このことで復讐に失敗したカルビン・ザボとコールソンが完全に決別する。
  • レイナがクリーの遺物「オベリスク」を奪い、スカイがこれを追跡、エージェント・トリップが追従する。レイナの手でオベリスクが起動し、スカイとレイナがインヒューマンズとして覚醒、エージェント・トリップが殉職してしまう
  • グラント・ウォードとエージェント33が行動を共にする
  • インヒューマンズのゴードンが仲間探しを開始する
  • フランク・キャッスルが家族と再会する
  • ゴードンがレイナを保護する
  • セントラルパーク大虐殺:フランク・キャッスルの家族がセントラルパークでの銃撃に巻き込まれ死亡。キャッスルも頭部に銃弾を受ける
  • ヒドラ リーダー暗殺:ヒドラのリーダー掃討作戦が実行される。スニル・バクシを除くすべてのリーダーが暗殺され、バクシはグレン・タルボットに引き渡された後ウォードに誘拐・洗脳される。事件後、古参のバロン・ストラッカーが新リーダーとして君臨、ドクター・リストが彼の部下になる
  • エージェント・マッケンジーがコールソンのオフィスをスキャンする
  • アスガルド人のシフが再度地球を訪れる。追跡していたクリー人と戦闘になり、記憶を失う。クリー人打倒後、アスガルドへ帰還
  • エージェント・モース、エージェント・マッケンジーがランス・ハンターを監禁
  • カルビン・ザボがコールソンを攻撃。ゴードンが現れザボを誘拐
  • エージェント・モース、エージェント・マッケンジーがランスを「もう一つのS.H.I.E.L.D.」へ連れていく。エージェント・ゴンザレスと面会
  • プレイグラウンド攻撃:エージェント・ゴンザレスがS.H.I.E.L.D.を本部プレイグラウンドを攻撃。コールソンが敗北し捕縛される
  • スカイ追跡:エージェント・ゴンザレスがスカイを追跡。追跡者を攻撃したスカイがゴードンに助けを求め、ゴードンのテレポートでアフターライフへ向かう
  • スカイがリンカーン・キャンベルと邂逅。能力の使い方を学ぶ
  • コールソンとハンターがスカイの追跡を開始。デスロックと共闘を行う
  • スカイが自身の母であるジャーインと出会う。父ミスター・ハイドことカルビン・ジョンソンに自身の本名がデイジー・ジョンソンであることを伝えられる
  • レオ・フィッツがツールボックスを開き、コールソンとハンターに接触
  • コールソンのチームがグラント・ウォードに協力を持ちかける
  • カルビン・ザボのビルの戦い:カルビン・ザボのビルでコールソンのチームとインヒューマンズが戦闘。リンカーン・キャンベルとデスロックがヒドラに攫われる
  • 北極ヒドラ研究施設への攻撃:S.H.I.E.L.D.のエージェントが北極のヒドラの施設を攻撃。リンカーンとデスロックを救出。途中シモンズがウォードの暗殺に失敗し、ウォードはS.H.I.E.L.D.を去る
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • バロン・ストラッカーのヒドラ研究施設攻撃:アベンジャーズがストラッカーの基地を襲撃。ホークアイが傷を受けるもストラッカーを捕縛、トニーがセプターを奪取する
  • トニーとバナー博士がセプターの内部のプログラムを解析し、ウルトロンと名付ける
  • アベンジャーズ・タワー攻撃:ウルトロンがJ.A.R.V.I.S.を攻撃し、アベンジャーズ・タワーを襲撃。セプターを持って逃走
  • ウルトロンがピエトロとワンダ・マキシモフに接触
  • バロン・ストラッカー暗殺:ウルトロンは双子を味方につけ、バロン・ストラッカーを殺害
  • ヴィブラニウムを巡る戦い:ウルトロンがユリシーズと交渉し、ヴィブラニウムを手に入れる。直後にアベンジャーズが急襲するも、ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)の能力でホークアイとトニーを除く全員が精神的なダメージを受ける
  • ヨハネスブルグの決闘:正気を失ったハルクが暴走、トニーはこれをハルクバスターを用いて鎮圧するも、民衆の支持を大きく失ってしまう
  • アベンジャーズが傷をいやすためにホークアイの隠れ家を訪れる
  • ウルトロンがセプターからマインド・ストーンを取り出し、新たな肉体の額に嵌めこむ
  • ソウルの戦い:キャプテン・アメリカを先頭に、ウルトロンを襲撃。ウルトロンの計画を知ったマキシモフたちが反旗を翻し、ウルトロンの新たな肉体を奪取。ブラック・ウィドウが捕らわれる
  • ソーがインフィニティ・ストーンに関するヴィジョンを見る
  • ヴィジョンの誕生:トニーとバナー博士の手でヴィジョンにJ.A.R.V.I.S.のプログラムが入れられる。キャプテン・アメリカの攻撃で一時中断するも、突如現れたソーの電撃でヴィジョンが誕生
  • ソコヴィアの戦い:アベンジャーズがソコヴィアでウルトロンとの決戦に挑む。ウルトロンは街全体を宙に浮かせ、落下させることで地球全体に絶滅規模のダメージを与えようと目論んだ。アベンジャーズは市民を避難させつつウルトロン・セントリーと戦うがピエトロ・マキシモフ(クイックシルバー)が殉職、ヴィジョンの一撃でウルトロンが消滅
  • フューリーのシータ・プロトコルが実行され、ヘリキャリアを用いて市民の救出に尽力
  • ハルクがアベンジャーズを去る
  • ヘルムート・ジモ大佐の家族が戦闘に巻き込まれ死亡。復讐を誓う
  • サノスがインフィニティ・ガントレットを嵌め、自らインフィニティ・ストーンの捜索を開始
エージェント・オブ・シールド シーズン2
  • コールソンのチームともう一つのS.H.I.E.L.D.が接触、共闘を承諾
  • レイナがジャーインの計画についてのビジョンを見るが受け入れてもらえず、ジャーインに殺害される。
  • エージェント・モース誘拐:エージェント・モースがグラント・ウォードに誘拐され、監禁される
  • アフターライフ逆襲:ジャーインがS.H.I.E.L.D.との和睦会議でエージェント・ゴンザレスを暗殺。逆にS.H.I.E.L.D.に襲撃されたように見せかけ、インヒューマンズを決起させる
