ミカエラ・シフリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミカエラ・シフリン
Mikaela Shiffrin 2012 cropped.jpg
2012年
名前
本名 Mikaela Shiffrin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国
種目 回転大回転
所属 Burke Mountain Academy
生年月日 (1995-03-13) 1995年3月13日(23歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コロラド州、ベイル
身長 170cm
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2011年
総合優勝 2回(2016/2017年,2017/2018年)
通算成績 通算43勝、表彰台回数62回、種目別優勝5回(回転:2012/2013年,2013/2014年,2014/2015年,2016/2017年,2017/2018年)
 
獲得メダル
オリンピック
2014 ソチ 女子回転
2018 平昌 女子大回転
2018 平昌 女子複合
アルペンスキー世界選手権
2013 Schladming 女子回転
2015 Vail / Beaver Creek 女子回転
2017 St. Moritz 女子大回転
2017 St. Moritz 女子回転

ミカエラ・シフリンMikaela Shiffrin, 1995年3月13日 - )は、アメリカ合衆国出身のアルペンスキー選手。

技術系(回転大回転)のレーサーで、2013年世界選手権2014年ソチオリンピック、2015年世界選手権、2017年世界選手権と4大会連続で回転を制し、ワールドカップでは、2012/2013年シーズンから3季連続を含む計5度の回転種目総合の女王となった[1]

来歴[編集]

コロラド州ベイル生まれ。

彼女は、国際スキー連盟(FIS)公認レースの出場年齢資格を満たすとすぐに、自身のスキー選手としてのキャリアを築き始めた。2010年12月にカナダブリティッシュコロンビア州のパノラマで開催された、ノース・アメリカン・カップのスーパー複合で、同大会の出場年齢資格ぎりぎりの15歳で優勝する。同大会では、スーパー大回転大回転回転も立て続けに制した。さらに、1ヵ月後にスイスクラン=モンタナで開催された世界ジュニア選手権では、試合前日に胃腸炎を患ったにも関わらず、回転で銅メダルを獲得した[2]

2011年3月にワールドカップデビュー。16歳の誕生日を迎えて間もない同年4月には、コロラド州ウィンターパークで開催された全米選手権の回転で、大会史上最年少の王者となる[3][4]。同年12月のワールドカップ2011/2012年シーズンの回転第5戦(オーストリアリエンツ)で、彼女は初の表彰台に立つ。1回目は40番目のスタートで、さらに中間地点でシンガード(脛当て)を失うアクシデントに遭いながらも12位に入り、2回目は同レースで最速のタイムをマークして3位入賞を果たした[5][6][7]

2012年12月、シフリンはスウェーデン・オーレで開催されたワールドカップ2012/2013年シーズンの回転第3戦で、初優勝を飾る[8]。17歳9ヶ月という年齢でのでのワールドカップ制覇は、アメリカ人選手では史上2番目の若さであった[9]。2週間後にクロアチアザグレブで開催された回転第5戦[10]、さらにその11日後の回転第6戦(オーストリア・フラッハウ)でも勝利をおさめる[11]

2013年2月にオーストリア・シュラトミングで開催された世界選手権に出場。大回転では6位に入賞し、その2日後に開催された回転では見事優勝を果たす[12]。同年3月にスイス・レンツァーハイデで開催されたワールドカップの回転最終戦も制し、彼女は2012/2013年シーズンの回転で種目別優勝を果たした[1]

2013/2014年シーズンは、オーストリア・ゼルデンで開かれた大回転初戦の6位(同種目自身ベストタイ)で幕を開け、続く回転の初戦(フィンランドレヴィ[要曖昧さ回避])で優勝する。続く大回転第2戦では2位に入り、同種目では初の表彰台に立った。2014年1月の回転第4戦は、悪天候のためにクロアチア・ザグレブから翌日にイタリアボルミオに会場が変更になるアクシデントに見舞われながらも優勝を果たした。同年2月のソチオリンピックでは、大回転で5位、回転では金メダルを獲得した。

2014/2015年シーズンもワールドカップでは回転で種目別優勝を果たした。また、ビーバークリークで行われたアルペンスキー世界選手権の回転で2大会連続となる金メダルを獲得した。

2015/2016年シーズンは、12月に大回転の練習中に故障したことで約2カ月間戦線離脱してしまい、3季連続で獲得していたワールドカップの回転の種目別タイトルを逃した。

