ミカドキジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミカドキジ
ミカドキジ
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: ヤマドリ属 Syrmaticus
: ミカドキジ S. mikado
学名
Syrmaticus mikado
Ogilvie-Grant, 1906
和名
ミカドキジ
英名
Mikado Pheasant
Syrmaticus mikado

ミカドキジ(帝雉子、学名:Syrmaticus mikado)とは、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

台湾固有種)。

形態[編集]

体長は雄が約86cm、雌が約55cm。雄は全身青紫色に光る黒色で、翼に2本の細い白帯がある。尾羽は16枚で、細い白帯が等間隔にある。眼の周囲は皮膚がむき出しになっており赤く見える。雌はやや赤みがかった褐色で、襟や上胸に淡色軸斑がある。尾には淡色帯があり、腹や脇は褐色と白の斑状になっている。

生態[編集]

海抜1600-3300mの高地の森林に生息する。

植物の種子や、根、果実の他、昆虫類を食べる。

繁殖期は4-5月で、低木の幹や倒木に竹を用いて営巣し、1腹5-10個の卵を産む。抱卵日数は27日である。

人間との関係[編集]

1906年に2枚の尾羽から新種として記録された。その後、珍種の鳥類として欧米や日本に輸出され、各地で飼育されている。しかし、生息地では乱獲による生息数の減少が懸念されている。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 キジ目』、財団法人東京動物園協会、1987年、112頁
執筆の途中です この項目「ミカドキジ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類