  • エージェント・メイとランス・ハンターのチームがエージェント・モース救出。ウォードが自身の手でエージェント33(キャラ・パラマス)を殺害してしまう
  • S.O.S.:ジャーインがインヒューマンズを率い、S.H.I.E.L.D.を襲撃。大量のテリジェン・クリスタルを用い虐殺を行うが、リンカーン・キャンベルがデイジー側に付き、ゴードンがコールソン、フィッツ、マックに敗れ死亡し、自身も正気を取り戻した夫カルビン・ザボ・ジョンソンと娘デイジーの手で死亡する
  • コールソンが左手でテリジェン・クリスタルに触れ石化。エージェント・マックに左腕を切り落とされ、一命をとりとめる
  • ジャーインのテリジェン・クリスタルが海にばらまかれ、これを吸収した魚が加工されて世の中に出回ってしまう
  • T.A.H.I.T.I.プロトコルによりカルビン・ザボの記憶が消去され、獣医師ウィンスロー博士としての人生を始める
  • グラント・ウォードがヒドラの新たなリーダーとなることを決める
  • エージェント・ジェマ・シモンズがモノリスに吸収され、死の星「マヴェット」に閉じ込められる
エージェント・オブ・シールド シーズン3とシビル・ウォー/キャプテン・アメリカの開始前
  • アンドリュー・ガーナーがジャーインの残したトラップに掛かり、インヒューマンズとして覚醒
  • ジェマ・シモンズがNASAの飛行士ウィル・ダニエルズに出会う
  • バロン・ストラッカーの遺体が発見される
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • スターク・インダストリーズが新たな奨学金についての発表を行う
アントマン (映画)
  • スコット・ラングが出所
  • スコットが再就職するも解雇され、アントマンのスーツを盗む
  • ハンク・ピム博士が念密な計画の下スコットに接触、スコットを二代目アントマンに指名。ホープ・ヴァン・ダインがスコットの育成を図る
  • アベンジャーズ施設の決闘:スコット・ラングがアベンジャーズ施設に侵入、ファルコンとの戦闘になる。スコットはファルコンを撃破し、サンフランシスコへの帰還を果たす
  • ダレン・クロスがピム粒子の再現に成功。イエロージャケットを開発
  • ピム・テック本社への侵入:スコット・ラング(アントマン)とその友人がピム・テック本社に侵入。ピム粒子に関わるデータもろとも消滅させる
  • パクストン家の戦い:スコットとクロスがパクストンの家での決戦に挑む。両者とも量子の世界に消えるが、スコットはレギュレータを操作しディスクを用い量子の世界より帰還。家族との再会を果たす
  • スティーブ・ロジャースがスコットに救援を要請
  • ピム博士がワスプのスーツをホープに与える
デアデビル シーズン2
エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • フィッシュオイルからテリジェネシスが発生し、インヒューマンズが大量に増える
  • フィル・コールソンがロザリンド・プライスを追跡。しかし待ち伏せを受け、エージェント・ハンターと共に離脱
  • デイジー・ジョンソンが医師となったリンカーン・キャンベルと会う
  • 謎のインヒューマンズ、ラッシュがリンカーンを襲撃
  • エージェント・レオ・フィッツがシモンズの手掛かりを求めてモロッコを訪れる
  • フィル・コールソンがエージェント・ハンターにグラント・ウォード殺害を命じる
  • コールソンがアスガルド人ランドルフに接触。モノリスに関する断片的な情報を伝える
  • ヴェルナ・フォン・ストラッカー拉致:グラント・ウォードがバロンの息子ヴェルナを拉致、ヒドラに勧誘する
  • エージェント・ハンターが休暇中のエージェント・メイに接触、ウォード暗殺のための共闘を依頼するも説得に失敗
  • コールソンが19世紀のヒドラの城でモノリスが安置されていた場所を発見
  • デイジーの力でマヴェットへの道が開かれ、エージェント・フィッツが飛び込み、エージェント・シモンズを救出。ウィル・ダニエルズはシモンズを守り、ヒドラの神と対峙し消息を絶つ
  • モノリスが破壊される
  • グラント・ウォードがアンドリュー・ガーナー博士の下にヴェルナ・フォン・ストラッカーを送り込む
  • デイジーがリンカーン・キャンベルを保護。S.H.I.E.L.D.に誘う
  • インヒューマンズ暗殺 - ラッシュ追跡:ラッシュがインヒューマンズを襲撃。デイジーとエージェント・マックが追跡するがロザリンド・プライスの部隊に止められる
  • グラント・ウォード襲撃:ランス・ハンターがヒドラの新長官となったウォードを急襲するも、ガーナー博士を人質にとられ、かすり傷しか与えられず逃す
  • アンドリュー・ガーナー襲撃:ヴェルナ・フォン・ストラッカーがウォードの命令に従いガーナー博士を襲撃。しかしガーナー博士がラッシュへと変貌を遂げて逆襲され、ストラッカーは敗走する
  • ウォード暗殺の失敗に伴い、ハンターとメイが後退させられる
  • コールソンがATCU施設に赴き、昏睡状態のインヒューマンズを発見する
  • メリンダ・メイ誘拐:アンドリュー・ガーナー博士の正体が発覚する。ガーナー博士が元妻であるエージェント・メイを誘拐。ラッシュとリンカーン・キャンベルの戦闘の後、ラッシュは捕縛される
  • リンカーン・キャンベルがS.H.I.E.L.D.に籍を置くことになる
  • グラント・ウォードがギデオン・マリックと再会。フォン・ストラッカーの金庫を探し始める
  • オペレーション・スポットライト:S.H.I.E.L.D.のエージェントがATCUに潜入。インヒューマンズのギエラがこれに応戦し、背後にヒドラのもう一人のリーダーであるマリックの存在があることが明るみに
  • ウォードが金庫を発見する。マリックがモノリスから切り出した5つの欠片と使い方を教え、ヒドラの真の目的が死の星に放逐されたインヒューマンズである「ヒドラの神」の奪還であることを告げる
スパイダーマン:ホームカミング プレリュード
  • ピーター・パーカーが遺伝子組み換えをされたクモに刺され、スパイダーマンとしての超人的な力を手に入れる