2016/2017年シーズンはワールドカップで11勝を挙げ回転の種目別タイトルを奪回し、大回転の種目別順位で自己最高の2位に入り、自身初の総合タイトルを獲得した。アルペンスキー世界選手権では大回転で銀メダルを獲得し、回転で大会3連覇を達成した。

2017/2018年シーズンはワールドカップの滑降で優勝1回を含む3度の表彰台入りを果たし、技術系スペシャリストからオールラウンダーへの成長を見せ、元々得意としていた技術系種目でも平昌五輪までに回転で7勝、大回転2勝とこちらも好調で、五輪での個人種目5冠達成の可能性が取り沙汰された[13]。1月下旬にやや調子を落とし、イタリア・コルティーナ・ダンペッツォで行われたスーパー大回転第6戦からスイス・レンツァーハイデで行われた回転第9戦にかけての4レース中3レースで途中棄権した。平昌オリンピックではアルペンスキー女子の最初の種目の大回転で金メダルを獲得した。続いて出場した回転は世界選手権、五輪で4連勝中だったがまさかの4位に終わり連覇を逃した。回転の試合直前に嘔吐していたこともあり、感染症に罹患したとの憶測もあったが本人は試合後否定している[14]。滑降、スーパー大回転には出場せず、アルペン複合で銀メダルを獲得した。オリンピック後のワールドカップで2勝し、ワールドカップ12勝、総合タイトルと回転種目別の連覇を達成した。

成績[編集]

ワールドカップにおける年度別順位
シーズン 総合 種目別
DH SG GS SL AC
2011-2012 43位 49位 17位
2012-2013 5位 19位 1位
2013-2014 6位 7位 1位
2014-2015 4位 3位 1位
2015-2016 10位 39位 21位 4位 23位
2016-2017 1位 36位 24位 2位 1位 6位
2017-2018 1位 5位 28位 3位 1位
世界選手権における大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC TE
2013 6位 1位
2015 8位 1位
2017 2位 1位
オリンピックにおける大会別成績
年度 種目別
DH SG GS SL AC TE
2014 5位 1位
2018 1位 4位 2位


脚注[編集]

  1. ^ a b Mintz, Geoff (2013年3月16日). “Shiffrin comes from behind to claim season slalom title”. Ski Racing.com. 2014年2月15日閲覧。
  2. ^ Shiffrin goes from sick bed to podium at Junior Worlds”. Ski Racing.com (2011年2月3日). 2014年2月15日閲覧。
  3. ^ Granstrom, Shiffrin take U.S. National slalom titles; Ford, Schleper win combined”. Ski Racing.com (2011年4月3日). 2014年2月15日閲覧。
  4. ^ Alpine Young Guns: Mikaela Shiffrin.
  5. ^ FIS Results – World Cup – women's slalom – 2011-12-29
  6. ^ Universal Sports – video – Mikaela Shiffrin – first World Cup podium – 2011-12-29
  7. ^ Williams, Eric (2011年12月29日). “Shiffrin third in Lienz slalom, Schild wins again, Schleper retires”. Ski Racing.com. http://www.skiracing.com/?q=node/11174 
  8. ^ Mintz, Geoff (2012年12月20日). “Shiffrin wins first career World Cup”. Ski Racing.com. 2014年2月15日閲覧。
  9. ^ Teen Mikaela Shiffrin wins”. U.S. Ski Team (2012年12月20日). 2014年2月15日閲覧。
  10. ^ Mintz, Geoff (2013年1月4日). “Shiffrin picks up second career win at Zagreb, Croatia”. Ski Racing.com. 2014年2月15日閲覧。
  11. ^ Mintz, Geoff (2013年1月15日). “Shiffrin picks up third win in Flachau, as first-run leader Hoefl-Riesch clips gate”. Ski Racing.com. 2014年2月15日閲覧。
  12. ^ Mintz, Geoff (2013年2月16日). “17-year-old Mikaela Shiffrin your 2013 slalom World Champion”. Ski Racing.com. 2014年2月15日閲覧。
  13. ^ シフリンがW杯滑降初V、平昌5種目出場は「高望み」と否定” (2017年12月3日). 2018年3月21日閲覧。
  14. ^ 回転女王シフリン、スタート前に嘔吐 4位に沈み連覇逃す” (2018年2月16日). 2018年3月21日閲覧。