2016年[編集]

スターク氏が、自身こそアイアンマンであると公表してから8年。超人の数は指数関数的に増加しています。

—ヴィジョン(シビル・ウォー/キャプテン・アメリカより)

2016年は、前年までに起きた事件及び超人の増加に伴いソコヴィア協定の実現へと発展。アベンジャーズの内部崩壊にはじまり、後半はスパイダーマンやドクター・ストレンジといった新世代のヒーローたちが登場しはじめる。

エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • ロザリンド・プライスがグラント・ウォードの闇討ちを受け死亡
  • グラント・ウォードがレオ・フィッツと部下を連れ「死の星」へ。フィル・コールソンが単身追跡に向かう
  • ヒドラ城攻撃:シークレット・ウォリアーズが集結。S.H.I.E.L.D.長官代理アルフォンソ・マッケンジーの指示でヒドラの城への攻撃を開始
  • 「死の星」の戦い:「死の星」にて開拓を進めるウォードをコールソンが追撃、自らの手で殺害。フィッツと共に帰還を果たすが土壇場でウォードの亡骸を奪った「ヒドラの神」ハイヴの帰還を許してしまう
  • グレン・タルボットがATCUのリーダーに就任
  • ヒドラリーダーのギデオン・マリックが元S.H.I.E.L.D.のエージェント・フェリックス・ブレイクをスカウト
  • エージェント・バーバラ・モースとエージェント・ランス・ハンターが最後のミッションに就いた後、S.H.I.E.L.D.を去る
  • ATCU本部襲撃:対エイリアン過激派組織ウォッチドッグスが新型爆弾を使いATCU本部を攻撃
  • アンドリュー・ガーナー博士(ラッシュ)がS.H.I.E.L.D.に投降
  • トランジア社ビルの戦い:S.H.I.E.L.D.がトランジア社ビルを攻撃。マリックを拘束するもデイジーがハイヴのブレインジャックを受ける
  • デイジーが操られてギデオン・マリックを殺害した後、クリーのオーブとテリジェン・クリスタルを強奪し逃走
  • エージェント・フィッツとエージェント・シモンズがホールデン・ラドクリフ博士に接触。ラドクリフ博士がハイヴに誘拐される
  • ヒドラ崩落:フィル・コールソンとグレン・タルボットが共同作戦を実施。世界各地のヒドラ基地を攻撃、ヒドラの殲滅に成功
ドクター・ストレンジ
  • エンシェント・ワンとカエシリウス一派ゼロッツとの戦闘が行われる
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • キャプテン・アメリカがクロスボーンズの居所を捕捉、キャプテン麾下のアベンジャーズとクロスボーンズ一派がラゴスで激突。ワカンダの国民が多数犠牲になり、クロスボーンズ(ブロック・ラムロウ)が死亡
  • この頃、スパイダーマン(ピーター・パーカー)の映像がYouTube上に流れる
  • トニー・スタークがマサチューセッツ工科大学で演説
  • ソコヴィア協定が提案される
ドクター・ストレンジ
  • スティーブン・ストレンジが交通事故にあい、両手の精密性を失う
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • マーガレット・“ペギー”・カーター、永眠
  • ソコヴィア協定がアベンジャーズに伝えられる。アベンジャーズが賛成(スターク)派と反対(ロジャース)派に分かれる
  • ヘルムート・ジモ大佐がヒドラの元構成員を襲撃。シベリア基地とウィンター・ソルジャーの情報を得る
エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • ヒドラの神ハイヴがデイジー・ジョンソンとラドクリフ博士を利用し、インヒューマンズ化の実験を行うが失敗に終わる
  • ユニオン・シティの戦い:ハイヴがクリーのオーブを使い、クリー人のリーパー2人を呼び寄せる。S.H.I.E.L.D.のエージェントをも巻き込んだ戦いの末、デイジー、ハイヴがこれを撃滅
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • ペギー・カーターの葬儀が行われる
  • ソコヴィア協定の署名式で爆破事件が発生。ワカンダのティ・チャカ国王が死亡。バッキー・バーンズが指名手配に
  • キャプテン・アメリカがバッキーに接触。直後に特殊警察とブラック・パンサーの急襲を受け、キャプテン、ファルコン、バッキーが拘束される
  • トニー・スタークとスティーブ・ロジャースが袂を分かつ
  • ジモ大佐がバッキーを洗脳し逃走。バッキーはアベンジャーズと激突した後、キャプテン・アメリカと行動を共にする。ファルコンがスコット・ラングに共闘を依頼
  • トニー・スタークがピーター・パーカーをスカウト
  • クリント・バートンがワンダ・マキシモフを救出、ヴィジョンが攻撃を受ける。
  • シビル・ウォー - アベンジャーズの崩壊:スタークとロジャースが完全に決別。アベンジャーズ同士の戦いの末、ジェームズ・ローディが重傷を負い、サム・ウィルソン、スコット・ラング、ワンダ・マキシモフ、クリント・バートンが拘束される。ロジャースとバッキーがジモ大佐を追いシベリアへ
  • スタークが単身ロジャースを追いシベリアへ
  • ヒドラ シベリア基地の戦い:ジモ大佐の策でスタークが自身の両親の死の真相を知る。スタークとロジャース、バッキーが戦闘を行う。バッキーが金属の腕を失い、ロジャースはスタークにハワードの盾を返す
  • ヘルムート・ジモ大佐が拘束される
エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • アンドリュー・ガーナー博士が完全に変身を遂げ、ラッシュと化す
  • デイジー・ジョンソンがハイヴ側につくようリンカーンを説得する
  • ハイヴ襲撃:リンカーン・キャンベルの策略でハイヴの基地にラッシュが送り込まれる。ハイヴに大打撃を与え、デイジーの洗脳を解くがヘルファイアの攻撃を受け死亡。デイジーがS.H.I.E.L.D.に帰還する
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • スタークがピーター・パーカーを帰宅させる
  • スティーブ・ロジャースの依頼を受けたティ・チャラの計らいで、バッキーが洗脳解除のためコールドスリープに入る
エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • ホールデン・ラドクリフ博士がインヒューマンズ化実験の末、従順だが原始人に近い存在プリミティヴズを生み出す
  • ハイヴがプリミティヴズ化するウイルス「アブソリューション・ウイルス」をミサイルに搭載して発射することを目論む。S.H.I.E.L.D.がこれを阻止し、ハイヴを捕獲することに成功
  • S.H.I.E.L.D.本部プレイグラウンドの戦い:ハイヴの腹心ギエラ指示の下、プリミティヴズがハイヴ奪還のためプレイグラウンドを襲撃。エージェントが多数犠牲となり、ハイヴが解き放たれる
  • ハイヴがゼファー・ワンを乗っ取り、上空からのウイルスの拡散を再度目論むも、道連れを覚悟したリンカーン・キャンベルに妨害され宇宙空間へと放逐される。ハイヴは死亡し、リンカーンは殉職
  • デイジー・ジョンソンがS.H.I.E.L.D.を去る
ブラックパンサー
  • ナキア救出:ブラックパンサーがスパイ活動中のナキアを救出。ナキアにワカンダへの帰国と前国王の葬儀への参加を依頼
  • ミュージアム・オブ・グレートブリテン強盗事件:エリック・"キルモンガー"・スティーブンズとユリシーズ・クロウのチームがイギリスの博物館で強盗を決行。多数の死者を出し、クロウがヴィブラニウムを強奪する
  • ティ・チャラが国王即位の儀式で挑戦者エムバクを破り国王に即位する
  • ティ・チャラがクロウの捕縛のため韓国・プサンに移動。CIAのロス捜査官と再会を果たす
  • ユリシーズ・クロウ逮捕劇:ユリシーズ・クロウ一味を追い、ブラックパンサーとCIAが共同戦線を展開。クロウを拘束することに成功
  • 捕縛されたクロウをエリック・キルモンガーが奪還、離脱する。ロスがナキアをかばい重傷を負ったため、ティ・チャラがロスをワカンダに移送し治療させる
  • エリック・キルモンガーがユリシーズ・クロウを殺害。亡骸を手土産にワカンダへの凱旋を図る
  • ウンジャダカ/エリック・キルモンガー王の誕生:ウカビの協力を得たキルモンガーがティ・チャラの前で自身の本名と出自を語り、王位継承権を行使。儀式でズリを殺害、ティ・チャラを破り、ワカンダの王に即位する
  • エリック・キルモンガーがハート型のハーブでブラックパンサーの力を得る。その後、ハーブを全て焼却させる
  • エムバクが瀕死のティ・チャラを保護。ハーブの力で再度ブラックパンサーの力を得たティ・チャラが蘇生し再起を図る
  • エリック・キルモンガーがワカンダ製の武器を同胞へ与え、戦争を仕掛けることを決定する
  • バシェンガの戦い:ティ・チャラがキルモンガーの前に現れ、決闘の再開を宣言。ティ・チャラと親衛隊ドーラ・ミラージュ、ジャバリ族にエヴェレット・ロスが加わり、キルモンガー派及びボーダー族との戦いが勃発する
  • ワカンダ地下の決闘:ティ・チャラとキルモンガーがワカンダの地下ヴィブラニウム採掘場で決闘。ティ・チャラがこれを制し、キルモンガーが敗北を宣言。自身の死後の処遇について依頼したのち、キルモンガーはこの世を去る
  • ティ・チャラ国王がワカンダを開国することを宣言する
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • トニー・スタークにロジャースからの手紙が届く
  • ラフト刑務所からの脱出:スティーブ・ロジャースがラフト刑務所を襲撃、獄中のアベンジャーズを解放
  • この頃、デイジー・ジョンソンが「地震(クエイク)」と呼ばれるようになる
スパイダーマン:ホームカミング
  • クイーンズ・コミュニティ・バンクの強盗事件:アベンジャーズの仮面をつけた強盗が銀行強盗を行う。スパイダーマンが解決に尽力するが、異星人の技術を用いた兵器の存在が露見する
  • ピーター・パーカー(スパイダーマン)の正体が親友ネッドに知られる
  • エイドリアン・トゥームス一行の追跡:ピーター・パーカーがリズ・トゥームスのパーティに参加。直後、武器商人の密売を発見し中断させる。最終的にバルチャーの急襲を受けハドソン川に落とされ、遠隔操作されたアイアンマンに救われる
ドクター・ストレンジ
  • スティーブン・ストレンジがカーマ・タージにたどり着く
  • エンシェント・ワンがストレンジを弟子にする。ストレンジ、モルド、ウォンが知り合う
スパイダーマン:ホームカミング
  • ピーター・パーカーがワシントンD.C.へ移動。スパイダーマンのスーツのリミットを解除する
  • ダメージ・コントロールのトラック襲撃:バルチャーがダメージ・コントロール局のトラックを急襲。スパイダーマンが妨害するも返り討ちにあい、ダメージコントロール局の倉庫に閉じ込められる
  • ピーター・パーカーが自身のスーツのAIにカレンと名付ける
  • ワシントン・モニュメント救出作戦:チタウリのエネルギー石の暴発でワシントンD.C.のモニュメント内エレベータに閉じ込められたミッドタウン科学技術高校のメンバーをスパイダーマンが救出
  • フェリーの戦い:マック・ガーガンとバルチャー一味の取引にスパイダーマンが乱入。バルチャーが参戦しチタウリ製の武器が暴発しフェリーが真っ二つになる。アイアンマンの活躍により沈没が阻止される
  • トニー・スタークがスパイダーマンのスーツを没収する
  • エイドリアン・トゥームスがピーター・パーカーと接触。スパイダーマンの正体を掴む
  • スターク・インダストリーズ貨物機ハイジャック - コニー・アイランドの決闘:バルチャーがアベンジャーズ・タワーから飛び立った貨物機をハイジャック。これにスパイダーマンが応戦し、戦闘の末飛行機が墜落。バルチャーのスーツが暴発したためトゥームスが逃げ場を失い、スパイダーマンの勝利に終わる
  • トニー・スタークがスパイダーマンの新たなスーツをピーター・パーカーに披露する
  • ピーター・パーカーがアベンジャーズ入りを断る
ドクター・ストレンジ
  • カエシリウスがドルマムゥとのコンタクトを図る
  • ストレンジがエベレストに置き去りにされ、初めてスリング・リングを用いた移動に成功
エージェント・オブ・シールド シーズン3
  • ホールデン・ラドクリフ博士がA.I.D.A.を完成させる
  • クエイク追跡:エージェント・コールソンとエージェント・マックがクエイクを追跡するが見失う

2017年[編集]

バナー、聞け。ソコヴィアも、ウルトロンも、2年前の話だ。

—ソー(マイティ・ソー バトルロイヤルより)

2017年は、S.H.I.E.L.D.の復活や新たなヒーロー、ドクター・ストレンジの登場など、アベンジャーズ以外の存在にスポットが当てられている。また宇宙の様相も大きく変わっており、特にラグナロクの発生に伴いアスガルド関連の重要な存在が幾つも失われている。

ドクター・ストレンジ
  • ストレンジがアガモットの眼を開く。カリオストロの書の失われたページが復活
  • ロンドン サンクタムの戦い:カエシリウスがロンドンのサンクタムを破壊。ストレンジがこれに応戦するも重傷を負う
  • ミラー・ディメンションの戦い:カエシリウスとストレンジ、モルド、エンシェント・ワンの戦いが起きる。エンシェント・ワンがダーク・ディメンションに通じていたことが発覚
  • エンシェント・ワンが死亡
  • 香港 サンクタムの戦いカエシリウスが香港を襲撃。街が破壊され、市民が犠牲となるが、直後にストレンジがタイム・ストーンの力で時間を巻き戻す
  • ストレンジがドルマムゥとの交渉に成功。カエシリウスとその部下がダークディメンジョンに消える
  • アガモットの眼が書庫に戻される
  • モルドとストレンジが袂を分かつ。モルドが魔術師の間引きを始める
アイアン・フィスト
  • 死んだと思われたダニー・ランドが15年ぶりに姿を現す[25][26]
エージェント・オブ・シールド スリングショット
エージェント・オブ・シールド シーズン4
  • デイジー・ジョンソンがゴーストライダーを目撃する
  • エージェント・フィッツがホールデン・ラドクリフ博士の自宅でエイダ(A.I.D.A)と出会う
  • エージェント・メイが幽霊と化したルーシー・バウアー博士に触れられ、生命の危機に陥る
  • クエイクvsゴーストライダー:デイジー・ジョンソンがゴーストライダーの正体がロビー・レイエスであることを知るが即座に決闘になる。ライダーが勝利するがとどめは刺さず、その場を去る
  • 大停電:ウォッチドッグスが脅迫メッセージを送り、アメリカの主要都市を停電させる。ロビー・レイエスがデイジー・ジョンソンを弟ゲイブに会わせる
  • ホールデン・ラドクリフ博士がエージェント・ジェマ・シモンズと共同でエージェント・メイの蘇生を行い、成功
  • 長官ジェフリー・メイスがS.H.I.E.L.D.の再始動を発表
  • ゴーストライダー追跡:フィル・コールソンがロビー・レイエス(ゴーストライダー)を追跡、捕縛。バウアー博士関連の事件に関する共闘を依頼
  • フィル・コールソンがバウアー博士の夫ジョセフと面会。バウアー博士の幽霊化に未知の書物「ダークホールド」が関わっていることが判明
  • 別次元への転移:ロクソン・オイル・プラントでゴーストライダーがルーシー・バウアー博士を葬る。裏でゴーストライダーの叔父イーライ・モローがダークホールドの知識を得、万物を創造する力を得る。実験に巻き込まれたフィル・コールソン、ゴーストライダー、エージェント・フィッツが別次元へと吹き飛ばされる
  • ゴーストライダーに宿った「復讐の精霊」がロビーを離れ、エージェント・マッケンジーにとりつく。
  • エージェント・メイ、ホールデン・ラドクリフ博士が別次元に囚われた3名を助けるべく、人工知能A.I.D.A.に「ダークホールド」を読ませる
  • 次元を超える門が完成し、コールソンとフィッツが帰還。ロビー・レイエスは復讐の精霊に再度取引を持ち掛け、改めてゴーストライダーとなる
  • A.I.D.A.の手でエージェント・メイが捕らえられ、本人に酷似した精密なロボット「LMD(Life-Model Decoy、ライフ・モデル・デコイ)」と入れ替わる
  • ゴーストライダーが叔父イーライ・モローを撃破。デイジー・ジョンソンがエージェントとしてS.H.I.E.L.D.に復帰
  • グレン・タルボットがキャプテン・アメリカを疑似的に再現する「パトリオット計画」について語る。S.H.I.E.L.D.長官ジェフリー・メイスがインヒューマンズではなく、この計画に参加した一般人の「パトリオット」でしかないことが発覚
  • A.I.D.A.の手によってデイジーとエージェント・シモンズ、エレナ・ロドリゲス以外の主要S.H.I.E.L.D.メンバーが仮想電脳空間「フレームワーク」に捕らえられる
  • エージェント・オブ・ヒドラ:デイジーとシモンズがフレームワーク内へ侵入。A.I.D.A.と彼女に操られたエージェント・フィッツがヒドラとなって世界を支配するフレームワークで、エージェントの救出に奔走
  • ジェフリー・メイスがフレームワーク内でエージェントたちを庇い死亡。同時に現実のメイスも死を迎える
  • ホールデン・ラドクリフ博士が現実でA.I.D.A.に殺害され、フレームワーク内のみの存在となる
  • エージェントたちが現実世界へ帰還、インヒューマンズの力と現実の肉体を手に入れたA.I.D.A.の暴走を阻止するため、コールソンが復讐の精霊と取引をし、一時的にゴーストライダーとなる。A.I.D.A.が死亡する
  • ゴーストライダーがダークホールドを葬るべく地獄へと帰還する
マイティ・ソー/バトルロイヤル
  • スカージがヘイムダルの去った後のビフレストを管理する
  • ムスペルヘイムからの脱出:インフィニティ・ストーン探索中のソーがスルトに捕らえられる。スルトがラグナロクについて語る。ソーはスルトを撃破し王冠を奪い、アスガルドに帰還する
  • ソーがロキの正体を暴き、父オーディンを探しニューヨークへ。ドクター・ストレンジと接触する
  • ノルウェーにてオーディンが死亡。同時に解放された死の女神ヘラが現れ、ムジョルニアが破壊される
  • アスガルド包囲網:ソーとロキがビフレストで移動中にヘラの攻撃を受け、惑星サカールへ飛ばされる。ヘラがアスガルドへの帰還を果たし、ウォリアーズ・スリーとアスガルド軍の殆どを殺害する。スカージがヘラの軍門に下り、エクスキューショナーとなる
  • ソーがサカールでブリュンヒルデに捕らえられ、グランドマスターに売られる。ロキはグランドマスターの腹心となることに成功
  • バトルロイヤル:ソーが行方不明となっていたハルクにバトルロイヤルの対戦相手として再会する
  • ヘラが永遠なる炎の力でフェンリスをはじめとする英霊を蘇らせ、アスガルドの大半を掌握する。ヘイムダルがビフレストの鍵となる剣を盗み出し、民を守るべく籠城する
  • リベンジャーズ結成 - サカール脱出:ソー、ロキ、ブリュンヒルデ、ハルク化が解けたバナー博士がチーム「リベンジャーズ」を組みサカールから脱出、アスガルドへ。途中、ロキが裏切るも失敗しサカールに取り残される
  • ブリュンヒルデと再度ハルク化したバナーがビフレストでフェンリスとの勝負に挑む。ロキがサカールの剣闘士たちを連れて帰還、グランドマスターの船で民の救助に当たる
  • オーディンの王宮の決闘 - ビフレストの戦い:帰還したソーとヘラが王宮で一騎打ちを行う。ヘラはソーの右目を奪い圧倒するが、ヴァルハラでオーディンに再会したソーが真の力に目覚め、実力が拮抗し始める。スカージがヘラを裏切り攻撃するも返り討ちにあい死亡、ハルクはフェンリルを倒す
  • ラグナロク:ソーがラグナロクの実行を決断。ロキは四次元キューブを手に入れ、永遠なる炎を使いスルトを復活させる。ソー一行は民を宇宙船に乗せ脱出、スルトの力でアスガルドもろともヘラが葬り去られ、星自体が吹き飛びスルトもまた死亡する。ラグナロクが完遂される
  • ソーがアスガルドの王に即位する

2018年[編集]

いいや、違う。分かってないのは君だ。サノスのことは6年も前から頭の中にあった。奴がニューヨークに軍隊を送って以来ずっと。そして奴は戻って来た。なのに私は何をするべきか分からないんだ。

—ドクター・ストレンジに対して、トニー・スターク(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーより)

2018年は、凶暴なタイタン人サノスが自らの理念のもと、生命への救済を決行すべくインフィニティ・ストーンの奪取を開始する。これに対し、これまでに登場してきたヒーローたちがそれを阻止するべく奔走、全宇宙を巻き込んだインフィニティ・ウォーが幕を開ける。また、本年の本来のタイムライン上においては、サノスの侵攻と前後して地球が破壊されることになる。これはS.H.I.E.L.D.の僅かなエージェントたちの奮戦により、新たなタイムラインの生成と共に回避されている。

アントマン&ワスプ
  • ホープ・ヴァン・ダインとハンク・ピムが量子トンネルを作動させる。影響を受けたスコット・ラングがジャネット・ヴァン・ダインの意識を垣間見る
  • スコット・ラングがホープに拉致される
  • ウィ社の戦い:ホープとソニー・バーチの交渉が決裂。ウィ社で量子トンネルの部品を巡るホープ側とウィ社側の争いが勃発、乱入したゴーストにピム博士のモバイル・ラボが奪われる
  • スコット、ホープ、ピムが元S.H.I.E.L.D.のビル・フォスターに接触
  • ゴーストの屋敷への襲撃:スコットとホープがゴーストの屋敷に潜入するが、ピム博士もろとも捕縛される
  • ホープとピムが逮捕される
  • サンフランシスコのチェイス:スコットがホープとピムを救出、FBIにモバイル・ラボを狙うバーチとゴーストも加わりチェイスが始まる
  • ジャネット救出:ピム博士が量子トンネルを用い妻ジャネットの救出を決行する
  • ジャネットが量子の世界で得た能力を用い、ゴーストの能力を取り払うことに成功する
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • ザンダー星の虐殺 - インフィニティ・ウォー開戦:サノスがザンダー星を襲撃、ザンダー星の生命の半分を殺害しオーブに内包されているパワー・ストーンを回収する。インフィニティ・ストーンを巡るサノス軍とそれに対する者たちの戦争が始まる
マイティ・ソー/バトルロイヤル
  • サノスが移動中のソーの船を追跡。ソーの前にサノスの宇宙船「サンクチュアリII」が立ちふさがる
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • ステイツマン襲撃:サノスと配下ブラック・オーダーが四次元キューブ(スペース・ストーン)の奪回のためソーの船を襲撃。アスガルド人と剣闘士の半分、そしてロキが死亡し、ヘイムダルが死の前にハルクを地球へ転送する。ソーの敗北と共にサノスがスペース・ストーンを掌握、ステイツマンを破壊し離脱する
  • ブルース・バナーがニューヨーク・サンクタムに衝突する。ドクター・ストレンジと接触、トニー・スタークを交えサノスの情報を伝える
  • グリニッジ攻撃 - ヴィジョン襲撃:タイム・ストーンを求め、エボニー・マウとカル・オブシディアンがサンクタム・サントラムを襲撃。偶然居合わせたピーター・パーカーも巻き込んだ戦闘の後、ドクター・ストレンジが拉致され、トニーとピーターが逃走するQシップに乗り込む。すぐ後にマインド・ストーンを探すコーヴァス・グレイヴとプロキシマ・ミッドナイトがヴィジョンを襲撃。スティーブ・ロジャース一行の妨害に遭い逃走する
エージェント・オブ・シールド シーズン5
  • サノス打破のためグレン・タルボットがグラヴィトニウムを求め、ブラック・オーダーの襲撃を受けている最中のシカゴに訪れる

2018年(オルタナティブ・タイムライン)[編集]

本来地球が辿るはずだったタイムライン。のちの#2091年(オルタナティブ・タイムライン)へと繋がる

『エージェント・オブ・シールド シーズン5』
  • 地球の破滅:グレン・タルボットがデイジー・ジョンソンの能力を使い、グラヴィトニウム採掘のために地球を粉々に破壊する。ライトハウスだけが破滅を免れる
  • デイジー・ジョンソンが「世界を破壊した女」として伝承され、S.H.I.E.L.D.が窮地を救う神話が作られる
  • クリー人カサイアスが地球の残骸からライトハウスを発見。自身の支配下に置く

2018年(ニュー・タイムライン)[編集]

S.H.I.E.L.D.の暗躍により、破滅を回避したタイムライン。現在のマーベル・シネマティック・ユニバースの流れである。

『エージェント・オブ・シールド シーズン5』
  • シカゴ決戦:サノス侵攻を歪んだ思想で正そうとするグレン・タルボットを、コールソンの血清を自身に使ったデイジー・ジョンソンが阻止する。最終的にデイジーがタルボットを宇宙空間に放逐し、新たなタイムラインを生成する
  • レオポルド・フィッツが死亡する
  • フィル・コールソンがS.H.I.E.L.D.を引退する。メリンダ・メイと残り僅かな余生を過ごすことを決める
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが宇宙空間を漂うソーを発見。サノスについての情報を交換し、ソーとロケット、グルートがニダベリアへ向かい、残りがコレクターのミュージアムを目指す
  • トニー・スタークとピーター・パーカーがドクター・ストレンジを解放
  • ノーウェアの待ち伏せ:ガモーラがサノスに攻撃。しかしすでにリアリティ・ストーンを手中に収めていたサノスに踊らされ、逆に囚われてしまう
  • ガモーラがサノスに殺害される。サノスがソウル・ストーンを手に入れる
  • タイタンでガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとトニー一行が邂逅する
  • ワカンダの戦い:マインド・ストーンを狙うブラック・オーダーがワカンダを急襲。スティーブ・ロジャース一行とワカンダ軍が応戦。これにソーがストームブレイカーを完成させて参戦し、ブラック・オーダー側の幹部が敗北によって戦局がワカンダ軍側に傾く。
  • タイタンの戦い:タイム・ストーンを求めるサノスがタイタンを訪れ、トニー一行とガーディアンズにネビュラが加勢し戦闘。ドクター・ストレンジがトニーの命と引き換えにタイム・ストーンを渡し、サノスがタイタンを去る
  • サノスがワカンダに現れる。ワンダ・マキシモフがヴィジョンごとマインド・ストーンを葬り去るが、時を巻き戻したサノスによってストーンが再生、6つのストーンがガントレットに収められる
  • デシメーション:ソーがサノスを攻撃するが、サノスがガントレットとインフィニティ・ストーンの力を解放する
  • サノスがソウル・ストーンの内側の世界でガモーラと再会する
  • 全宇宙の生命の半分が消滅する
アントマン&ワスプ
  • スコット・ラングが量子の世界に取り残される
アベンジャーズ/エンドゲーム
  • クリント・バートンが自身の家族を失う
キャプテン・マーベル
  • ニック・フューリーの救援信号を受けたキャロル・ダンヴァースが地球を訪れ、アベンジャーズと合流する
アベンジャーズ/エンドゲーム
  • トニー・スターク救出:ベネターで宇宙を漂流していたトニー・スタークとネビュラをキャロルが発見、地球へ連れ戻す
  • サノスがすべてのインフィニティ・ストーンを原子に還す
  • サノス襲撃:タイタンIIで隠遁していたサノスをアベンジャーズとキャロルが襲撃、ガントレットごとサノスの腕を切り落とすがストーンを回収できず、ソーがサノスの首を刎ねて殺害する

2023年[編集]

ごめんなさい、とても長い5年間だったでしょうね。

—ナターシャ・ロマノフ(アベンジャーズ/エンドゲームより)

そうじゃなかったんだ。俺にとっては、5時間だったんだ。量子の世界のルールはこことは違う。すべてが予測不可能なんだ。

—スコット・ラング(アベンジャーズ/エンドゲームより)

2023年は、サノスによるデシメーション(虐殺)から5年が経過したものの、依然として世界は混乱と喪失に覆われている。アベンジャーズもまた同様であったものの、量子世界を経由するタイムトラベルの完成によって、失ったものを取り戻すための起点というべき年となった。

アベンジャーズ/エンドゲーム
  • この年までに、次の出来事が起きている
    • モーガン・スタークが誕生する
    • ブルース・バナーがハルクとの間の問題を解決し、ハルクの肉体にバナーの精神が宿る形となる
    • ソーとヴァルキリーがアスガルド人をノルウェーのトンスベルグに移住させ、新アスガルドを作り上げる
  • スコット・ラングが偶然にも量子の世界を脱出、成長した娘に会った後、アベンジャーズに接触する
  • 東京の虐殺:ローニンが東京でヤクザを対象とした虐殺を行う。ナターシャ・ロマノフが接触し、ローニン(クリント)を引き戻す
  • トニー・スタークが量子物理学を用いたタイムトラベル技術を確立する。スティーブ・ロジャースとの確執を解消し、アベンジャーズに復帰する
  • 引退していたバナー、ソー、クリントが再加入し、インフィニティ・ストーンの回収を始める
  • タイム泥棒作戦:アベンジャーズが#2012年(ニューヨーク決戦)、#2013年(ダークエルフの侵攻)、#2014年(モラグの戦い)にそれぞれ飛び、インフィニティ・ストーンの奪取に向かう
  • インフィニティ・ガントレットを基に、すべてのインフィニティ・ストーンを収容する右手用のグローブ「ナノ・ガントレット」が完成する
  • リバーサル・デシメーション:ハルクがナノ・ガントレットを用いて指のスナップを行い、消滅した者たちをこの世へと舞い戻す
  • 新アベンジャーズ施設強襲:サノスが新アベンジャーズ施設を襲撃、ブラック・オーダーを指揮しインフィニティ・ストーンの強奪を開始する
  • 地球の戦い:アベンジャーズ及び同盟軍と、サノス軍との全面戦争が始まる。大規模な戦闘の結果甚大な被害をもたらし、トニー・スタークがすべてのインフィニティ・ストーンを再回収した後、自らの命を犠牲に指をスナップさせてサノスと彼の軍勢を消滅させる
  • トニー・スタークがこの世を去る。アベンジャーズやガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、キャロル・ダンヴァースらが葬儀に参列する
  • ソーがヴァルキリーを新アスガルドの女王に任命し、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと合流して地球を去る
  • スティーブ・ロジャースがインフィニティ・ストーンとムジョルニアを返還する旅に出る。そのまま過去に戻り、キャプテン・アメリカではなくスティーブ・ロジャースとして人生をやり直す
  • 年老いたスティーブ・ロジャースがサム・ウィルソンに自らのトレードマークであったシールドを授ける

2091年(オルタナティブ・タイムライン)[編集]

2091年地球の、2091年だ。

—イノック(エージェント・オブ・シールドより)

2091年は、#2018年(オルタナティブ・タイムライン)中に起きた地球の破滅の延長線上に位置する年代。人類は宇宙を漂うライトハウスと呼ばれる古いシェルター内でわずかな数だけが生存している。彼らはクリー人カサイアスによって文明と過去を奪われ、インヒューマンズ化した者を兵器として輸出するためだけに生かされており、赤貧を強いられている。また、この年代には「S.H.I.E.L.D.が過去から現れ人類を救う」という伝承(予言)が遺されている。

『エージェント・オブ・シールド シーズン5』
  • レオ・フィッツが74年の眠りから覚め、イノックと共にライトハウスへ向かう
  • フィル・コールソンとS.H.I.E.L.D.エージェントの一部が#2018年からライトハウスに飛ばされる。ヴァージルがコールソンに接触する
  • ジェマ・シモンズがクリー人の支配者カサイアスの側近に選ばれる
  • クリー人に捕らわれたコールソンたちをディーク・ショウが救出する。テスの助けを得て、過去への帰還のための情報収集をはじめる
  • インヒューマンズ・トライアル・セレモニー:カサイアスがインヒューマンズを売るためのオークションを開催する。紛れ込んだレオ・フィッツの策略でデイジーとジェマを救出するものの、メリンダ・メイが破壊された地表に放り出される結果になる
  • 少年フリントがインヒューマンズとなる。彼の庇護者であったテスがクリーに殺害される
  • カサイアスが兄フォールナクを殺害する
  • ライトハウスからの脱出:コールソン以下S.H.I.E.L.D.エージェントの一部とディーク・ショウがライトハウスを抜け、破壊された地球の地表へ降り立つ
  • 「予言者」ロビン・ヒントンが死亡する
  • ゼファー・ワンの戦い:S.H.I.E.L.D.を追跡していたクリー人シナラがゼファー・ワンを急襲。デイジー・ジョンソンが迎撃しシナラを撃破する
  • テスがカサイアスの手で無理やり復活させられる
  • ライトハウス動乱:アルフォンソ・マッケンジーの指揮下、ライトハウスの全員がカサイアスに反旗を翻す。仕掛けられた爆弾を総員で解除し、カサイアスにとどめを刺す
  • フリントが能力で時空を越えるモノリスを再創造する
  • 暗黒の未来からの帰還:フリントが作り上げたモノリスとイノックの命を賭したエネルギー生成によって、再びモノリスが活性化、過去への扉を開く。S.H.I.E.L.D.エージェント全員とディークが#2018年へと飛ぶ
  • フリントがテスと共に地球の再生を誓う

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ エージェント・オブ・シールド シーズン2、およびアベンジャーズにおけるシュトゥットガルトの展示会のシーンより。
  2. ^ ジェーン・フォスターがソーの帰還を待つシーンでカレンダーが 2013年11月になっている。
  3. ^ エージェント・オブ・シールドシーズン1「シールド・アカデミー」が解決した2013年12月17日以降かつ、発生時期が「冬」であり、かつシビル・ウォーにおける「数年後」「2年後」を満たし、作中におけるスティーブ・ロジャースの年齢「95歳」(ゾラ博士の弁による)を満たす2013年7月~2014年7月の間の時期である必要があるため。
  4. ^ 1988年から26年後の2014年。
  5. ^ 「シビル・ウォー」でトニー・スタークは「パトリック・スペンサーは夏休みをソコヴィアで過ごすと決めた」と語り、ジモ大佐は「復讐に1年以上を掛けた」と語っている。よって、初夏かつ2016年6月より1年以上前の時期は限られる。
  6. ^ ペギー・カーターの命日は2016年6月18日であるため。
  7. ^ 「シビル・ウォー」で「半年前に力を得た」と発言している
  8. ^ ホームカミングのチケットに「Friday September 23」の表記がある。
  9. ^ ストレンジは時計をチェックし、2016年2月2日(火曜日)であることを再確認している。
  10. ^ 監督兼脚本のスコット・デリクソンによる。
  11. ^ マッツ・ミケルセンへのインタビューによる。
  12. ^ ソーはブルース・バナーに対し「ソコヴィアもウルトロンも2年前」と発言しているほか、ロキを演じたトム・ヒドルストンは「ロキは4年間オーディンを演じていた」と語っている
  13. ^ 作中の設定における惑星サカールの時間の流れは通常と異なるため、グランドマスターの年齢や、バナー博士がハルク化していた正確な日数を割り出すことは必ずしも可能ではない。
  14. ^ ソーが3月27日に「ザンダー星は先週攻撃された」と発言しているため(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー及びアントマン&ワスプから逆算)。
  15. ^ ジャネットの救出が解決した後、量子トンネルを小型化するのに十分な時間を費やした後、スコットが量子の世界を探索している最中に生命の消滅が始まっているため。
  16. ^ [1]
  17. ^ a b MCU 2019, p. 03
  18. ^ A Marvel Cinematic Universe Timeline
  19. ^ キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーディズニー公式ホームページ
  20. ^ A Marvel Cinematic Universe Timeline
  21. ^ アベンジャーズ本当のスタートはここから!シネマトゥデイ公式サイト
  22. ^ 「アイアン・フィスト」シーズン1内で飛行機事故が起きたのは15年前、ダニー・ランドが10歳の時とされている。その為事故発生はダニーが所持している初代iPodの発売日2001年10月23日以降かつ、翌年のダニーの誕生日4月1日(本人の弁による)以前である必要がある。
  23. ^ ただし、スパイダーマン:ホームカミングにおける「8年前」表記など、年代が公式に発表されていても時系列の整合性が取れない場合もある。
  24. ^ 劇中の字幕より。チタウリの襲来は2012年であるが、2016年の「ホームカミング」はこの出来事の「8年後」とさており、逆算すると2008年に起きた事になる。
  25. ^ 「アイアン・フィスト」シーズン1あらすじ https://www.netflix.com/jp/title/80002612
  26. ^ 事故が起こったとされる日(2001年10月23日〜2002年4月1日、登場人物の所持品や発言から算出)から15年後

参考文献[編集]

  • 『マーベル・シネマティック・ユニバース』宝島社別冊宝島〉、2019年3月8日。ISBN 978-4-8002-8524-9。